エンタメ

恋の情報収集!フェイスブックの基本データでドキッとした事9選

ドキドキする女性

「フェイスブックやってるんですか?教えてください」

最近は、新しい人と出会ったら電話番号の交換よりも、フェイスブックの交換をするほうが多いように感じます。電話番号よりも気軽に聞けて、なおかつ、その人物のパーソナリティが丸分かりでとても便利ですよね。ちょっと気になる相手の経歴や趣味が載った「基本データ」はじっくりチェックしてしまいます。共通の経歴を発見したときはもう、運命かと思ってしまうほど。


今回は、そんな「基本データ」でドキッとときめいてしまったエピソードをご紹介します。


フェイスブックの基本データでドキッとした事9選

フェイスブックでまず目を通すのが「基本データ」です。経歴や趣味を知れば知ると、その人の性格まで知ることができます。気になる異性の場合はなおさら。あなたもこんな経験ありませんか?


● その1:プロフィール画像

「クールなイメージだった男性のプロフィール画像が、愛犬といっしょに写ってる写真。その笑顔に惚れた」(30歳/女性/メーカー)


○ ペット+笑顔の写真には思わず食いついてしまいますよね。時代は変わっても「ペット見に来る?」or「ペット見たいな~」の誘い文句は廃れません。


● その2:血液型

「ふだん低姿勢で優しいひとが、実はAB型だということを知った。すごいミステリアスな感じで萌えた」(28歳/女性/保険営業)


○ 相手の血液型だけで、どんどん妄想が膨らんでしまうから不思議。


● その3:哲学

「哲学の項目に、『あなたの哲学はなんですか?』と質問が書き込んであった。ドキッとした」(29歳/男性/飲食店)


○基本データに意外なことが書いてあると、その人物が気になってしまいます。これが恋のはじまり……?


●その4:恋愛対象

「恋愛対象が『男性と女性』だった」(30歳/女性/IT)


○ 受け狙いなのか本気なのか気になるところ。


● その5:氏名

「純日本人なのにミドルネームがついていた。たぶん友だちからそう呼ばれてるっぽい。彼のプライベートな一面を見れてうれしかった」(31歳/女性/研究)


○仕事関係の人とフェイスブックを交換すると、普段見れない一面が見れて萌えますよね。


●その6:友達とのやりとり

「友達の一覧に世界各国のひとたちが載っていた。バックパッカーだったみたいで、すごくカッコイイ女性だなと思った」(27歳/男性/金融)


○ 国際社会に強いと仕事面でも頼りになりそう。


● その7:生年月日

「好きなひとの生年月日が分かったので、相性占いやっちゃいました」(29歳/女性/マスコミ)


○ わざわざ本人に聞かなくても、基本データで年齢や誕生日が知れるのはありがたいですよね。


● その8:出身地

「気になるひとが同郷だったので、話の幅が広がって一気に仲良くなれた!」(26歳/女性/メーカー)


○ 出身地は仲良くなるきっかけにうってつけですよね。出身校が一緒だったらなおさら。


● その9:最終学歴

「四大出てるひとは基本データに学歴入力しているひとが多い。偏差値高いほど堂々とのっけてる。のっけてないひとは、あんまり自慢できない学歴が多い。本人に聞かなくても学歴が分かるので、スペック判断に役立っています」(25歳/女性/商社)


○学歴も本人に聞きづらいことのひとつ。社会人経験が長くなれば、今度は学歴じゃなくて勤め先が気になるように。


基本データはしっかり作り込もう

フェイスブックの基本データには、知りたくても聞きづらいプライベートなことが載っています。好きなひとの情報収集にはうってつけ。逆に、そこで他の人と差をつけることができれば、異性から好意を持ってもらうことも可能なのです。


いい恋愛に発展するために、フェイスブックの基本データを今一度見直してみましょう。


Gow!Magazine TOPへ

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ