プレスリリース有給休暇の義務化

働く人400人に聞いた!「有給取得の義務化、どう思う?」

  • 更新日:2019/05/28

 4月から年5日の有給休暇の取得が義務化となりました。2017年の時点では、日本における有給休暇の消化率は世界最下位※。取得が義務化となった今後はどのように変わっていくのでしょう?

 今回は、サイボウズチームワーク総研が実施した調査をもとに、ビジネスパーソンの「有給休暇」に関する意識をご紹介したいと思います。


※【世界30ヶ国 有給休暇・国際比較調査2017】日本の有休消化率、2年連続 世界最下位


規模が小さい会社ほど、消化率は少ない傾向に

昨年度の有給消化率は、半数が「3割以下」

 まず、有給休暇の取得が義務化される前である昨年度のビジネスパーソンの有給消化率がこちらです。


ビジネスパーソンの有給消化率

 結果、約3割の方が「ほぼ取っていない」と答え、最も多い回答となりました。一般層とマネージャー層を比べると、マネージャー層の有給消化の状況は厳しく、約6割の方が「有給消化率2~3割以下」と答えています。


従業員数1000人以下では「ほぼ取っていない」が最多

 続いて、会社の従業員数別に比較したグラフを見てみましょう。


従業員数で比較した会社の有給消化率

 1001人以上規模の会社では「有給消化率2~3割以下」と答えた方は約4割、従業員100人以下では「ほぼ取っていない」と答えた方が4割近くに達しました。従業員数が少ないほど有給消化率が低いことが分かります。


中小企業では半数近くが「動労時間は変わらない」と感じている!?

 また、ここ1年で日常的な労働時間に変化があったか聞いたところ、以下のような結果となりました。


ここ1年での労働時間の変化

 従業員数1001人以上の会社では、3割以上の方が「以前に比べ労働時間が減った」と回答しています。対して、従業員数100人以下の会社では約半数が「変わらない」と回答しており、このことからも会社の規模によって総労働時間の変化に違いがあることが伺えます。


有給休暇取得義務化 8割は歓迎、理由の1位は「気まずさの軽減」

 続いて、有給休暇の義務化について、ビジネスパーソンの方々はどのように考えているのでしょうか?


ビジネスパーソンの有給休暇義務化に対する意見 有給休暇を歓迎すると回答したビジネスパーソンの理由

 結果、8割を超える方が、有給休暇取得義務化を「歓迎する」と回答。さらに「歓迎する」理由を聞いてみると、「有給申請の際の遠慮や気まずさが軽減」「休みが増える」が上位となりました。


有給消化の仕方には、理想と現実にギャップあり

希望は「まとめて取得」。しかし現実は……

 続いて、有給休暇をどのように取りたいかについて「希望」と「現実」を聞いた結果、厳しい現実が明らかとなりました。


有給休暇のとり方についての希望と現実

 希望としては「まとめて取りたい」ところだけれど「一日や半日単位」が現実的、といった意識が見て取れる結果となりました。原因としては、まとめて休むことによる業務調整の大変さの他に、有給休暇をまとめて取ることへの罪悪感などもありそうですね。


「泊りがけの旅行」についての希望と現実の差が激しい!

 さらに、取得義務化となった今年はどのように過ごしたいと考えているか、希望と現実を比較したグラフがこちら。


有給休暇の過ごし方についての希望と現実

 今年度の有給休暇の過ごし方について「過ごしたい希望」と「現実的にはこうなりそう」というそれぞれの質問をしたところ、希望としては「泊りがけ旅行」「日帰りレジャー」が上位となった一方、現実は「自宅でゴロゴロ」「たまった家事・家の用事」という回答が上位となりました。この中でその他をのぞき、唯一希望を現実を上回ったのが、少数ではありますが「仕事(持ち帰り残業)」。なんとも悲しい結果ですよね。


 この「現実」を層別で見たところ、昨年度の有給消化率別では「有給をほぼ取っていない人」の「自宅でゴロゴロ」率が高く、また、有給取得義務化を「歓迎しない人」の過ごし方は「仕事(持ち帰り残業)」が高い傾向にあるようです。


 また、「同居の末子が小学生以下」の方は、他の層に比べ「たまった家事・家の用事」が高く、「自宅でゴロゴロ」が低めでした。有休を取得してもお子様の対応に追われるなど、自宅でゆっくりしにくい様子が伺えます。


有給休暇、誰と一番過ごしたい?

 最後に、有給休暇を誰と過ごしたいかという質問では、興味深い結果が明らかに。


有給休暇を誰と過ごしたいか

 最も票が集まったのは「自分だけで」という結果に。ご結婚をされていて、かつお子さんがいらっしゃる家庭では、普段自分だけで過ごす時間のほうが少ないため、たまにはひとりで過ごしたくなるのかもしれませんね。



 今回の調査結果にもありましたが、「有給休暇を取得するのが気まずい」という感覚は、日本ならではの感覚かもしれませんね。とはいえ、そもそも心身をリフレッシュさせるための休暇であるはずなのに、休暇を取ること自体に罪悪感を感じそれがストレスになってしまっているようでは本末転倒。有給休暇取得の義務化によって、少しでも多くの方が気軽に休める環境になれば良いなと思います。



【参考】

サイボウズ株式会社

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag