女性のカラダ

蒸し暑い季節に多くなる「食中毒に注意!」※栄養士監修

食中毒

食中毒はレストランに多いイメージがあり、自分で作れば安心と思っていませんか?

実は食中毒は身近なもの。知らずに腹痛や吐き気に見舞われるのは避けたいですよね。そこで今日は食中毒を予防するために、厚生労働省の「家庭でできる食中毒予防の6つのポイント」に沿って詳しくご紹介したいと思います。


まず、食中毒を防ぐためには?

手洗い

そもそも食中毒とは、肉、魚、野菜などに細菌やウィルスが付着して、それが食品を通して体の中に入り、症状を発症した状態です。

目には見えませんが、冷蔵庫の中や汚れた布巾、食器洗い用のスポンジ、まな板、シンクなどに付着した菌も増殖しやすいと言われています。

食品は冷蔵庫で低温に保存し菌を増やさない、加熱して菌を死滅させることが大切です。キッチンを清潔にし、手洗いをマメにすることで、菌が持ち込まれても、材料に付着する可能性を低くできます。


かごに入れる順番は?食中毒対策はスーパーでの買い物から

スーパーで買い物

1.温度管理の必要がないもの

最初にカゴに入れるのは調味料、お菓子、ドリンク、アルコール、インスタントのスープ、缶詰など。温度管理が必要ない製品を選びましょう。


2.野菜や果物

野菜はできるだけ新鮮なものを食べきれる分だけをカゴに入れるようにしましょう


3.乳製品・ハムやソーセージ・肉・魚

次は乳製品、ハム、ソーセージ、肉や魚です。肉と魚は肉汁と魚の水分が漏れないように、それぞれビニールの袋に入れてください。


4.冷凍食品

最後は、冷凍食品。温度管理が必要なので買ったら、できるだけ早く家に帰ります。


家での保存方法で食中毒対策!家に帰ったらすぐにやるべきこと

冷蔵庫

1.温度管理が必要なものはすぐに冷蔵庫へ

買い物から帰ったら買ってきたもの整理しましょう。冷蔵庫に入れるものと冷凍庫に入れるものは、すぐに入れてください。冷凍庫は-15度以下にしましょう。


2.肉・魚を保存するコツはこれ!

肉や魚は容器やビニール袋に入れる等して、他の食品と触れないようにしましょう。


3.食中毒対策の基本の「き」を忘れずに!

肉、魚、卵に触ったときは、必ず手を洗い流水でよく流してください。細菌から守る良い方法です。


食中毒対策は料理をする前の準備が大切!

まな板を洗う

1.調理の前に整えておくこと

キッチンにゴミ箱、清潔なフキン、キッチンペーパーなど必要なものを準備し、手を洗ってから下ごしらえを始めます。キッチンに手洗い用の石鹸を常備しておくと便利です。


2.まな板はわけて使用して

肉、魚のまな板と野菜のまな板は分けましょう。肉や魚を切った包丁も必ず洗ってから、野菜に使用します。肉や魚を触った後は面倒でも、その都度手を洗いましょう。


3.カット野菜を使うときのコツ

野菜だけでなく、カット野菜もそのまま使わずに洗ってから使いましょう。特にサラダ用の野菜は、流水で流してからお皿に盛りましょう。


4.温度管理が必要な食品を調理する際のコツ

冷蔵や冷凍の食品は調理する直前に冷蔵庫から出し、電子レンジで解凍して、すぐに使いましょう。再冷凍はしないでください。室温で解凍すると食中毒の菌が増殖する可能性もあります。必要な量だけ解凍を。水で解凍する場合は密閉した容器に入れ流水で行います。


5.調理器具の管理も大切です

調理が終わったらまな板や包丁は、洗剤で洗い流水で流しましょう。洗っても汚れが落ちないものは熱湯や漂白剤で消毒してください。


食中毒対策の肝!料理中に気をつけたいこと

料理

1.基本中の基本!火はしっかり通しましょう

お料理をするときは、食材の中心までじゅうぶんに火を通してください。目安は、中心部が75度で1分以上加熱すること。食中毒を予防する効果が期待できます。


2.調理中の放置はNG!

お料理の途中で、放置することはやめましょう。気になってもスマホはお料理が終わるまで待ちます。放置することで、食中毒の菌が増える可能性も。どうしても、スマホが気になる時は冷蔵庫にいれましょう。


3.作った後の温度管理もお忘れなく

盛り付けの前に手を洗い、冷たい料理は冷蔵庫に入れ冷たく、温かい料理は温かいうちに、食べるようにします。料理を作ったまま長時間置いておくことはやめましょう。


4.調理中の生理現象にもご注意を

調理中に鼻をかむ、ペットを触わる、トイレに行くなどしたら、しっかりと手を洗って下さい。


食べきれなかった料理の処理の仕方

食事中

1.食べ終わったらすぐに片付けましょう

食べ終わったら、お料理はすぐに片づけましょう。そのままに放置することはやめてくださいね。


2.残り物はしっかり保存


残った食品をしまう前も手を洗いましょう。清潔な容器やお皿に入れ、ラップで覆います。その後、冷蔵庫にいれ、できるだけ早く食べるようにします。


3.残り物を再度食べる際の注意点

食べきれなかった食品は温め直して食べましょう。75度以上を目安に。お味噌汁やスープなどは沸騰するまで温めてから、飲んでくださいね。


4.時間が経過したら潔く処分する

時間が経ってしまった料理は思い切って捨てましょう。また少しでも匂いや味がおかしいと思ったら食べずに処分しましょう。


「二日目のカレーは美味しい」に注意

カレー

二日目カレーは作った日に食べるよりも、美味しいと言われています。カレーは煮込み料理だから安心だと思っていませんか?

カレーに多い食中毒はウェルシュ菌が原因です。食べてから6時間から18時間後に発症し、下痢や腹痛をおこします。これを防ぐには、カレーを常温で放置しないで、急激に冷やすことです。残ったカレーは急速冷蔵しましょう。翌日に食べる場合は十分に加熱すること。そして早めに食べることが大切です。

カレーの他にも注意して欲しい料理は、シチュー、煮魚、野菜の煮物などがあります。


食中毒予防に大切なのは、清潔なこと。見た目がキレイということは関係ありません。生の肉や魚を触ったら手を洗い、調理器具も洗ってから、次の料理を作るという基本的なことが食中毒を起こす可能性を低くしますよ。


・厚生労働省 「家庭でできる食中毒予防の6つのポイント」


・食中毒を防ぐ3つの原則・6つのポイント 政府広報オンライン



▼栄養士監修の関連記事▼

ストレスを感じたら食べてほしい「ストレス解消食材」

免疫力を上げる食材とシンプルな生活習慣

意外だけどアイスクリームが良い! 栄養士が教える風邪ごはんの基本

まだ体重が戻らない!今年こそ身につけたい太りにくい生活習慣のメソット9つ

冷えを防ぐ食べ物と気をつけたい生活習慣

忙しい女子のための「コンビニダイエット」※栄養士監修

  • 岡野ユミ(栄養士、美肌マイスター、アンチエイジングアドバイザー)

    「食べてきれいに痩せてリバウンドしない」をテーマに、若い女性から経営者まで広くダイエットを指導。溢れるダイエット情報を精査して、正確で信頼できるものを発信。体の中から美しくなる情報もお届けします。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ