女性のカラダ

もう薬局で待ちたくない!待ち時間をゼロにする裏技とは

お薬予約サービス

体調不良で病院に行った帰り、薬局で長時間待たされてうんざりした、という経験を持つ方も多いのではないでしょうか?


薬局での待ち時間が長くなると、二次感染のリスクも高まりますので、できればお薬はさっと受け取って帰りたいもの。


今回は、薬局で待ちたくない人のための裏技をご紹介します。


意外と知らない、薬局の真実【処方せんは全国どこの薬局でも使えます!】

「裏技っていうけど、病院の近くの薬局が混んでるときは待つしかないんじゃない?」

と思われる方もいらっしゃるかと思います。


意外と知られていないことですが、薬局は全国どこの病院の処方せんでも受け付けてもらえます。


病院の近くの薬局に行かないといけない、と思っていませんか?

実は日本の薬局は「正当な理由なく処方せんを断ってはいけない」と法律で決められています。ですから、ご自身の好きな薬局に処方せんを持っていってもいいのです。


つまり、病院近くの薬局が混んでいる場合は、別の空いている薬局を利用すればいいんですね。


薬局の薬は予約できる!無料サービスで待ち時間がゼロに

お薬予約サービス

ただし、どこの薬局がすいているか、というのは行ってみないと分かりません。

それに、薬が多い場合などは、どの薬局を利用しても調剤に時間がかかってしまいます。


そんなときは、薬を予約すればいいんです。


「病院の予約は分かるけど、薬を予約する?」

とピンとこない方が多いかもしれませんが、薬の予約は、近年広がりつつあるサービスのひとつです。


そういったサービスを利用すると、待ち時間がほぼゼロになります。


お薬予約サービス『処方便』の使い方

お薬予約サービスとしては、『処方便』が有名です。

全国には、調剤受付をしている薬局が5万7千店舗あり、そのうちの7千800店舗がこのサービスを取り入れています。


使い方は簡単です。


①薬局を探す

まず、処方便のサイトから利用したい薬局を選びます。


②処方せんを撮影する

お薬予約サービス

つぎに、処方せんを撮影し、選んだ薬局に送付します。


③通知を受け取る

お薬予約サービス

薬の準備ができ次第、薬局からメールで連絡がきます。


④受け取る

お薬予約サービス

好きな時間に受け取りに行きます。


★処方便の詳しい使い方はこちらから



【体験】お薬予約サービスを実際に使ってみた

筆者も実際にこのお薬予約サービスを使用してみました。


まず、会社の昼休みに病院に行き、処方せんをもらいます。

病院で少し待ち時間があったので、ランチを食べる時間を考慮すると、薬局に行っている時間はありませんでした。


ランチを食べながら処方せんをスマホでパシャリ。

自宅の近くにある、よく行く薬局に処方せんの写真を送っておきます。


すると、20分ほどで、「お薬の用意ができました」とスマホに連絡が。

午後の勤務を終え、会社帰りに薬局によると、すぐにお薬を受け取ることができました。


実際に薬を受け取るときに、お待ちになっていた他の患者さんもいたのですが、窓口に行って「処方便で予約しているものです」と薬剤師さんに伝えると、すぐに対応してくださいました。


ちょっとお得な気分になれるサービスでした。


お薬予約サービスを利用するメリット4つ。薬局も選ぶ時代に

お薬予約サービス

実際に利用してみて感じたメリットは主に4つありました。


①時間が有効に使えてストレスがない!

これがやはり一番大きなメリットですね。

病院でも待って、薬局でも、となると、体調不良の身には辛いものがあります。

予約しておくと好きな時間に取りに行けますし、いつも混んでいる薬局でもさっと受け取りができるのが嬉しかったですね。


②二次感染が防げる

インフルエンザの季節などは特に、薬局に長時間いるのは気が引けますよね。

お薬予約サービスを使うとことで、感染するかも、という不安がなくなったので、気兼ねなくお薬を受け取りに行くことができました。


③体調管理がしやすくなる

今までは、病院の近くの薬局で薬を受け取っていたので、いろいろな薬局に行っていました。でも、予約をするようになってから、ひとつの薬局を決めて、そこで受け取ることが多くなりました。かかりつけの薬局ができたので、薬の服用履歴についても把握してもらえていて、飲み合わせなどについても安心して相談できるようになりました。


④忙しくて4日以内に、薬が受け取れないときも安心

処方せんには期限があります。

受け取ってから「4日以内」に薬局に出さなくてはいけません。

ここでポイントなのは、この4日以内というのは、お薬を受け取る期限ではなくて、「薬局に処方せんを出す期限」のことだということです。ですから、4日以内に希望の薬局に処方せんを送っておいて、あとで取りに行く、という裏技も可能です。


以上のことから、お薬の予約は、

・仕事や学校などで忙しくて時間を有効に使いたい方

・お子さんなどがいらっしゃり、二次感染が不安な方

・慢性疾患があり、定期的に薬局に通う必要がある方

・多数薬を飲んでいて、調剤に時間がかかる方

などにおススメできるサービスだと思いました。


薬局を賢く利用して、ご自身の健康管理に役立てていただければ幸いです。



▼女性のお悩みをもっと見る▼

乳がんの真実①「乳房再建」 ~乳がん経験者からのメッセージ~
吹き出モノを根本から改善する習慣と漢方
あなたの【冷え】タイプは? タイプを知って適切に対処しよう
PMSを漢方の考え方で対処してみよう!
風邪・インフルエンザ対策と漢方
初めてでも安心!婦人科の選び方

  • 今来 今(フリーライター)

    神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ