女性のカラダ

1に知識、2に検診!ピンクリボンアドバイザーが教える乳がん教育

プレスリリースピンクリボンアドバイザー

 年間、約9万人の女性が罹患し、そのうち1万4千人が死亡すると言われている“乳がん”。日本人女性のかかるガンの中でトップの病気です。

 皆さんは乳がんについて正しい知識を持っていますか?

 実際には、ネット上にはびこるエセ情報に振り回されてしまったり、未だに「自分は大丈夫」と、どこか他人事に捉え検診を受けていない方は少なくありません。

 このような現状を招く原因の根幹は、乳がんに対する「知識不足」にあるのかもしれません。先日、乳がんの正しい知識を広める取り組みについてのセミナーに参加してきました!今回はレポートを交えてこの課題に向き合ってみたいと思います。


参考

国立がん研究センターがん情報サービス 最新がん統計

┗ 女性がかかるガンNO.1は乳房(死亡は大腸)


必要なのは、科学的な知識を持って活動する「個人」

画像1

 認定NPO法人乳房健康研究会は2030年までに「乳がん死亡者数を一万人以下にする」ことを目標に活動している乳がん啓発団体。2013年に乳がんに関する正しい理解と行動を促す「ピンクリボンアドバイザー」を育成する制度を創設しました。


ピンクリボンアドバイザー制度とは?

 認定NPO法人乳房健康研究会が主催する認定制度で、乳がんや検診、治療など、乳がんについて学び試験を受けて認定されます。

乳がんを正しく理解し、一人ひとりに寄り添う優しい社会を目指し、全国で約7,000人が認定され啓発活動を行っています。


参考:ピンクリボンアドバイザー認定試験


ピンクリボンアドバイザーによるがん教育プロジェクト始動

 そんなピンクリボンアドバイザーの新たな取組として、「ピンクリボンアドバイザーによる がん教育プロジェクト」が実施されることになりました。

このがん教育プロジェクトでは、ピンクリボンアドバイザーである「がん患者・がん経験者」が、実際に中学校や高校に赴き、がんについての授業を行うというもの。実際にがんを経験した本人による経験談を通して、がんとの向き合い方をはじめ、がんになっても自分らしく生きること、そして健康や命の大切さ、他者への思いやりと支え合うことの大切さ等を伝えることを目的としています。


たくさんの「もっと早い段階で学びたかった」という声

 セミナーを受けていて印象的だったのが、「乳がんについてもっと早い段階で学びたかった」という意見。実際に多くの乳がん経験者から同様の声があがっているそうで、早い段階から正しい知識を身につけることの大切さがひしひしと伝わってきました。


 ガン教育を受ける中高生の保護者がちょうど40代50代の乳がん好発年代が多いということからも、学んだ知識を提供してもらうことで保護者世代の受診率を上げることも想定しているのだそう。これに関しては、実際に試験段階で効果が見込めたそうで、身近に乳がんについて教えてくれる存在がいることの大切さがよく分かりますよね。


ガンの経験は患者のものだけではない

画像2

 乳がんサバイバーで、上級ピンクリボンアドバイザーの藤原緑さんによると「ガンの経験は患者だけでなく、パートナーや子どものモノでもある」。 “怖い” 、 “不安” といったマイナスな感情だけでなく、前向きな感情もシェアすることで、一緒に病気と戦っている気持ちになれたと語られていました。


 確かに「ガン」と聞くと「死」が凄く身近に感じてしまうもの。本人もショックだと思いますが、家族が受ける心労も計り知れません。一方で、日々医療は進み、治療技術も進化しているので、例えガンになったとしても【治療出来る時代】です。前向きに治療と向き合う、正しい知識を早い段階から身につけておく必要があるかもしれませんね。


まとめ

画像3

 乳がんで亡くなられた著名人のニュースがメディアで取り上げられると、乳がんの検診率が上がるというのは聞いたことがあるかもしれませんが、それでも検診率は一過性のものでまだまだ高いとは言えません。大切なのは、一時的な危機感ではなく、「乳がんに対する正しい知識を身につけること」と「検診に行くこと」です。

序盤でもお伝えしたように乳がんは女性がかかるガンの中でもトップを誇る病気です。誰しもがかかる可能性があり、「自分は大丈夫」とは限りません。 まずは、ピンクリボンアドバイザーの試験を受ける受けないに関わらず、正しい知識を身につけるという目的で、ご紹介したサイトの教材を手に取ってみるのも良いかもしれませんね。



【参考】

認定NPO法人乳房健康研究会

https://www.breastcare.jp/

国立がん研究センターがん情報サービス

https://ganjoho.jp/public/cancer/breast/



▼乳がんの関連記事▼

・【乳がんなう#1】もしも友達が癌になったら?実際なったらどうなる?
・【乳がんなう#2】「死んじゃうかも」を間近に感じたとき、思ったこと
・【乳がんなう#3】ところで手術したの?君のおっぱい、今どうなってんの
  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ