女性のカラダ

腎臓の衰え発見シート|口臭やかゆみなどの症状から慢性腎臓病の疑いをチェック

腎臓病チェック

日本国内の慢性腎臓病(CKD)の患者数は1330万人。予備軍も含めると、その数は2000万人近くに上るといわれています。


慢性腎臓病が怖いのは、自覚症状が乏しく、ふだんから自分自身で注意していないと知らぬ間に悪化してしまうこと。

そうならないために、腎臓の衰えをふだんから確認するようにしましょう。


順天堂大学名誉教授で腎臓病専門医の富野康日己先生に話をお聞きしました。


腎機能の低下、たんぱく尿のチェック

チェック1

腎臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれるほど、機能が低下しても症状が現れにくいため、なんらかの症状を感じたときには、すでに慢性腎臓病が進行している場合があります。

特に、むくみやだるさ、貧血、尿が泡立っているなどの症状が慢性化している場合には、腎機能が低下しているかもしれません。


尿路感染症、尿路結石、急性の腎臓病のチェック

チェック2

腎機能の低下には、急性の病気の場合もあります。

例えば、女性に多い尿路感染症の一つである「腎盂腎炎(じんうじんえん)」は、高熱や背中に痛みを感じるなどの症状が現れます。


尿の異常と併せて、発熱、のどの腫れなどのほかの症状が現れた場合は、急性の腎臓病が考えられるので、すぐに病院を受診しましょう。


進行した慢性腎臓病(CKD)のチェック

チェック3

さらに進行した慢性腎臓病の場合は、全身にさまざまな症状となって現れます。

尿量の変化をはじめ、食欲不振や吐きけ、下痢、全身のかゆみ、アンモニアのような口臭がするなど。


一見、腎臓に関係がないように思われる症状でも腎機能の低下が疑われるので、注意が必要です。


この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。




※本記事は、カラダネから全文転載しております。オリジナル記事をご覧になりたい方はこちらから。



写真/©カラダネ



執筆&コメントをしてくださった専門家のご紹介

専門家のご紹介

順天堂大学名誉教授 富野康日己

1949年生まれ。

1974年に順天堂大学医学部を卒業。

市立札幌中央病院、北海道大学医学部、東海大学医学部に勤務したのち、1988年に順天堂大学医学部腎臓内科学講座助教授に就任。

1994年から2015年にわたり、順天堂大学医学部腎臓内科学講座教授を務める。


【所属学会】

アジア・太平洋腎臓学会議前理事長(現理事)

アジア腎カンファランス(顧問)

国際IgA腎症シンポジウム(前理事)

日本腎臓学会(前理事・評議員、認定専門医、指導医、功労会員)

日本糖尿病学会(評議員)

日本透析医会(腎不全予防医学調査研究委員、研究助成審査委員)

国際腎臓学会

米国腎臓学会

他、多数




▼関連記事▼

自律神経チェックリスト[乱れタイプ別]整え方を専門医がアドバイス

ほうれい線を消す2つの「舌回し(ベロ回し)」歯科医の簡単エクサ

鼻水・鼻づまりの原因診断とセルフ解消法5選

【松井薫先生の5秒トレーニング】太もも・お尻・二の腕の部分痩せダイエット

  • カラダネ編集部

    カラダネは、病気や美容の悩みについての「正しい知識」と、改善のための「自力療法」を紹介する健康情報サイト。流行の健康法も多数掲載中。健康雑誌の専門編集者が、医師などの話をもとに記事を編集しています。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ