女性のカラダ

子宮・生理痛・不妊……女性の不安に寄り添う、「漢方デトックスサロン」でできること(前編)

漢方デトックスサロン

管理職に就いて昼夜問わず働くなど、ライフスタイルの大幅な変化に伴い、身体のトラブル、とくに子宮筋腫や生理の不調、不妊など、婦人科系の病気を患う女性が増えていると言います。


2018年6月、「漢方デトックス日本橋」をオープンした土屋友梨子さんも、その一人でした。大きな病気をしたこともなくバリバリと働いていた彼女でしたが、次第に体調が悪化。子宮筋腫を患い筋腫核摘出手術を受けたのです。


今回は土屋さんが同サロンをオープンするにいたった経緯から施術内容、自宅でできる身体のケアまで、前後編に分けてお届けします。


人生の転機となった「子宮筋腫の摘出手術」

土屋さんインタビュー

—土屋さんは、元々、身体に悩みがあったのでしょうか?


土屋:実はあまり自覚がなくて……。毎回、生理の日は昼間でも夜用ナプキンを付けていたぐらい出血量が多かったんですが、人と比べる機会もないので、それがスタンダードなのかなって。


でも、あるとき生理時の貧血がひどすぎて電車の中で座りながら失神してしまったんです。さらに、その3ヵ月後に飲食店でも貧血で倒れて、さすがにおかしいなと思って婦人科に行ったら、「子宮の中に筋腫ができているので手術しましょう」ということになりました。


—いきなり手術なんて言われたら、動揺してしまいますね。


大人になってから手術したのなんて初めてだったので、本当に心細くて手術台に上がったときは涙が出てしまったほどです。手術自体は全身麻酔で寝ているうちに終わり、術後の痛みも尿管を取ったらまったくなし。「先生たちをはじめ現代の医療技術ってすごい!」と驚きました。その経験を機に、自分の身体と真正面から向き合わざるを得なくなったんです。


特効薬がないなら体質改善しかない。漢方を独学で勉強

漢方デトックス

—子宮筋腫は経過観察と言われ、手術をしないまま様子を見る人も多いと聞きます。土屋さんのように手術をすれば、すぐに健康な状態に戻れるのでしょうか?


私の場合は一度は問題ない状態に戻りました。ただ子宮筋腫は再発の可能性があり、その原因がわからないため再発防止策はないと言われることがほとんどです。私も婦人科医さんに「また筋腫ができたら、そのときは手術しましょう」と言われました。でも、身体に負担のかかる手術を何度も受けることに抵抗があり、「どうしたら再発を防止できるのだろう」と独学で勉強を始めたんです。


—それで、漢方デトックスに行き着いたんですか?


中医師さん、書籍から学んだ結果、婦人科系の病気や不妊は「冷え」も良くないことのひとつだとわかりました。そのため、「体温を上げ体の循環を整える等、根本的に体の状態を良くすることで再発の可能性を減らせるのでは」と思ったんです。


そこで、一般的に身体を温める効果があると言われている足湯・足裏リフレクソロジー・よもぎ蒸しを組み合わせ、子宮ケアを重点においた新しいプログラムを開発しました。


開発したプログラムを実際に私や友人に試してみたところ、「以前に比べて体の調子が良い」等の喜びの声を聞くと同時に、私自身も2018年1月の摘出手術以降、今のところ子宮筋腫は再発していません。


「漢方デトックスサロン」は誰にも言えない悩みに寄り添う場所

土屋さんインタビュー

—漢方デトックスサロンで行う具体的な施術内容を教えてください。


初回は、問診、足湯・足裏リフレクソロジー、身体チェック、漢方デトックス 黄土よもぎ蒸しの順に、トータル1時間半かけてじっくりと行います。問診では私自身の子宮筋腫のお話をすることも多く、普段話しづらいことも含めて何でも話せる場にすることを大切にしています。


—サロンには、どんな悩みを持った方が訪れていますか?


土屋:28歳以上の働く女性で、かつ妊娠・子宮・卵巣・生理に何かしらのお悩みをお持ちの方が多いですね。婦人科系疾患ですと「経過観察状態」の方。そうなると西洋医学上は為す術がない「待ち」の状態になりますが、何かしら手を打ちたいとの想いから、サロンにお越しいただいています。


私とお客様の2人きりの空間のため、お身体の悩み以外にもパートナーとの性生活など、普段周りの人に言いづらいお悩みをお話ししてくださる方もいらっしゃいます。


—メンタルケアにもなりそうですね。


誰にも言えないけど気になっている身体のこと、漠然とした健康の不安など、なんでも相談していただきたいです。サロンでのケア以外にも、生活改善のアドバイスも行いますので、何ヶ月か通っていただいたらサロンは卒業して、お一人でも健康的な状態を保てるようになっていただくのが私の目指すゴールです。


※後編では、よもぎ蒸しの施術内容や自宅でできる温活について伺います。お楽しみに!


<取材協力>

「漢方デトックス日本橋」オーナー 土屋友梨子


取材・執筆:小林 香織





▼女性の不調に関する記事

生理痛は、病気のサイン ~不妊の原因となる子宮内膜症の可能性も!


はじめての不妊治療。生理中でも大丈夫?初診時の注意点


血行促進!温めて夏の生理痛対策


生理痛のハテナ【生理痛はなぜ起こるの?人によって痛みが違う理由は?】


  • 小林香織(フリーライター/恋する旅ライター/ブロガー)

    エンタメ中心の15年間の会社員生活を経て、2016年フリーランスライターに転身。東京を拠点に「旅と仕事」を両立しながら、「自由なライフスタイルを手に入れるためのヒント」を綴っています。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ