女性のカラダ

「妊活、ナメてました」40歳漫画家・山猫スズメ先生インタビュー①

山猫スズメ先生インタビュー

「子供なんてみんな産んでいるのだからすぐできるはず」

「病院にかかったら、すんなり妊娠できるだろう」

そんな風に、「妊活を頑張れば妊娠できるだろう」と考えている人は多いでしょう。


コミックエッセイ『妊活、ナメてました。~37歳漫画家の子作り日記』を描かれた山猫スズメ先生も、本格的に妊活を開始するまでは、「妊活すればすぐに子供を授かるだろう」と楽観的に考えていた女性のひとり。37歳で妊活を開始し、40歳になった現在も妊活を継続中です。


今回は、なぜご自身の妊活をマンガにして公表されようと思ったのか、不妊治療を始めたきっかけ、などについてインタビューを行いました。


37歳漫画家・山猫スズメ先生が妊活をはじめた理由

―まず、ご自身の妊活体験をマンガにして公表しようと思われたきっかけをおうかがいできますか?


そうですね。正直、思いの外しんどかったっていうのが理由です。妊活を始める前は、「病院にかかれば、すんなり妊娠できるんだろうな」と思っていたので。


実際に一回うまくいきかけて、でも流産してしまったんです。できる人はすぐできるみたいですが、流産を繰り返すケースも珍しくないと知って、そこからは精神的に地獄でした。


山猫スズメ先生インタビュー

―不妊治療を始めたきっかけはなんだったんでしょうか?

実は、20代はまったく子供が欲しいなんて思っていなかったんです。子供のころに出産ドキュメンタリーを観て、すごく痛そうだったので妊娠恐怖症みたいになっちゃって、絶対子供は産まないって決めていた時期もあったくらいです。それに、子供も苦手だったんです。


だから、20代のころは友達の子供を見ても、まったく欲しいと思っていなかったんです。


でも、30代後半に入って、友達の子供と遊ぶようになったら、すごく可愛いって思えるようになってきたんです。自分でもなぜだか分からないんですけど、正直、年齢の問題だと思います(笑)。


子供が欲しいと明確に思って、妊活を始めたのが37歳のときなのですが、本能的にここで作らなければもうできないだろうという思いがあったのかもしれません。


妊活をきっかけに入籍。治療費問題と「俺のせい?」で喧嘩

―不妊治療を開始すると同時に、助成を受けるために長年同棲していた男性と入籍されたと描いてありました。ハチさん(山猫先生の夫)は最初から妊活には協力的だったのでしょうか?


そうですね。彼は子供が好きな人だったので、すんなり受け入れてくれて、一緒に病院にも行ってくれています。ただ、始めた当初はこんなにお金がかかるとは思っていなかったと思います(笑)。そのことが原因で彼とはよく喧嘩しました。


―治療費をどこまで出すか、でパートナーと意見が分かれるケースは多いみたいですね。

そうですね。私は高齢なので、時間がないって焦っているんですけど、彼は比較的のんびりしているように見えるんです。


「治療費にあてるお金がないから待って」って言われることもあって、こっちとしては「待ってられるか」ってなるんですが、なかなか気持ちを分かってもらえなくて。まあ、無い袖は振れないので、彼の言い分は分かりますが、気持ちに寄り添ってもらえてない気がして、どうしても疲れてしまうことはあります。


―妊活を進めて行くなかでハチさんとの喧嘩が増えたとありましたが、治療費に対する意見の相違から揉めることが多いですか?

それが一番多いですが、他にもあります。


まだマンガには描いていないのですが、治療の過程で精子にも問題があるんじゃないか、という結果が出たんです。私たち夫婦の場合、妊活を始めた当初、私が37歳、彼が31歳ということもあって、なんとなく妊活がうまくいかないのは、私の方に原因があるんだろうって彼は認識していたと思います。


ですが、治療の過程で、彼の方に原因がある可能性が浮上して、そのときに「俺のせいなのか」とキレられたことがありました。


プライドが高い男性も多いから、自分側に原因があるなんて受け入れられない人が多いのかなと思います。でも、「どっちのせいか」なんて言い出したらバトルになるだけですから、妊活を始めるときには、「自分の方に原因がある場合も、相手に原因がある場合もあるけれど、どういう結果が出ても受け入れる」という心構えが必要なのかもしれません。


体質改善のため仕事をセーブ。「趣味=妊活」状態に

山猫スズメ先生インタビュー

―治療費のために、仕事を増やしたりはしましたか?

私の場合、逆に仕事をしなくなっちゃったんです。体質改善をしようと思うとなかなかマンガって描けなくて(笑)。妊活開始前は不摂生をしすぎていたので、早寝早起きを心がけたり、飲み物や食べ物にも気を使ったりするようになりました。情報収拾しすぎて、趣味が妊活みたいな状態になっていましたね(笑)。


「鶴瓶さんを待ち受けにすると幸運に恵まれる」って聞いて、待ち受けにするとか、やれることはなんでもしようと思って。振り返ってみると、ちょっとやりすぎだったかもしれません(笑)。


※※※


次回は、病院選びや、実際に不妊治療を始めてから知り驚いたことなどについてお伺いします。


山猫スズメ(漫画家)

WEBコミックアクション内モンスターコミックス にて『必勝ダンジョン運営方法』のコミカライズを連載中。2018年5月に自身初の単行本となる『必勝ダンジョン運営方法』を発売。37歳で開始した妊活を赤裸々に綴ったコミックエッセイ『妊活、ナメてました。~37歳漫画家の子作り日記』はキンドルで好評発売中。

ツイッター(@suzumeyamaneko



『妊活、ナメてました。~37歳漫画家の子作り日記』

著者:山猫スズメ

出版社:株式会社ウェイブ/COMIC維新りあら





≫ 40歳までに知っておきたい、心と体のこと

産婦人科医が言わない「男性側の不妊治療の基礎知識」とは?

「妊娠のためのセックス」でセックスレスにならないために

男性が原因の不妊は約半数。精子の質は4ヶ月で改善できる?

不妊治療の医療費控除は利用しなくちゃ損!お金が戻ってくるだけじゃない

不妊治療に一般家庭はいくら払っている?助成金も活用しよう

  • 今来 今(フリーライター)

    神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ