最近の編集部

最近の編集部 #10

  • 更新日:2019/08/02

編集部員の心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなくお届けする息抜き企画です。

かわしまたえこ(女子カレLOVABLE編集部)

海外初のラブミステリー漫画が、他に類を見ないおもしろさ

今回はお得意のBLではなく、一般向けの漫画をご紹介したいと思います。


その名も『チーズ・イン・ザ・トラップ』。

もともとはデジタルコミックで連載されていた人気漫画で、韓国では映画化やドラマ化もされている、知る人ぞ知る名作です。



【あらすじ】(Amazonより抜粋)

家庭の事情により、アルバイトをしながら大学に通う、努力家の女子大生・赤山雪。

彼女はある日、イケメン・金持ち・優秀・人気者の完璧王子・青田淳の冷徹な裏の顔を知ってしまう。

それからというもの、淳に嫌がらせを受けるようになった雪だったが、淳は次第に気があるそぶりを見せ始め…。


ラブミステリーという表現がされることもあるのですが、この漫画の本質はなんといっても“人間ドラマ”。

緻密に計算されたストーリーや登場人物たちの心理描写が秀逸で、読み始めたら最後、身体が限界を訴えるまで読み続けます。(まだweb連載だった頃、ページをスクロールする手が止まらなくて朝まで読みふけったのは、今となっては良い思い出です。)

あと色使いが、日本のものとはまた違っておしゃれなんですよね。


作中では、雪を取り合うイケメン二人が登場するのですが、「青田淳」派か「河村亮」派かで意見が分かれるところ。ちなみに私は断然「河村亮」派です。不器用で愛情表現が下手くそだけど、なんだかんだ一番優しいところにグッと来ること間違いなし。


現在は、単行本が販売されているので、ぜひ皆さん手に取ってみてください。


中村(女子カレLOVABLE編集部)

評判はボロクソ…でも好きな映画

世間でいわゆる「クソ作品」と呼ばれている映画やドラマも、わりと楽しみながら鑑賞できる中村です。

そんな私が半年に1度のペースで観る映画(DVD)がジェニファー・ロペス主演の『ウェディング・プランナー』。

この作品の悲しい特徴が、レビューがボロクソで低評価だらけということ(涙)

あらすじはこの手の作品にありがちな、腕利きのウェディングプランナーが、クライアントの花婿に恋をしてしまう…というもの。ありきたりな展開すぎて特別面白いわけでもないし、正直、ジェニファー・ロペスの為に作られた映画だと思っています。(とにかくジェニファー・ロペスに都合のいい展開が続きますw)

では何故この作品を定期的に観るほど好きかというと、王道のラブコメが好きという理由もありますが、圧倒的に音楽がいいからです!仕事だらけで恋に無縁なキャリアウーマンの1日を追うシーンで流れる曲、禁断の恋におちてしまったシーンで流れる曲…全てが世界観とマッチしていて美しいんです。

でも、最後に流れるスタッフロールの曲は、ジェニファー・ロペスが歌うゴリッゴリのR&Bです。あれ、違う作品に切り替わったのかな?と錯覚します。最後の最後にジェニファー・ロペスが本気を出してくる感覚は案外クセになりますw是非みなさんも一度鑑賞してみてください。



今週もお疲れ様でした。



▼バックナンバー

・最近の編集部 #1


・最近の編集部 #2


・最近の編集部 #3


・最近の編集部 #4


・最近の編集部 #5


・最近の編集部 #6


・最近の編集部 #7


・最近の編集部 #8


・最近の編集部 #9


  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag