女性のカラダ

夏バテを予防する食べ物と気をつけたい生活習慣【栄養士監修】

夏バテ

記録的な暑さが続いています。体が順応できずに、疲れを感じたり、食欲がおちたりしていませんか? それは、「夏バテ」かもしれません。


そこで、今回は「夏バテ」を予防する食べ物と気をつけたい生活習慣についてご紹介したいと思います。


なぜ夏バテするの?

夏は汗をかきますよね。それを蒸発させて熱を放出して体温を調節しています。それが、湿度が高いために、蒸発しにくくなり、熱がこもることで体に負担がかかってしまいます。また、エアコンの効いている室内で長時間過ごして、外と室内の気温差が激しいと自律神経が正常に働かなくなることも。

その結果、体がだるかったり、食欲がなくなったりします。夜も気温が下がらず、暑さで眠れないことも疲労感につながっていきます。これらのことが「夏バテ」の原因になります。


次に夏バテを予防する効果が期待できる身近な食材をご紹介しましょう。


・だるさを感じたときは「豚肉」

だるさを感じているときはエネルギーの代謝に必要なビタミンB1を補いましょう。豚肉やレバー類、卵、ウナギなどです。豚肉はニンニクと料理すると、ニンニクに含まれるアリシンがエネルギーの代謝を促進します。


・夏バテで食欲が落ちたときは「にがうり」

にがうりの苦み成分はククルビタシンです。この苦み成分は、食欲を増進させて、夏バテを予防する効果が期待できます。バジルに含まれる香り成分のリロナールやオイゲノールも食欲を高める作用が期待できます。


・体の回復を助ける「パイナップル」

甘いパイナップルはビタミンCが含まれ疲労回復効果が期待できます。たんぱく質の分解酵素であるブロメラインも含むので、肉などの動物性タンパク質の消化を助けてる働きがあります。肉類と料理しましょう。


・エアコンで冷えた体を温める食材

トウガラシに含まれるカプサイシンの香りは食欲を増進し、新陳代謝を活発にする作用が期待されています。それ以外にもショウガ、カレーなど香辛料を使ったエスニック料理はおすすめです。


・眠りをサポートする「牛乳」

牛乳やヨーグルトには、睡眠に関わるアミノ酸トリプトファンを含んでいます。又、リラックス効果やストレスを感じると消費しやすい、タンパク質、カルシウム、ビタミンCが含有。飲んでみてくださいね。


・疲れをサポートする「すいか」

スイカの90%は水分。白い果肉に含まれているシトルリンは血管を若返らせる効果があるだけでなく、疲労回復効果や新陳代謝の促進効果も期待されています。縞模様の境目がはっきりしているものが甘く、食べる直前まで冷やすと美味しくなると言われています。


【関連】暑い季節に知っておきたい、シチュエーション別の食中毒対策

夏バテを感じたら気をつけたいこと

そうめん

・冷たい麺類ばかり食べない

食欲がないからと冷たい麺類ばかりを食べていると、麺類の糖質をエネルギーに変えるビタミンB群が不足します。それにより疲れやすくなります。ソーメンを食べるときは、たっぷりの薬味と豚肉の薄切のしゃぶしゃぶをトッピングするなどしましょう。


・水分を十分に摂取する

暑い日の外出は、思ったよりも汗をかきます。水分をこまめに補給してください。長時間の場合は、スポーツドリンクなどを利用しましょう。このようなときは、低カロリーではなく、通常の製品を選んで下さい。


・薄いカーディガンを持ち歩く

エアコンの聞いているオフィスで長時間過ごしていると、体が冷えてしまいますよね。カーディガンやショール、靴下などを用意しましょう。寒いと感じたときに着用して下さい。


・酸っぱい味で疲労回復

レモン、お酢、梅干しなど酸味のある成分は、疲労回復効果が期待できます。お料理などに積極的に使って下さいね。


・胃腸が弱っているときは消化の良いものを食べる

胃腸がよわっているときにウナギなどの栄養価の高いものを無理にたべようとするのはやめましょう。消化の良い、お豆腐、納豆、白身の魚、温泉卵などを食べるようにしませんか。元気になってから食べて下さいね。


・シャワーではなく湯船につかる

疲れていると湯船に入るのは面倒と思いがちです。でもシャワーだけですと一日中、エアコンの中で過ごし冷えた体を温めることはできません。湯船にゆったりと使って疲れも取りましょう。


・睡眠前に部屋を冷やしておく

熱帯夜が続くと眠りにくくなってきます。部屋を冷やしておきましょう。眠りにつきやすくなるはずです。暑い日は、枕を冷やすという方法もありますよ。


いかがでしたか?

バランスの良い食事をすることが基本です。夏バテ予防が期待できる食べものを積極的に取り入れ、水分を十分に取り、睡眠をとり、暑い夏を乗り切りましょう。



参考

武田製薬

https://takeda-kenko.jp/navi/navi.php?key=natsubate

栄養の成分辞典 

色の野菜の栄養辞典

Dr.クロワッサン 夏バテしない食べ方




▼栄養士監修の関連記事はコチラ▼

ドレッシング頂上決戦! カロリーor糖質?どっちでダイエット!?#1

ストレスを感じたら食べてほしい「ストレス解消食材」

免疫力を上げる食材とシンプルな生活習慣

意外だけどアイスクリームが良い! 栄養士が教える風邪ごはんの基本

まだ体重が戻らない!今年こそ身につけたい太りにくい生活習慣のメソット9つ

冷えを防ぐ食べ物と気をつけたい生活習慣

  • 岡野ユミ(栄養士、美肌マイスター、アンチエイジングアドバイザー)

    「食べてきれいに痩せてリバウンドしない」をテーマに、若い女性から経営者まで広くダイエットを指導。溢れるダイエット情報を精査して、正確で信頼できるものを発信。体の中から美しくなる情報もお届けします。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ