女性のカラダ

いつまで産めるの? 将来、産める心と体は?

増田美加先生

いつか赤ちゃんは欲しい。でも何歳まで産めるの? と不安や疑問に思ったことはありませんか?


将来、産める体であるために、今、何をしておく必要があるのでしょうか。



卵子の老化は、30代から始まって、30代後半には加速してしまいます! 当然ですが、いつまでも産めるわけではありません。

平均寿命が長く延びて、女性は昔よりずっと長生きになりました。でも産める時期というのは、今も昔も変わっていません。閉経の時期は、今も昔も50.5歳。今の女性は、若々しくなって昔の女性より10歳も20歳も若く見えます。見かけは若くても、卵巣や子宮の寿命は変わっていないのです。



それから、「生理があるうちは産める」と思っていませんか? そうではありません。生理があっても、きちんと排卵していなければ、妊娠はできません。30代後半には卵巣の働きが低下してきますので、妊娠・出産する確率も低下します。


「45歳とか47歳で産んでいる有名人や芸能人がいるじゃない」と思っているかもしれませんね。でも、初産で40代で産めるのは非常にまれなことです。


20代の不妊は数%しかいないのに、40代では60%を超えます。それに、せっかく妊娠しても、育たずに流産してしまう割合も高まり、流産率は30代後半で20%、40代では40%にはね上がります。


やはり妊娠力が高いのは、35歳まで。高齢出産になる35歳からは、まだ妊娠力はあるものの、かなり低下する年齢と考えざるを得ません。そして、妊娠力は40歳になると激減すると考えてください。



では、あなたの妊娠力をチェックしてみましょう。


●生理が規則正しいだけでなく、排卵が毎月ある

●子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫などの病気がない

●規則正しい生活と食事に気をつけている

●タバコは吸わない

●体脂肪率は29%未満

●ひどい冷え症や強いストレスがない

●無理なダイエットをしたことがない



でも、病気がないか定期的に婦人科の検診でチェックしていますか? 自覚症状がまったくない病気もありますので、要注意です。


喫煙は著しく妊娠力を低下させますし、規則正しい生活も大事。太りすぎも、やせすぎもNG。ストレスや冷えは、卵巣の機能を低下させます。


妊娠力アップのためには、検診や日常生活など、自分で努力してできることはいろいろありますね。

  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ