女性のカラダ

デマに惑わされないで!小児科医に聞く子育ての悩み解消法とは?

プレスリリース専門家ママパパ

 いまやインターネットを使えば、欲しい情報をすぐに手に入れることのできる世の中になりました。しかし、それがすべて正しい情報とは限りません。妊娠・出産・子育てに関する情報も同じです。今回は、そんな世の中にはびこるデマ情報に流されないようにという思いで作られた子育て本について、著者インタビューと共にご紹介したいと思います。


科学的根拠だけを集めたママ・パパのための本

画像1

 こちらが、各分野の専門家が科学的根拠(エビデンス)のあることだけを書いた子育て本シリーズ『専門家ママ・パパの本(6冊)』。このシリーズの著者の一人で小児科専門医の森戸やすみ先生にインタビューしました。


――『小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK』を書いたきっかけを教えてください。

 担当編集者が「妊娠中は代表的なアレルゲンを避けて」「母乳育児中はあっさりした和食のみ」など、科学的根拠のない変なアドバイスに悩まされたことがきっかけなのだそう。そこで、ブログに「母乳に食べたものの味が出るのか」などの記事を書いていた森戸先生に執筆依頼が来たのだとか。先生自身も子育ての情報にはデマが多くて問題だと思っていたことも執筆に至ったきっかけのひとつかもしれません。ただでさえ、子育ては楽しいけど、体力的にも気力的にも大変なもの。迷信やデマに振りまわされている場合ではないですよね。



――森戸先生ご自身は、子育てで悩んだり困ったりしたことはありますか?

 先生自身も一人目を産んだばかりの頃は、母乳が出ないことに悩んだり、何時間おきに授乳すべきかで迷ったり、子どもが泣いてばかりで困ったり、おかしな俗説に驚いたりした経験があるようです。専門である小児の病気のことでさえ、自分の子どもとなると冷静に診られているかどうか心配で、教科書を見直したり、他の小児科医に診てもらったりしたこともあるのだとか。こういう経験があったから、自分自身のため、患者のお母さんやお父さんの質問に答えるために調べたことを、ブログにも載せてきたそうです。



――多くの子育て本が、母親だけに語りかけがちですよね。

 確かに今はまだ現実的に母親がメインで子育てしていることが多いかもしれません。本来、子育てはお父さんとお母さんの両方がメインでやるもの。以前、先生が古い育児書を読んでいたところ、終始お母さんだけに呼びかけているうえ、子どもが風邪をひいたことについて「母が子に寒い思いをせしめたため」と書かれていたのだそう。あきらかに非科学的でおかしな上に、母親だけの責任にしすぎで、書き方も上から目線。このような本では、世のお母さんたちは疲れちゃいますよね、と語られています。



――そういう風潮があるからこそ、子どもに何かがあると、お母さんだけが「私のせいで…」と思いがちなのかもしれません。

 実際に、診察室でお母さんが「この子に風邪をひかせちゃって……」と言うことがあります。お母さんが風邪をひかせたのではなくて、そもそも子どもはよく風邪をひくもの。そういうことも、このシリーズには書いてあります。「自分のせいで子どもが風邪をひいた」と言うお父さんはあまりおらず、つまり、母親ばかりが責められがちに。こういう子育ての責任を母親だけに押し付ける風潮を変えたいし、父親にも子育ての当事者意識を持ってほしい、母親と同様に父親も「親」なのだから「お手伝いしている」という意識ではダメだと説かれていました。



――子育てに悩んだときは、どうしたらいいでしょう?

 子育てに悩んだら、その分野の専門家の本で基本を学んでください。「自分の頭で考えよう」「感性に従うといい」という説を見聞きすることもあるかもしれませんが、基本を知らないと正しい情報にアクセスすることさえできません。たとえば、森戸先生自信は『管理栄養士パパの親子の食育BOOK』で残留農薬は農林水産省のサイトで調べられるという「とっかかり」を得ることができたのだそう。各年齢の栄養所要量や不足しやすい栄養素などを知ったことで、1週間のトータルで食事のバランスを考えることができます。このように、「考える」には正確な情報という材料が必要です。



――子育て中は本を読みづらいという声がありますが…

 専門家ママ・パパの本は、開きやすく持ちやすい紙を選んでいて、Q&Aなので必要なところから読むことができます。kindle版なら、寝かしつけや授乳のときでも読みやすく、子どもにかじられたりやぶられたりよだれをつけられたりする心配もなく安心かもしれません。「産後すぐは目を休ませないと」「スマホを見ながら授乳してはダメ」などと言う、スマホ育児絶対反対派の人もいますが、特に根拠はないのだとか。根拠のない説は気にせず、大切な要点だけ押えて、楽しく子育てをするきっかけになると良いですね。


画像2

 専門家ママ・パパの本シリーズはこちらの6冊。妊娠前から出産を経て、高校生の食育まで、各ステータスに合わせた内容になっているので、妊娠中の方や既にお子さんがいらっしゃる方は自分のいまの悩みに応じて読んでみるのも良いかもしれませんね。



【参考】

株式会社 内外出版社

http://www.naigai-p.co.jp/

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ