女性のカラダ

エアコンが原因?冬だけじゃない!夏のウィルス感染に注意

プレスリリース夏のウィルス

 全国的にまだ梅雨の時期ですが、もはや暑い夏は目前。夏といえば、エアコンが欠かせない時期ですよね。もちろん、熱中症対策などには有効なのですが、あまりにも冷房が効きすぎてむしろ寒い……。そんな経験をされた方も多いはず。特に男女が混在するオフィスでは、体温の違いから寒い思いをされている方も多いのではないでしょうか。心当たりのある方は「夏風邪」に注意が必要です。

 今回は、おかめ「納豆サイエンスラボ」が実施したインタビューを元に、暑い季節の感染症対策についてご紹介します。


エアコンが効いた場所はほぼ冬と同じ環境だった!?

 みなさんの中にも、季節の変わり目に風邪のような症状で体調を崩してしまった方もいるのではないでしょうか。いわゆる「夏風邪」と呼ばれるものには、ヘルパンギーナ、手足口病、咽頭結膜熱、流行性角結膜炎といった感染症があります。筆者はかかったことはありませんが、友人が大人になってから手足口病に感染しているのを見て、本当にしんどそうだなと思ったことがありました。

 これらの感染症は「水」を介して感染することが多いとされていますが、一方で、「納豆サイエンスラボ」のインタビュー記事によると、ウイルスの流行には気温と湿度も関係しているとのこと。


 気温が低く乾燥する状態は、ウイルスにとって最適な環境。そのため、冬はウィルス感染しやすい時期なのですが、実は夏場のエアコンが効いた場所も冬と同じような環境になっているのだそう。夏のウィルス感染はないだろうと高をくくっているようなら要注意。最近では、感染症の流行には季節はあまり関係なくなってきていているとされています。


体を守るために本当に必要なのは免疫力の向上だった

 感染症から身を守るためには、手洗いやうがいなどでの予防はもちろん大切です。しかし、ただでさえ暑い夏は体力を消耗しやすく、風邪にかかりやすい状態。いくら手洗いやうがいをしても、それだけでは、不十分なケースも出てきます。そういう時こそ、私たちの身体にもともと備わっている免疫力を正常に働かせることが大切になってきます。


 免疫作用は、体内に侵入した細菌やウイルスなどを異物として攻撃することで、自分の身体を正常に保つという働きをしています。つまり、私たちの体内では常に、ウイルスなどの異物が入り込んでいないか免疫細胞がパトロールしていて、異物に出くわすと、食べたり攻撃し破壊したりしているのです。さらに、免疫細胞は出くわした異物の顔を忘れることはありません。次に同じ異物が侵入すると、それを特定し、個々の異物に応じた抗体ですばやく対応するとされています。

表1

予防と対策に季節は関係ないことが判明

 暑い季節は基礎代謝が落ちることから、夏バテなどのために食欲も低下しがちになります。そうなると、エネルギー不足から免疫力も低下する恐れが出てきます。

 また、気温が上昇すると室内外の温度差によって自律神経のバランスがくずれてしまうことも。結果、免疫力は低下してしまいます。そこで大切になってくるのが、季節を問わない予防と対策。症状が重症化してしまわないためにも、常日頃から意識していきたいですよね。

 最近では、免疫に対する機能性が一般的な納豆菌の1.5倍もあるという納豆菌を使った納豆を食べることで、大人風邪の高い予防効果が期待できるという実験結果も出ているようです。本格的に夏が始まる前に、こういった食材もうまく取り入れながらできるだけバランスの取れた食生活を心がけることで、免疫力を高めていく必要があるかもしれません。



【参考】

おかめ「納豆サイエンスラボ」

http://www.natto-science.jp/

  • 女子カレ編集部

    女性のココロとカラダに寄り添うサービス『女子カレ』の編集部。主に「今」お届けしたい情報をお届けします。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ