妊婦

妊娠中にしておいてよかったこと【知っておきたかった妊娠・出産・育児のはなし#20】

  • 更新日:2019/04/01

出産する前と後では、生活がガラッと変わります。最後の「産前」である、妊娠期間中にやっておいて本当によかったな、と思うことをご紹介します。


妊娠中にしておいてよかったこと①:独身の女友だちとランチ

友だちとランチ

独身や子どものいない女友だちとは、今も仲よくしてもらっています。ただ、子どもを産んだ後では、こちらが勝手に「あまり子どもの話ばかりしないほうがいいかな」と変な気を使うことも。友だちのほうも、子どもの体調を理由にドタキャンされて、「大変なんだろうけど、なんだかなぁ」と思っているかもしれず、なんというか、同じ土俵ではなくなる感じが、寂しいですが少々あります。


妊娠期間中は、そんな女友だちと最後に1対1でおしゃべりできるチャンス。産後、少なくともしばらくは、子連れで会ったり、子どもがその場にいなくても頭の中が子どものことでいっぱいだったりして、完全なる女子会モードではなくなります。妊娠中は、急に体調が変わったときのことも考えて、なるべく近場で女友だちとランチが楽しめるとベスト。産後はどうしても興味が離れてしまう恋バナや美容、仕事の話に、思いっきり花を咲かせてくださいね。


妊娠中にしておいてよかったこと②:資格の勉強

勉強

出産が近づいてきたら、いつ予定より早い出産となるかわかりません。いつまでも仕事を詰めておくのは危険なので、フリーランスである私も、出産3カ月前くらいから徐々に仕事を減らしていました。ただ、ちょうどそのくらいから無性にソワソワしてくるんですよね。出産という大事を控えて緊張してくるからか、ゆっくりしたいと思っても、じっとしていられない、ちょっと躁状態のような感じに私はなりました。


そこで、「どうせなら何か有意義なことをしよう」と始めたのが、TOEICの勉強です。大昔、学生時代にイギリスに留学し、ケンブリッジ英語検定は受けていましたが、TOEICは受けていませんでした。数年経ってからまったく準備せずに受けてみたものの、あまり点数は上がらず、なんとなく、くすぶってはいたのです。とはいえ、フリーランスなので昇進に関わるわけでもなく、普段ならモチベーションが上がらないのですが、出産前のソワソワ期なら違います。


里帰り出産だったので、親が「どうした?」と思うくらい勉強し、980点をマークしました。まったくの記念受験のつもりでしたが、産後は翻訳の仕事も来るなど、意外と役立っています。産前のソワソワを空回りさせず、勉強に活かせてよかったな、と思っています。


妊娠中にしておいてよかったこと③:一人映画館や読書

読書

子どもが産まれると、しばらくは自分の時間がすべて育児にとられます。もちろん、少し落ち着いてくれば家事や仕事はできますが、産後5年経ってもなかなかとれないのが「趣味の時間」。


子どもを人に預かってもらってまで趣味を楽しむのもなんだし、気持ちも落ち着きません。子どもが幼稚園に行っている間は、下の子の世話もあるし、家事や仕事をしているとあっという間に過ぎてしまいます。私の場合、映画館で何も考えずに(プリキュアやポケモン以外の)映画を楽しむ、1日中ベッドで好きな漫画や長編小説に没頭する、という趣味の時間は、今となっては超贅沢。2人目出産前には、両親に長男を見てもらっている間、ちょいちょい映画館に行って、帰りにカフェでパフェを食べたりすることができ、「自由な時間、楽しかったな……(遠い目)」としみじみ思い出しています。


妊娠中にしておいてよかったこと④:ただただぐうたら

妊婦

そういう意味では、深夜までバラエティ番組を見たり、スマホでいつまでもおいしそうなスイーツを検索したりといった、趣味とまでも言えない「だらだらタイム」も産後には貴重。まさに、産前だけに許された贅沢といえるのです。


産後も子どもが寝ている間にできないことはないですが、子どもが泣けばすぐ中断しないといけないし、子どもが起きないようにイヤホンを使ったり、スマホの画面が眩しくないように布団にもぐったりしないといけないので、自由度はかなり違います……。


何も気にせず、廃人のようにただただボケーッとぐうたら。最高です!


妊娠中にしておいてよかったこと⑤:親と料理

母娘

里帰り出産の方におすすめなのは、実家の親と一緒にキッチンに立つこと。特に料理好きでもない私は、実母とのそうした時間は仕事も予定も少ない産前以外、なかなかとれませんでした。


作り方は聞いたことがあっても、一緒に作ると「あ、このタイミングで塩してたのね」というような小さな発見がいろいろとあり、勉強になりました。里帰り出産で両親に手間をかける分、少しは家事を手伝うこともできるのでよかったです。


料理本などもいいですが、なるべく時間をかけずに、自分の好みの味が作れるのは、やはり実母ならでは。この機会にレパートリーを増やしておけば、産後、時間のない中にちゃちゃっと料理をするときにも役立ちます。


妊娠中にしておいてよかったこと⑥:上の子と向き合う

妊婦子ども

2人目以降の出産を控えている方なら、上の子と向き合う貴重な時間に。一緒にゆっくりお絵かきをしたり、ひらがなの練習をしたり。普段はあれこれ忙しくて、まとまった時間がとれていなかった分、じっくり向き合うと急に字を覚えたりして、子どもの成長が感じられました。産後はまた忙しくなる上に、下の子もいるため上の子と2人の時間は少なくなります。


妊娠中、上の子とソファに座って2人でアニメを観たり、お話したりといったのんびりした時間も、今となってはいい思い出です。


産後でいいことは産後に回そう

1人目の臨月には、突如、日頃の私ならやるはずもない縫い物やお裁縫を始めました。不器用なのに赤ちゃんのベストを縫おうとしてうまくいかず、ただ四角く縫うだけのアクリルたわしがいくつも出来上がり、産後「たわしは便利だけど、なんであんなことしたんだろう」と、笑い話になっています。でも、それもまたいい思い出なんですよね。


一方で、あまりおすすめできないのが産後のための買い物など「やらないといけないこと」に長時間を費やすこと。どれだけ準備しても、子どもが産まれると想定外のことがいろいろと起こるので、育児グッズの買い物など産後でいいことは産後に回したほうがいいのです。


「あれをしなきゃいけない、したほうがいい」と考えるより、妊娠中という人生にそう何度もないひとときを、自分らしく自由に楽しんでくださいね。



▼連載を1話から読む

・【#1】焼肉を食べると陣痛が来る!?3人出産してアノ迷信はどうだったか検証

▼知っておきたかった妊娠・出産・育児のはなし|バックナンバー

・【#15】それいらない!出産準備の不要アイテム

・【#16】出産祝いに頂いて本当に嬉しかったもの10選

・【#17】出産祝いに頂いて実は困ったもの7選

・【#18】出産祝いに頂いたけど正直いらなかったもの7選

・【#19】これはおすすめ!育児に大活躍する神アイテム

▼鈴本りえさんの他の連載はコチラ

・『3人産んだ今だから言えること』我が家の少子化対策#1

・【女たちのネット詐欺事件簿 #1】ネットオークションの落とし穴

  • 鈴本りえ (ライター/エディター)

    旅・グルメ・動物・育児・住宅・ビジネスなど幅広いジャンルで執筆するライター/エディター。趣味はぐうたらしながら本を読むこと。元旅人。運動音痴。現在は地方在住、3児の母。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag