女性のカラダ

生理周期と女性ホルモンのこと知っていますか?

様々な世代の女性

自分の生理周期を正しく知ると、ひと月の体や心のリズムがわかります。それだけでなく、私たち女性が気になるお肌のリズムまで、わかります。


なぜかというと、生理周期は、女性ホルモンの変動の波とリンクしているからなのです。心、体、そして肌ケアのためにも、ひと月の生理周期のリズムを知っておくと役立ちます。


心と体、肌のために、女性ホルモンの波に着目してください。女性の心、体、肌の状態は、女性ホルモンが大きく影響しています。


生理後から排卵までのエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が盛んな時期は、ひと月の中で、最高に肌がキレイで心も体も安定しています。不調が最も少ない時期です。


一方、排卵後、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が盛んになると、心、体、肌の状態もトーンダウン。体調が落ちて、イライラ、ニキビ、吹き出物が出やすいなど、トラブルが増える時期です。


女性は、生理周期による女性ホルモンの波によって、心、体、肌が変化することを知って、ケアすることが大切なんです。

ひと月の中でこんなに変化するなんて、「頑張っているんだなあ」となんだか自分がいとおしくなってしまいませんか。それぞれの時期の特徴を知っておくと、快適に過ごす方法もわかります。


生理中

代謝が悪くなって免疫力が落ちがち。貧血や生理痛が起こる人も。体も心も憂うつなことが多いですが、生理後半はリセットされて、スッキリしてきます。


生理後

1か月の中で一番安定。元気で心も穏やか、お肌もキレイです。代謝がいいため、ダイエットしやすい時期です。


排卵

排卵前後は妊娠しやすいとき。お腹がチクッと痛むなど、なかには排卵痛が起こる人もいます。


排卵後から生理前まで

排卵後は、体も心も穏やかでニュートラルな状態。ところが生理が近づいてくると、体も心もお肌も不安定。特に、生理前1週間ころからは、むくみ、体重増加、吹き出物、イライラなど、生理前の不調、PMS(月経前症候群)が起こりやすくなります。


▼著者:増田美加の人気コラム▼

生理時の出血、多い?少ない?これって病気ですか?
人に聞けない…経血の量“多い・少ない”の目安は?
妊娠していないのに生理が遅れる原因は?
生理痛で片づけないで!生理痛に潜む病気とは?
妊活コラム「治療すべき生理不順とそうでない生理不順がある?」
  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ