女性のカラダ

こんな生理痛は病気かも!?放置厳禁な生理痛の特徴と原因

酷い生理痛

おなか周りの張りや重苦しさを感じる生理痛なら、誰にでもありますが、痛みがひどくて仕事を休んだり、鎮痛剤を飲まないと日常生活に支障をきたすような痛みは、ただの生理痛ではありません。病気の可能性もあります。


生理はそもそも痛むものではないって知ってました?

そもそも生理というのは、そんなに痛いものではないんです。


思春期の10代の生理はまだまだ不安定なところがありますから、痛みをしばしば感じやすいのは事実。

でも、20歳を過ぎてしばらくしても、相変わらず生理痛がつらくて…という人は、早目に婦人科を受診してください。


ちなみに私は、多少、腰周りや太ももの前側が張るような違和感を覚えたことはありますが、鎮痛剤を読むような生理痛は一度も経験していません。


生理痛で片付けている痛みに潜む病気も…

ひどい生理痛が続く場合は、月経困難症、子宮内膜症、子宮筋腫などが原因のこともあります。


生理中、日常生活に支障をきたすような痛みが続く場合は、月経困難症と診断されます。さらに、子宮や卵巣などに、本来子宮の内側にあるべき子宮内膜が飛び火していると、子宮内膜症の可能性が。また、子宮に良性のしこりがある場合は、子宮筋腫。

これらは、みな20代、30代の女性に非常に多く、生理痛をともなう病気です。


気になる事が出てきたら婦人科に行こう!

もちろん、不規則な生活、冷え、強いストレス、慢性疲労の状態が続いたりすることによる体調不良が原因のこともあります。


でも自分では判断がつかないので、病気が隠れていないことを確かめるためにも、婦人科を受診しましょう。

低用量ピルなど、月経困難症、子宮内膜症などに効く治療法が今、進んできています。低用量ピルは、生理痛によく効く薬です。生理の出血量も減って、生理が軽くなる方も多く見られます。


生理痛に限らず気になる事が出てきたら婦人科に行ってみてくださいね。

  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ