妊婦と猫

妊婦が赤ちゃんを守るために心がけること三か条【トキソプラズマ】

  • 更新日:2019/02/05

第1回でも触れた、女優・佐々木希さんが妊娠中に生肉を食べた写真をあげて炎上した騒動。メディアや医療関係者をも巻き込んだ一件となりましたが、その炎上騒動の原因となったのが、トキソプラズマという原虫。


今回は、まだまだ認知度の低い先天性トキソプラズマ症について詳しく説明します。


トキソプラズマって何?

トキソプラズマ

トキソプラズマは家畜の肉や感染したばかりの猫の糞や土の中などにいる、ごくありきたりな原虫です。この原虫は、人間の細胞よりも小さいため、目には見えません。

「トキソプラズマに感染すると危険」と簡単な解釈をしている人もいますが、実は、トキソプラズマは健康な人に感染しても全く問題ないのです。


トキソプラズマって何が怖いの?

トキソプラズマが怖いのは、“妊婦が初めて感染した場合”または“妊娠中に初めて感染した場合”です。もし妊婦を通して胎児に感染した場合、流産・死産、脳や眼の障害などが生じることがあります。しかし、症状や障害の重さは、妊娠中のどの時期に感染したかや、胎児の成長度合いによって異なるため、一概に「こういう症状が出る」と言えないもので、全く症状が出ないことも多いのです。

一般に、妊娠初期であればあるほど胎児にまで感染は及びづらいが、いざ感染してしまった場合は重篤な症状が出ることが多いとされています。


症状の詳しい説明はこちらをご覧ください


赤ちゃんを守るために、妊婦が特に気をつけることは?

妊婦

妊婦がトキソプラズマから胎児を守るために気をつけてほしいことはいくつかありますが、特に気をつけてもらいたいのが、

・生または加熱不十分な肉料理

・土いじりや生水

・猫の糞

の3つです。

何に気をつければいいのか、詳しく説明します。


感染経路

画像提供:トーチの会


・生または加熱不十分な肉料理

肉に含まれたトキソプラズマは67度になるまで加熱しないと死にません。なので、生肉や加熱不十分な肉は食べない、と心がけておくといいでしょう。

自宅で肉料理を作る場合は、肉の中心部の赤みがなくなるまでしっかり火を通しましょう。包丁やまな板などの調理器具は生肉用と野菜用などに分けて使用し、こまめに洗浄するなどして清潔に保つことも大事なポイントです。


○感染する可能性のある肉料理(一例)

生ハム、ローストビーフ、レアステーキ、肉のパテ(火を通していないパテ、加熱不十分なパテ)、生サラミ、生ベーコン、ユッケ、馬刺し、鳥刺し、鹿刺し、エゾシカのレアステーキ、鯨刺し、ヤギ刺し、加熱が不十分なジビエ(野生の鳥獣)料理など。


・土いじりや水

ガーデニングなど土をいじる場合は、手袋を装着し、作業後は充分な手洗いを心がけましょう。土ぼこりが舞い上がる恐れがある場合には、眼鏡やマスクの装着も心がけましょう。また、意外と見落としがちなのが野菜などに付着している土です。すべての野菜や果物の皮も手抜きをせずにしっかり洗いましょう。


もう一つ注意したいのが「水」です。きちんと処理されていない生水を妊婦がそのまま飲むことは絶対に避けてください。


・猫の糞

「トキソプラズマ=猫」というイメージを持つ方が多いかもしれませんが、全ての猫が危険というわけではありません。危険なのは『トキソプラズマに感染して数週間以内の猫』です。いくつかの注意点に気をつければ妊婦でも問題なく猫と一緒に暮らせます。


まず大切なのは飼い猫をトキソプラズマに感染させないことです。

そのために「飼い猫を外に出さない」「猫の餌として生肉を与えない」ことを心がけましょう。

次に、飼い猫がトキソプラズマに感染している可能性を考えた行動をとりましょう。

例えば「猫用トイレは毎日必ず掃除をする(できれば他の人にお願いする)」「猫をお世話するときは手袋やマスクを装着し、作業後は手洗いを念入りにする」などです。


また、いつトキソプラズマに感染したか分からない外飼いの猫や野良猫には触れないようにしてください。


トキソプラズマに関するよくある質問

Q&A

ここからは、トキソプラズマに関するよくある質問をご紹介します。


Q:どうして猫が危険といわれるの?犬なら大丈夫?

「猫には注意して」と言われると「犬なら大丈夫なの?」など、特にペットを飼っている人は不安に感じるのではないでしょうか。


実は、トキソプラズマは猫だけでなくほとんどすべての哺乳類・鳥類に感染します。

しかしネコ科以外の動物に感染した場合、トキソプラズマは動物の体内から出てくることはありません。そのため、ネコ科以外の動物からトキソプラズマが人間にうつるケースは、感染した動物の肉を生や加熱不十分な状態で食べた場合に限られます。

これに対してネコ科動物が感染した場合、糞の中にトキソプラズマの虫卵が排出され、そのまま土や水の中に紛れ込んで数ヶ月間にわたって生き続けます。そのため、感染した猫の糞や、その糞によって汚染された土や水も感染源となるのです。


Q:ハトの糞から感染するという情報をネットで見たけど、ホント?

違います。

近年、ハトが感染源の一つになるオウム病やクリプトコッカス症などの病気が注目され、ハトが注意されるようになりました。 このように、どんな動物のフンでも何かの感染源になる恐れはありますが、ことトキソプラズマの感染経路に関して、ハトのフンが関与するというような文献や専門家の意見はありません。

繰り返しになりますが、フンが感染源となるのはネコ科の動物のみで鳥類のフンは感染源にはなりません。

また、これに限らず、ネット上の情報は裏付けのない噂話や誤ったものも多く存在しますので、「その情報はどこから得ているのか」「医師など信頼できる人や機関の監修が入っているか」など信頼できる情報のみ参考にするようにしてください。


動画でも予防方法をチェックできます!

子どもを病気やけがから守りたい パパママのための子育て医療情報動画サイト「シルミルマモル」では、トキソプラズマの予防方法を動画で分かりやすく説明しています。無音なので周囲を気にせずいつでもチェックできます。


【動画】トキソプラズマの予防


大切なのは、正しく知ること

学ぶ女性

先天性トキソプラズマ症は、知っていればかなりの部分は予防できる病気です。

もちろん、ちゃんと注意していても気づかないうちに感染することはありますが、ブライダルチェックなどで抗体検査を受けることで、自分のリスクを把握することもできますし、必要以上に敏感になる可能性はぐっと減るはずです。


次回は、母子感染の中でも認知度が非常に低い「サトメガロウイルス」について詳しく解説します。



▼関連記事

母子感染ってなに?今すぐ知ってほしいウイルスとは


二人目ママさんにこそ知ってもらいたい母子感染って?



医師監修

森内 浩幸(もりうち ひろゆき)

長崎大学大学病院 小児科、長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 &熱帯医学・グローバルヘルス研究科 小児科学分野 教授 

http://www.med.nagasaki-u.ac.jp/peditrcs/staff/staff_moriuchi.html


参照・引用・協力

・トーチの会HP


・Facebook


・Twitter


・Instagram


【実話】障害を持って生まれ16歳で亡くなった少女と愛犬の物語

・エリザベスと奇跡の犬ライリー(サウザンブックス)



  • 渡邊 智美 (歯科医師、先天性トキソプラズマ &サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」代表)

    2011年に先天性トキソプラズマ症の子を出産。NHK「トキソプラズマ特集」の取材協力をきっかけに啓発を始め2012年にトーチの会を設立。HPやSNSでの情報発信、講演や研修など啓発に力を入れている。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag