女性のカラダ

口に出すだけで認知症予防になる魔法の言葉があること、ご存じですか?

魔法の言葉

魔法の言葉とは、「ありがとう」です。


ありがとうを言葉にするだけで、脳が広範囲に刺激されて記憶力・集中力からコミュニケーション力までアップし、認知症予防にも大いに役立つと考えられています。家族や知人だけではなく、ペットや身の回りの物、日常の行為にも感謝すべきことはたくさんあります。


8つある脳番地すべての刺激が可能

感謝の気持ちを持つだけで、8つある脳番地のうち、感情系・記憶系・思考系・理解系の4つの脳番地はもとより、場合によっては聴覚系脳番地まで刺激されます。これだけの脳番地を刺激する方法はなかなかありません。


実は、これに加えて、感謝の意を示す「ありがとう」と口にすれば、さらに広く脳番地を刺激することができるのです。感謝をして「ありがとう」と口にすることで、まず思考系・感情系の脳番地が一段と刺激され、次に口に出していうことから伝達系の脳番地が刺激されます。加えて、意思表示の言葉を発するときは、口まわりの筋肉が強く刺激されるため、運動系脳番地までしっかり使われます。


さらに誰かに「ありがとう」といった場合、いわれた人の表情や態度などの反応を見て楽しむこともできれば、視覚系脳番地まで刺激されます。つまり、感謝して「ありがとう」といえば、少なくとも6つ、多くて8つの脳番地が刺激され、脳の未熟細胞の成長を促すことができるといえるのです。


脳番地とは

『思考系』、『理解系』、『感情系』、『記憶系』、『視覚系』、『聴覚系』、『運動系』、『伝達系』があり、海馬は情報を蓄えたり、思い出したりする記憶系の主力です。私は、このように同じような働きをする脳細胞の集まりを脳番地と呼んでいます。


少ない情報量でも脳が活発に動く

脳番地が広く刺激されることで、もう一つ脳にとってはいいことがあります。それは、「脳の活動閾値(いきち)」を下げる効果があることです。


脳の活動閾値

活動閾値とは、「脳を働かせるための刺激の数値」のことです。


そもそも、脳は視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感からの情報(刺激)を得て、物事を認識しています。頭の回転が速い人は、ちょっとした五感からの情報でさえ、それを脳が認識・処理するため、何かを感じ取ることができます。


よって、活動閾値とは低いほうがよく、脳への情報量が少なくても、それを脳がしっかりくみ取って、うまく働いてくれるというわけです。脳の活動閾値が下がって脳が活発になれば、まずはちょっとした変化に気がついて、喜怒哀楽も豊かになってきます。映画や読書もそれまで以上に楽しめるようになってくるはずです。こうした反応が積み重なっていくと、記憶系脳番地や思考系脳番地にある未熟な脳細胞も活気づいてきて、記憶力や発想力が高まってきます。


ここまでくると、脳の働きは全般的に高まり、例えば物事を同時に進めていく段取り力や、思わぬ事故やケガを防ぐ注意力、何かを続けて行う集中力も向上してくるでしょう。


「いただきます」「ごちそうさま」も脳を若返らせる

感謝の気持ちは、何も他人の言葉や行為に対してのみ抱くものではありません。ふだんから使っているものや、飼っている犬や猫にも感謝はできます。本を読んで役に立つことが書いてあれば著者に感謝したり、その本を紹介してくれた人にも感謝できたりします。要するに感謝の対象はなんでもいいのです。


言葉も「ありがとう」だけではありません。「ありがとう」と同様に脳番地を広く刺激する感謝言葉があり、それは「いただきます」と「ごちそうさま」です。通常、誰かとご飯を食べるときに口にするあいさつ言葉のように使っていますが、とても深い感謝言葉です。


いただきます

「いただきます」は、野菜・肉・魚などすべての食材に対し、その生命をいただいて自分のエネルギーにするという意味で感謝をします。「ごちそうさま」は、米や野菜を作る農家や魚を獲る漁師、食材を販売する人、料理を作る人など、自分がとった食事に関係するすべての人に対して感謝します。

このように、「いただきます」も「ごちそうさま」も感謝の意味を示すので、たとえ独り暮らしであろうと、食事の前後にしっかりと口に出してください。


【体験談】80代の今も物忘れ一つなし

新潟に住んでいる私の父はすでに80歳を超えています。ふつうこの年齢になれば、体力仕事がおっくうになったり、興味ごとが減ったりしてきます。中には、物忘れがひどくなったり、ウツになったりして引きこもる人もいるでしょう。


それなのに、私の父の記憶力はしっかりしていて、めったに物忘れなんてしません。また、定年退職をしてから農作業に励むようになり、朝から晩まで畑に出ています。まさに豪傑のように思えるかもしれませんが、いっぽうで繊細さも持ち合わせており、最近は短歌まで作るようになっています。


80歳を超えても私の父が元気に過ごしているのはまさに、感謝の気持ちを常に持ちつづけているからでしょう。というのも父は母に毎日「ありがとう」と感謝を言葉にして伝えています。たえず母に感謝をすることが、元気の源となり、傲慢になることなく、豊かな人生を作ってくれているような気がしています。


みなさんも、ふだんから感謝の気持ちを持って、「ありがとう」「いただきます」「ごちそうさま」を口に出すようにしてみませんか。


この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。



※本記事は、カラダネから全文転載しております。オリジナル記事をご覧になりたい方はこちらから。



写真/©カラダネ



執筆&コメントをしてくださった専門家のご紹介

専門家のご紹介

「脳の学校」代表・医学博士 加藤 俊徳

●株式会社「脳の学校」

〒108-0071

東京都港区白金台3-13-15-104

http://www.nonogakko.com


医学博士。加藤プラチナクリニック院長。昭和大学客員教授。

MRI脳画像診断のスペシャリストで、胎児から超高齢者まで1万人以上のMRI脳画像とともにその人の生き方を分析。現在もクリニックで脳診断に従事する。

脳番地トレーニングを提唱した『脳の強化書』シリーズ(あさ出版)はベストセラー。

新刊「今日からお金が貯まる脳トレ」(主婦の友社)「脳を強化する読書術」(朝日新聞出版)



▼関連記事▼

自律神経チェックリスト[乱れタイプ別]整え方を専門医がアドバイス

ほうれい線を消す2つの「舌回し(ベロ回し)」歯科医の簡単エクサ

鼻水・鼻づまりの原因診断とセルフ解消法5選

【松井薫先生の5秒トレーニング】太もも・お尻・二の腕の部分痩せダイエット

  • カラダネ編集部

    カラダネは、病気や美容の悩みについての「正しい知識」と、改善のための「自力療法」を紹介する健康情報サイト。流行の健康法も多数掲載中。健康雑誌の専門編集者が、医師などの話をもとに記事を編集しています。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ