女性のカラダ

こんなに苦労するとは思わなかった!ママたちの母乳事情【知っておきたかった妊娠・出産・育児のはなし#3】

母乳

1人目を出産したとき、自分の体からいのちが産まれるということ以外に、もうひとつ衝撃的だったのが「母乳」。子どもが産まれたとたん、自分の胸から栄養満点の母乳が出るなんて、なんて神秘的なんだろうと感動しました。

ただ、この母乳も実は、ママたちを苦しめるポイントに。産後の不安を少しでも軽くするために、母乳についての知っておきたかったことをご紹介します。


母乳が出るようになるまで

授乳

出産経験がない方だと、子どもを産んだらすぐに母乳が出るものだと思っている場合も多いと思います。

ただ、実際はそうではなく、子どもが産まれると最初に「初乳」といわれる黄色っぽいミルクがほんの少しだけ出て、赤ちゃんが一生懸命吸うことで、次第に白い母乳がたっぷり出てくるようになります。それからの授乳の日々は、実は人によってかなりまちまちなのです。


母乳が出ない!しかもおっぱいマッサージが痛すぎる

おっぱいマッサージ

赤ちゃんが産まれてすぐの頃は、なかなか母乳が出ない人もいます。そうすると、産院で看護師さんに「マッサージしましょうね」と笑顔で言われます。

マッサージと聞くと、リラックスできる心地いい感じかな~…と思うと、これが激痛! 母乳が作られ始めているのに、母乳が通る乳腺が開いていないので出ない、という張った状態のおっぱいを、乳首を中心にぎゅうぎゅうともみほぐされます。「えっ…いたっ…痛いんだけど!? 」と、最初はショックを受けるママさんが多数。

しかも、産後にマッサージをしても出ないという場合は、退院してからも産院の母乳外来に通い、激痛マッサージを受け続けることに。産後のダメージが残るカラダに、これはかなり負担になります。


母乳が出すぎる!さらに詰まる!

母乳が出すぎて困った、という人もいます。赤ちゃんが吸う量よりたくさん出て、すぐに胸が張って痛くなってしまうので、夜中でも2時間おきなどこまめに起きて赤ちゃんに吸ってもらわないといけません。

さらに、乳腺炎といって、母乳が詰まって高熱に悩まされる人も。脂肪分の多い食べ物なども乳腺炎の原因となるようですが、ならない人は何を食べてもならないので、体質によるところも大きそうです。


完全母乳にしたら、哺乳瓶をまさかの拒否

哺乳瓶

産院の言う通りに頑張って完全母乳にしたら、仕事復帰などでいざ保育園に預けようと思っても、子どもが哺乳瓶や粉ミルクを拒否して困った、という場合も。これなら、何もわからない新生児のうちから、粉ミルクと母乳の混合にしておけばよかった……という話も時々耳にします。

なかには、毎朝、1日分の授乳量を手絞りして容器に入れておき、子どもと一緒に預けている、という強者もいました。


お母さんの受け取り方もさまざま

育児

完全母乳を理想にしていたのに、母乳が出なくて本当に悲しい思いをする人もいます。一方、早くから割り切って、完全ミルクにしている人も。最初は出なくて苦労したけど、出るようになったから今は全然気にしていない、という人もいるでしょう。

ちなみに、母乳の出やすさは、妊娠前のおっぱいのサイズや柔らかさとはあまり関係がないようです。いずれにせよ、母乳問題はデリケート。どんなお母さんも、いろんな思いを抱えながら乗り越えてきています。


1人目ママの『完全母乳で育てたい!』というこだわりは臨機応変に

母親と赤ちゃん

1人目の出産を控え、「初めての育児だし、できたら母乳で育てたい」と考えている人もいるでしょう。

ただ、「母乳が出るとは限らないし、出ない人もいる」ということを理解しておかないと、出なかったとき必要以上に絶望したり、母としての自信を失ってしまったりする方も少なくありません。

母乳にこだわるあまり、十分に量が出ていないのに粉ミルクを使わず、赤ちゃんが空腹になってしまっては本末転倒。精神的なストレスがかかると、出ていた母乳が出なくなってしまうこともあります。

完全母乳にこだわり、自分を追い詰めるのは避けたほうがいいでしょう。


母乳、粉ミルク、双方にメリット・デメリットがあるのですから、母乳の出方や赤ちゃんの反応を見て、うまくバランスをとれるといいですね。


完全母乳を目指すかそうでないかは産院の方針が影響する

産院

産院によっては、「当院はお母さんの母乳育児をサポートします」と明確に謳っている病院もあります。

そういうところだと、産後の母乳ケアに重点が置かれるため、1日に何度も母乳が出ているかのチェックをしたり、出ていなければマッサージをしたりと、細やかにフォローしてくれます。


私の産院は母乳推進派で、産後も母子同室が基本でした。産後すぐは新生児室で見てくれますが、赤ちゃんがお腹をすかして泣いたら、看護師さんが病室に連れてきてくれて授乳します。お母さんが少し元気になってきたら、シャワー時などを除いて1日中同じ部屋で過ごしていました。


ただこの母子同室、特に最初の子だと産後の心身のダメージが大きいので、結構ハードです。

完全母乳を推進していない産院だと、せめて入院中はお母さんをしっかり寝かせてあげようという気づかいから、夜中の授乳は看護師さんがミルクをあげて対応してくれるところもあります。

産院の方針によって違うので、完全母乳にこだわりたくない方は、産む際にチェックしておくとよさそうです。


母乳推進派の病院でも、きちんと主張すればOKな場合も

助産師

完全母乳推進派の私の産院でも、2人目のとき「ちょっと休みたいので」と言ってみたら、夜は快く新生児室で預かってくれました。

私は母乳が出やすく、授乳しないと胸が張ってしまうため、夜も何度か新生児室に行って授乳していましたが、それでも赤ちゃんがいない間はぐっすり眠れてラクでした。赤ちゃんと一緒の部屋で寝ると、「何かあったら守れるのは自分だけ」という意識が働き、授乳中以外も眠りが浅くなるのです。


産院でのランチのとき、1人目を出産したお母さんが、「母乳はまだそんなに出てないし、夜はミルクでいいから新生児室で預かってほしい、って言っていいのかな」と心配しているのを目にしました。

確かに1人目だと産院の雰囲気に押されて「夜は授乳したくないなんて言ったら、母親失格だと思われそう」と思って言い出せない、ということがあるかもしれません。

でも、産後のお母さんの体調は人それぞれ。退院してからのお世話のことを考えれば、入院中にできるだけ自分の体を休めるというのも、赤ちゃんのため。

看護師さんに「夜も同室できそうですね」と言われても、体がつらい場合は無理せず相談してみましょう。


さて次回は、夫や親戚など周りの人の中にも存在する「母乳神話」とのつきあい方について、お話したいと思います。


NEXT》「母乳神話」、気遣われるのも実は面倒!



▼知っておきたかった妊娠・出産・育児のはなし|バックナンバー

・【#1】焼肉を食べると陣痛が来る!?3人出産してアノ迷信はどうだったか検証
・【#2】「帝王切開は3回まで」のウソ・ホント

▼鈴本りえさんの他の連載はコチラ

・『3人産んだ今だから言えること』我が家の少子化対策#1

・【女たちのネット詐欺事件簿 #1】ネットオークションの落とし穴

  • 鈴本りえ(ライター/エディター)

    旅・グルメ・動物・育児・住宅・ビジネスなど幅広いジャンルで執筆するライター/エディター。趣味はぐうたらしながら本を読むこと。元旅人。運動音痴。現在は地方在住、3児の母。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ