香取慎吾さん『凪待ち』スペシャルインタビュー

映画『凪待ち』主演・香取慎吾さんインタビュー【前編】容赦ない絶望と再生が観る者を圧倒する!

  • 更新日:2019/07/12

 近年ではアイドルとしてや俳優以外の活動に加え、アーティストとしての活動も目覚ましい香取慎吾さんの最新主演映画『凪待ち』。宮城県石巻市を舞台にした1人の男の再生を描いたヒューマンサスペンス作品です。【前編】では本作に掛ける意気込みを中心に語って頂きました。


今回はすごく楽な役

香取慎吾さん『凪待ち』スペシャルインタビュー

──これまでは『西遊記』の孫悟空、『ギャラクシー街道』の宇宙人……など、実に様々な役をこなされてきましたが、今回演じた主人公・郁男は賭け事から抜け出せずキレやすい──職場で行き場のない怒りを爆発させてしまうような、心に闇を抱えた“ろくでなし”です。

香取慎吾(以降、香取):今までは、ホントに正義を語る役が多かったなぁって思うんですね。簡単に言うと、前向きで光を目指すというよりは、その人物が光を背負ってみんなに光を与える……ような役が多かったと思うんです。でも、今回の『凪待ち』はそことあまりにもかけ離れているんですよね。やってみて、ある意味すごく楽な役だったと思います。


──“楽な役”ですか?

香取:正義を語る役って、台本の次のページをめくると必ず走り出すんですよ(笑)。で、その次のシーンでの登場に繋がってくるんですが、単純に登場数が増えるんですよ。でも、郁男は走らないから次のページにはいないんですよね。そういう意味では撮影日数が減って楽でした。(笑)


──郁男というキャラそのものが、これまで演じてこられた役とは違いましたよね

香取:観て下さった方が、これまであんまり見たことの無い香取慎吾だとは言って下さるんですけど、案外、僕の中ではその印象あんまり強くないんです。というのも、これまでの作品は自分が出演している作品であっても、やっぱり監督のものだという思いが強かったので。


自分が主演の映画だしちゃんとやんなきゃ

香取慎吾さん『凪待ち』スペシャルインタビュー

──今回、監督を務められたのは『凶悪』、『孤狼の血』、『彼女がその名を知らない鳥たち』の白石和彌さんですが、いかがでしたか?

香取:最初に白石さんとお仕事ができるかもしれないってお話を聞いたときに『凶悪』を観て「僕、どんな作品に参加するんだろう」って不安になったんですね。その後、白石監督に会う直前に『孤狼の血』を観て、単純にすごく怖そうな監督なのかなって。


──たしかに、白石作品といえば、暴力描写が特徴ですよね。

香取:でも会ったときに「いつの日か香取さんと仕事をしたかった」という話を、熱を持って語って下さって、それを聞いた瞬間に僕の中のちょっとした不安やプレッシャーがグワって無くなった感じがあったんです。作品の持つイメージと実際に白石監督にお会いしたときの感触が違うことが何か良い化学反応を起こしてくれるんじゃないかって期待に変わったというか。そのときから、さっきの「映画は監督のもの」という考え方がちょっと変わってきたところがあったと思うんですよ。自分が主役の映画だしちゃんとやんなきゃ、みたいに。

香取慎吾さん『凪待ち』スペシャルインタビュー

──今回も暴力シーンはすさまじいのひと言ですが、実際に演じてみてやっぱり大変でしたか?

香取:いやいや、それ程でもなかったです。それより、全ての話に参加しようとする正義感が強い男を演じる方が大変です(笑)


──物語は郁男とその恋人・亜弓と亜弓の娘・美波を軸に展開します。この三人の関係性はいわゆる“疑似家族”なのかなと思いましたが、演じる上では距離感がむずかしそうですが

香取:僕はそうは思わなかったですね。籍は入っていないけど、夫婦だと思っていました。美波のことも郁男は自分の子供だと思っていましたし。白石監督からもちょっと変わったカタチの家族だけどって話があって、僕もカタチよりも気持ちとしての繋がり、絆が大事だなって思っていました。


郁男の深いところでの亜弓への想いはすごく強い

香取慎吾さん『凪待ち』スペシャルインタビュー

──その亜弓役ですが、西田尚美さんが扮しています。

香取:郁男の亜弓への想い、好きだという気持ちはすごくあると思うんですよ。もう、亜弓がいなかったら郁男は生けていけないんじゃないかってくらいだと思うんです。このあいだ、西田さんに言われてビックリしたことあったんです。西田さんが演じた亜弓にも悪い部分がいっぱいあったのかなって。お金が無いのになんだかんだで郁男がギャンブルで使っちゃっているというのは、それが判っているのに暗黙としてお金を渡しちゃっているところに郁男が堕落した原因があるんじゃないか、とか。


──亜弓が郁男にちゃんと言わないところ、とかですね。

香取:うん。そういう郁男が亜弓に甘えている部分としての隙もあるし。でも、そういう関係無しに深いところでの彼女への想いはすごく強いですよね。


──美波役の恒松祐里さんは共演されていかがでしたか。

香取:僕、SNSを始めて一年半ぐらいでまだまだ分からないことがあるんですけど、祐里ちゃんはやっぱりSNSで育ってきた世代なんで、僕なんかより全然詳しいんですよ。だから、休憩時間にインスタやアプリの話とか、より深いSNS事情を聞いたり教わったりしていました……ってお芝居とは関係無い話ですけど(笑)。


──カメラが回っていないところでも郁男と美波の関係性は続いていたんですね。【後編】では本作のテーマでもある“心の闇”について伺います。

香取慎吾さんスペシャルインタビュー

>>後編へ続く


★映画『凪待ち』は6月28日(金)よりTOHOシネマズ日比谷 他全国公開



映画『凪待ち』予告動画



プレゼント

香取慎吾さん主演『凪待ち』プレゼント

映画『凪待ち』のプレスシートとミニカレンダーをお土産に頂いてきました!今回は抽選で2名様にプレゼント致します。

詳しくは後編をチェック!


香取慎吾プロフィール

1977年1月31日、神奈川県生まれ。A型。91年CDデビュー。『新選組!』(04年)、『西遊記』(06年)などのドラマや『座頭市 THE LAST』、『クソ野郎と美しき世界』などの映画に出演。日本財団パラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーター、及び国際パラリンピック委員会特別親善大使に任命される。昨年9月にはパリのルーヴル美術館で,今年3月~6月には東京で初個展を開催した。


映画『凪待ち』作品情報

映画『凪待ち』

香取慎吾

恒松祐里/西田尚美/吉澤健/音尾琢真

リリー・フランキー

監督:白石 和彌 脚本:加藤正人

配給:キノフィルムズ

©2018「凪待ち」FILM PARTNERS



Writing:鈴木一俊 / Photo:川しまゆうこ

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag