女性のカラダ

【基礎体温】28日で変化する体のリズムを知る

基礎体温

基礎体温で何がわかるの?

私たち女性は、ひと月の間で体と心と肌のリズムが大きく変わります。元気で肌の調子がいいときもあれば、不調で疲れきってしまうときも…。

基礎体温を測っていると、変化する自分のリズムが予想できます。便利だと思いませんか?


まずスケジュール管理に便利です。

基礎体温を測ると、生理周期のリズムがわかって、旅行やデート、勉強や仕事、出張の予定が立てやすくなります。


基礎体温計で測った基礎体温は、「基礎体温表」に記入して、自分の記録として役立てられます。

「去年の今ごろ、体調はどうだったかな?」と振り返ってみると、今月のスケジュールが立てやすいかもしれません。クリニックを受診したときや、検診に行く時期を書いておくのにも使えます。


ひと月の体、心、肌のリズム

基礎体温

私たち女性の体、心、お肌のリズムは、ひと月の生理周期とリンクしています。ひと月の中で細かく体調が変化するなんて、「頑張っているなあ」といとおしくなりますね。変化するそれぞれの時期の特徴を知ると、快適に過ごせます。ひと月の変化は、5つに分かれます。


①生理期

生理中は代謝が悪くなり、免疫力が低下しがちです。貧血や生理痛がある人もいますね。体はしんどく、心は憂うつ。でも生理後半は徐々にスッキリしてきます。


②キラキラ(エストロゲン)期

生理後は、エストロゲンが分泌して1か月の中で一番安定する時期です。体調もよく、心も穏やか、肌もキレイです。代謝もいいのでダイエットの成果が出やすい時期です。


③排卵期

卵巣から、卵が飛び出すのが排卵。排卵前後は妊娠しやすいときです。おなかがチクッと痛むなど、排卵痛が起こる人もいます。


④キラキラ低下期

排卵後は、体も心も穏やかでニュートラルな状態。やってくる“PMS期”に備えて、少しずつペースダウンしていきましょう。


⑤PMS(プロゲステロン)期

生理前は、プロゲステロンが多く分泌されるため、体も心も肌も不安定な時期です。プロゲステロンは水を溜め込む性質があるため、むくみ、体重増加が起こりやすくなります。ダイエットの成果も出にくいときです。吹き出物、イライラなど、生理前の不調が起こるPMS(月経前症候群)の時期です。


1か月で体、心、肌のリズムが絶好調なのは、なんといっても生理後の“キラキラ(エストロゲン)期”です。不調も少なく、元気に活発に過ごせる時期なので、勉強や仕事、出張、旅行の予定もこなせます。

 一方、“PMS期”は体、心、肌も不安定です。できるだけ予定は少なめにして、ゆっくりリラックスして過ごせるように心がけます。


体の危険信号や隠れた病気がわかります

基礎体温

基礎体温を測っておくと、体のリズムがわかるだけでなく、心配な病気が隠れていないか、などがわかります。

特に、基礎体温では排卵がきちんと起きているかどうかがわかります。生理が順調にあっても、排卵が起きていないことがあるため、基礎体温で見極めることが大事です。


基礎体温が「低温期」と「高温期」に分かれていれば、排卵が起きている証拠です。排卵が毎月起こっていれば、生理周期が多少ずれても心配はいりません。

でも、排卵が起きていない場合は、要注意です。20代~30代で無排卵(排卵していない状態)が続くと、不妊症や卵巣機能不全、子宮内膜増殖症などを引き起こす可能性があります。一度、婦人科を受診しましょう。


基礎体温の正しい計り方とグラフの見方

基礎体温

基礎体温は朝、目覚めてすぐ、動かずに布団の中で測ります。

体温計の先端を舌の裏側に入れて、軽く口を閉じた状態で測定してください。舌の上で測ると0.04~0.10℃の差が出てしまうと言われています。基礎代謝はその微妙な差を測るので、目が覚めて起き上がる前に測りましょう。

それから、なるべく同じ時刻に測定することで、ブレ(変動)の少ない正確な基礎体温が記録できます。

検温中に起き上がったり、動き回ったりはNGです。でも、朝ちょっとトイレに起きてしまったくらいなら、安静に約30分してから測ります。そして、そのことを基礎体温表にメモしておきます。

同じ時間に測れなかった場合は、測った時間をメモしておきます。あまり神経質にならず、おおらかな気持ちで測りましょう。とにかく続けることが大事です。


グラフの見方は…

最初に紹介したように、基礎体温のグラフは、だいたい5つの時期に分かれています。


まず、生理中の「①生理期」。女性ホルモンのエストロゲンがたくさん分泌している「②キラキラ期」。①と②のときは、基礎体温が低い「低温期」です。


次に、排卵が起こる「③排卵期」。排卵すると基礎体温はググッと高くなり「高温期」に入ります。基礎体温が高くなったら、「排卵した!」という証拠になります。

そのあと、女性ホルモンのプロゲステロンの分泌が多くなる「④キラピカ低下期」と「⑤PMS期」がやってきて、この間はずっと基礎体温は高い「高温期」が続きます。


その後、基礎体温が下がったら、生理がくる合図です。基礎体温を測ったことがない人はぜひ試してみてください。



▼著者:増田美加の人気コラム▼

【妊活】基礎体温でわかる妊娠&避妊のこと
【妊活】がんになっても子供は産みたい!『卵巣凍結』という方法知ってる?
生理前のニキビ&肌荒れ対策には?
【妊活】卵巣力をあげる!日常生活でできることって?
美容にいい○○のウソとホント2 お肌のゴールデンタイムってホント?
生理に関するアンケートで寄せられた悩みに答えます!生理痛編


  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ