女性のカラダ

約8割は唇を見ている!冬に気になる「くちびる萎え」とは?

プレスリリースくちびる萎え

 肌が乾燥しがちなシーズンがやってきました。早くもカサカサ肌にお悩みの方も少なくないのではないでしょうか。

 冬に乾燥しがちなのは唇も一緒。ひどいと乾燥して皮がむけてしまったり、出血してしまったりすることもありますよね。今回は、資生堂薬品株式会社(以下資生堂薬品)が実施した「冬の唇事情」についてのアンケート結果をお届けします。


8割以上がなんらかのくちびる萎え経験アリ!

 資生堂薬品はさきほどご紹介したようなつらい唇荒れに関する経験を「くちびる萎え」と命名。まず、唇が荒れた時にやりがちな行動を10項目にまとめて作られたくちびる萎えチェックリストがこちらです。


画像1

 20~30代有職未婚女性500名に向けて、どの項目に当てはまるか訪ねたところ、8割以上(81%)の人がいずれかに該当。5個以上当てはまったくちびる萎え要注意レベルの人は、約8人に1人(12%)となりました。

 該当の多かった項目TOP3は「無意識に唇の皮をむいている、なめている」(52%)、「唇をなめて荒れ(乾燥)をごまかそうとしている」(43%)、「36%)口紅を塗ると荒れた唇が口紅に引っかかる」(36%)の順となりました。ごまかそうと唇をなめることは、より乾燥を悪化させ逆効果になりかねません。こうした行動がくちびる萎えの加速に関係している可能性もありますね。

 ちなみに筆者が一番気になっているのが、3位の「口紅に荒れた唇がひっかかる」ケース。たまにむけた皮が口紅に付いてしまっていることもあり、見るとげんなりします。


画像2

約8割の女性が自分の唇を「くちびる萎え」と評価

 次に、自分の唇が「くちびる萎え」か、「くちびる映え(=くちびるに自信が持てていること)」か、自己評価してもらった結果がこちら。


画像3

 なんと「くちびる萎え」と回答した自己評価の低い人が78%も。

 さらに、くちびる萎えを感じるシチュエーションを合わせて聞いてみたところ「全てが台なし」「憂うつな気分」など気持ちの落ち込みが読み取れます。


・「化粧の最後にリップを塗るが、唇がガサガサだと全部が台なしになるから」(29歳)

・「一度唇の皮をむいてしまうとクセになってしまい、何度もむいてしまって取り返しがつかなくなるから」(27歳)

・「よく唇の皮がむけて憂うつな気分になるから」(36歳)


7割以上が憂うつ、約半数が仕事中もストレスを感じている

 続いて、くちびる萎えが気持ちや行動にもたらす影響を見てみましょう。


画像4

 その結果、「くちびる萎え」に気づくと「憂うつになる」、「普段よりも人目が気になる」人は7割以上(各73%)見られました。また、「仕事をしている時もストレスがたまる」という人も約半数(49%)という結果に。


 くちびる萎えを実感するシチュエーションについてはこのような声があがっています。


・「接客中お客様の視線が唇にいき、あとで鏡を見に行くと乾燥しまくっているとき」(27歳)

・「笑った時にパキッと唇が割れ血が出てしまう、そのあとはヒリヒリして痛い」(36歳)


画像5

 笑った時の唇割れ、分かります。ほんの数秒前まで楽しい気分だったのに、痛い上になんだか悲しい気持ちになりますよね。



他人の「唇荒れ」目撃者は全体の約8割

 「くちびる萎え」により、ネガティブな経験をしている女性たち。その一方で、他の女性の唇荒れが気になる人も多いようです。


画像6

 他の女性の唇荒れを目撃経験について聞いたところ、81%が「ある」と回答しています。先程の、くちびる萎えを感じるシチュエーションでもありましたが、案外人って他人の唇を見ているものなんですね。


医薬品リップクリームの利用者は4人に1人

 続いて、「唇荒れ」対策として行っていることを聞きました。


画像7

 「リップクリームを塗る」が約9割と、圧倒的多数を占めています(89%)。

 筆者の経験談だと、色付きのリップクリームだと逆に荒れてしまうこともあり、リップクリームであればなんでも良いというものでもありませんよね。

 資生堂薬品いわく、リップは「化粧品」「薬用」「医薬品」の3種類。パックリ割れた唇など症状がひどい場合は医薬品のリップクリームという選択肢もあるかもしれません。


画像8

 モアリップは唇のひびワレ、皮むけを治す医薬品のリップクリーム。主な商品特徴はこちら。


<商品特長>

1. 5つの成分が、唇あれに効く

・ アラントイン

……あれた唇の修復を促します

・ グリチルレチン酸

……唇の炎症を抑えます

・ ビタミンE

……皮膚の血行をよくして、新陳代謝を促します

・ ビタミンB6、パンテノール

……皮膚・粘膜の健康を維持します


<適応症>

口唇のひびわれ、口唇のただれ、口唇炎、口角炎



 いかがでしたか?

 唇の荒れ対策としてリップクリームを使用している人は9割と多いですが、医薬品を利用している人はまだまだ少ないことが分かりましたね。ツライ唇の荒れで悩んでいるという人は、こういった医薬品のリップクリームに頼ってみてはいかがでしょうか?



【参考】

資生堂薬品株式会社

http://medical.shiseido.co.jp/

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ