女性のカラダ

友人のおかげで病気が発覚!生理の悩みを相談したほうが良い理由

プレスリリース生理の相談

 程度の差こそあれ、多くの女性が悩みを抱える生理に関する不調。デリケートな問題だけに、相談相手に困る場合も多いと思います。みなさんは、そんな時どう対処していますか?


半数以上が自己解決や我慢で済ませている!?

 今回は「OZmall」が調査した、働く女性830人を対象とした女性ならではの体のお悩みアンケートをご紹介したいと思います。


 まず、生理に関する症状や不調について誰かに相談した経験の有無を聞いた結果がこちら。


Q. 生理に関する症状や不調、誰かに相談したことはある?

画像1

 生理痛やPMS(月経前症候群)、生理の量が多い・少ない、生理不順などなど、実に現代女性の9割近くがなんらかの症状や不調を抱えているとされています。しかし、それに関して相談をしている人は半数以下という結果に。女性の過半数がなにか問題があっても誰かに相談せずに自己解決や我慢で済ませているという実体が明らかになりました。


 実際に相談をしていると答えた人が相談相手に選ぶのは、「医師」が44%、友人・知人が29%、家族が24%という結果に。「生理痛はあって当たり前なのでガマン」というコメントも見られました。



◆相談した人の現状

・月経不順と生理痛が重かったので病院に行き、低用量ピルを服用したらよくなっています(20代・製造業)

・生理痛が全くなかったのに半年くらいでひどくなり、友人に相談したら婦人科受診を進められ、病気が発覚。不調を感じたら早めに病院に行っておいた方がいいとしみじみ感じた(40代・研究職)

・PMSについて友人に相談したところ、共感してもらえた上にサプリを教えてもらった(30代・営業事務)


 皆さん何かしら相談後に改善している傾向が見られます。ここでも述べられていますが、不調を感じたら早めに相談するのが吉ということですね。



恥ずかしくて相談しづらいという声も……。

 次に、先程誰にも相談をしないと答えた方の対処法を聞いてみました。


Q.相談しない人はどのように対処している?

画像2

 1位はなんと「何もしない」で、全回答者の3分の1以上が回答しています。

 中には、自覚症状が軽いので何もしないという人もいれば、不調を抱えながらも婦人科に苦手意識があり、なかなか足が向かない人もいるようです。


◆相談していない人の現状

・友人に医師の診察を勧められたが、どこへ行っていいか分からない。口コミで良いところは、何カ月も待つらしく、生理がない期間にタイミングよく予約できない(40代・事務)

・生理不順だけど恥ずかしくて相談しづらい。正しい知識を持ってそうな人が周りにいない(30代・営業)

・誰かの個人的な意見より、Webなどを見た方がいろいろな角度の情報を得られるから(40代・接客業)


放置したり、誤った知識で対処したりするのは本当に危険!

画像3

 ちなみに、女子カレLOVABLEユーザーの皆さんは、「生理痛はあって当たり前なのでガマン」なんてされてはいませんよね? これまでも記事内で度々ご紹介してきましたが、「生理痛は無くて当たり前」です。 


 また、 多くの人に生理痛があるからといって、あなたの生理痛も心配する必要は無いとは言い切れません。子宮内膜症や卵巣脳腫、子宮筋腫などなど生理痛を伴う病気は多数あります。また、初期に病院にかかっていれば病気の手前で対処出来たものが「生理痛なんてあって当たり前」と思って放置していたばかりに、手術が必要になったり、授かりたいと思っていたのに授かれない状態まで重症化させる事も少なくありません。


 カラダに関する不安をはっきりさせるのは怖いかもしれませんが、しっかり病院にかかってドクターに診てもらう、知人・友人によるアドバイスは話半分で医師に判断を仰ぐ、ネットの情報は基本的に疑ってかかる。これを習慣づけてくださいね。


 年を重ねれば重ねるほど、これまでは心配する必要の無かった病気がたくさん出てきます。生理痛があるときは、何かしら身体から発っせられたSOSだと思って、婦人科にかかることを肝に銘じておきましょう。



【参考】

スターツ出版株式会社

http://starts-pub.jp/

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ