NON STYLE『耳を腐らせるほどの愛』インタビュー

主演の井上は寝てるだけ!?ノンスタ石田が放つミステリー! 映画『耳を腐らせるほどの愛』インタビュー【前編】

  • 更新日:2019/06/14

「爆笑オンエアバトル」、「M‐1グランプリ」など、多くの優勝歴を誇る人気、実力ともにトップクラスのお笑いコンビ・NON STYLEが満を持して映画に挑戦! ボケ担当の石田明さんが原案と脚本を担当し、ツッコミ担当の井上裕介さんが主演を果たした『耳を腐らせるほどの愛』。無人島のリゾートホテルを舞台に「たとえ話サークル」の合宿で来ていたメンバーがとある事件に遭遇する……といったミステリー・コメディです。【前編】ではお二人に本作への参加の経緯などを伺いました。


自由度が高くて書いていて楽しかった(石田)

NON STYLE『耳を腐らせるほどの愛』インタビュー

──今回、石田さんが原案と脚本を担当されたんですよね

石田明(以降、石田): 元々、舞台用に構想していた原作があって、それを映画用にリライトしたんです。最初に書いたのは探偵が主演の話で、井上の役も森川葵ちゃん扮するサークルのメンバー・葉山瑠奈も元々はいなかったんですよ。


──なるほど。今回ミステリーにされたのは理由があったんですか?

石田: 緊張感を表現する題材に何がいいかなって考えた時に、ミステリーで引っ張って後はそことのギャップでおふざけがいっぱいある……という展開が最適かなと思ったんですね。プロットも実は何パターンかあってそれに合わせたオチもいくつかあったんです。だから伏線をぶわ~って散りばめておいて、どのオチが来てもいい様に書きました。


──石田さんは普段はネタ作りをされていますが、コントのネタとの違いはありましたか?

石田: いつもは相方の井上さんに向けて当て書きをするんですけど、今回は登場人物がいっぱいいる分、より自由度が高くて書いていて楽しかったです。


寝ているだけでお給料をいただけるって聞きました(井上)

NON STYLE『耳を腐らせるほどの愛』インタビュー

──一方、井上さんは主演ですが、最初から被害者で死体役での登場なんですよね。そこから物語が展開して最後は事件の真相に辿り着くわけですが……。

井上裕介(以下、井上): 最初に、基本的に俺は寝ているだけでお給料をいただけるって話を聞いていたんですよ(笑)。


──いい仕事ですね(笑)とはいっても主演なのでプレッシャーはありませんでしたか?

井上: 正直、その部分での気負いとかは全く無かったです(笑)。現場で軽く台本を読み合わせながら、みんなでその場のノリを作っていく……って感じだったので。だから、その場でフレーズとか言い回しとか結構変わっていったところはありましたね。


──“即興”という感じでしょうか?

井上: 即興……とまでは言わないですけど、僕自身のパートで言うと、回想シーンや解説……というか“ひとり喋り”のシーンもあって、そこはしっかり読み込んで臨みました。


──その回想やひとり喋りのシーンで、豊島圭介監督から注文やアドバイスは?

井上: 側でみんながふざけているのを見たら、羨ましくて自分も笑いが欲しいのでよりコメディアンっぽく演ってみたら豊島監督からは「もうちょっと、押さえて。普通に演ってみて」と言われたことがありました。


ラブシーンでは息継ぎを……(井上)

NON STYLE『耳を腐らせるほどの愛』インタビュー

──芸人としての血が騒いだんですね(笑)。ラブシーンがありましたが、なかなか強烈な仕上がりでしたね。元々、台本には──

石田: ありました。“濃厚なラブシーン”……ぐらいにしか書かなかったんですけどね。


──ラブシーンを入れるというのはマストだったんですか。

井上: 「ラブシーンを入れろ」とかそんなこと、何も言ってないですよ。


石田: やっぱり、井上さんに主演で出てもらうっていうことで、少しぐらいご褒美をあげられたらな……ぐらいな感じだったんです。ホントは森川葵ちゃんとのラブシーンも用意したかったんですけどね(笑)。


──それは残念でしたね(笑)で、井上さん、実際に演じてみていかがでしたか。

井上: これまで、コントでも山ほどしてきたんですけど、今回はどういう動きを見せたらより面白く見えるかとか……ということを現場では考えましたね。どのくらい動いた方が良いのか、手はどこに持っていくかとか。どこで息継ぎをしたら良いのかとか(笑)。

NON STYLE『耳を腐らせるほどの愛』インタビュー

──息継ぎ……って、結構体を張られたんですね(笑)。 ところで、石田さんはワンシーンだけ出演されていますが……このことは書いても良いんですよね?

石田: 全然大丈夫ですよ(笑)。元々、僕は出ないということだったんですけど、豊島監督から、ワンシーンで良いから出てくれないかって言われて、2パターン書いたんですよ。見て下さった方にはすぐにバレると思うんですけど、僕としてはもう一つのホンマにバレない方を勧めたんです。でも、豊島監督には「こっちの方で、より粘っこく演って下さい」って言われ、それで演らせてもらいました。


──どのシーンに登場しているのを探すのも一つの楽しみですね。【後編】では他の共演者の方とのエピソードやお二人のコンビ仲について聞かせていただきます!


>>後編へ続く


★映画『耳を腐らせるほどの愛』は6月14日(金)より、東京、シネ・リーブル池袋 ほか全国ロードショー





NON STYLEプロフィール

石田明(いしだ・あきら)1980年2月20日、大阪府大阪市出身。ボケ・ネタ作り担当。

井上裕介(いのうえ・ゆうすけ)1980年3月1日、大阪府大阪市出身。ツッコミ担当。

2000年5月、コンビ結成。以降、「上方漫才大賞」(2006年)、「爆笑オンエアバトル」(2007年)、「M‐1グランプリ」(2008年)、「S-1バトル」(2010年)などのコンクールで優勝を含む多くの賞を受賞。


作品情報

映画『耳を腐らせるほどの愛』

井上裕介(NON STYLE)/森川葵/八嶋智人
黒羽麻璃央/山谷花純/信江勇/長井短/石田明(NON STYLE)/村田秀亮(とろサーモン)/菅原永二/小木茂光/MEGUMI

原案/脚本:石田明

監督:豊島圭介

配給:KATSU‐do

©「耳を腐らせるほどの愛」製作委員会

衣装:Losguapos For Stylist
Kent House/J.FERRY/GGD


<writing:鈴木一俊/Photo:川しまゆうこ>

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag