女性のカラダ

吹き出モノを根本から改善する習慣と漢方

皮膚は内臓を写す鏡

皮膚は内臓を写す鏡です

皮膚の症状と体の不調とは深くかかわっています。ですから、「皮膚は内臓を写す鏡」と言われているのです。

漢方では、肌表面の吹き出物だけを診て治療をするのではなく、吹き出物の根本原因を探り、そこを改善させていくことが目的。

そして、根本原因の改善に合わせて、吹き出物そのものをよくしていく漢方薬を使うこともできます。

漢方では、吹き出物などの皮膚の炎症を“熱”ととらえます。

そして、熱を抑えることを目的にした“清熱剤”を使うのが基本です。“清熱剤”にもいくつかあって、その人の体質やそのほかの症状をみながら漢方薬が処方されます。


吹き出物の治療で用いることが多い漢方薬

吹き出物治療の漢方薬

吹き出物、そのものにアプローチする漢方薬でよく処方されるものをあげてみます。


・清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)

体力が普通よりまあまああって(中等度以上)、赤ら顔で、のぼせのある人の吹き出物、ニキビ、顔面・頭部の湿疹などに使われます。


荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)

体力が普通よりまあまああって(中等度以上)、皮膚の色が浅黒い人の吹き出物、ニキビ、慢性鼻炎などに使われます。


桂枝茯苓丸加薏苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)

比較的体力があって、肩こり、頭重、のぼせ、足冷えなどがある人の吹き出物、ニキビ、シミなどに使われます。


根本原因を治して吹き出物を改善するには…

吹き出物を改善するには

体の根本原因から治す本治療では、吹き出物の原因に、便秘や下痢などの胃腸障害があれば、おなかの調子を整える漢方薬を使います。

また、冷えや血行不良が背景にあれば、体を温めて冷えをとったり、血行をよくしたりする漢方薬を用います。

吹き出物やニキビが化膿しやすい人は、免疫力を高めて、感染しにくい体質に変える薬を処方します。

このように、根本的な不調を改善して、吹き出物の治療を行うと、生理不順が治ったり、お通じがよくなったり、おなかの調子が整ったりすることがよくあります。


漢方の診察では、「四診」という方法を行います。吹き出物以外のことを尋ねられたり(聞診)、おなか(腹診)や舌(舌診)、脈(脈診)を診たりします。

吹き出物を治すのに、処方される漢方薬が胃腸の薬だったり、虚弱体質や冷えを治す薬だったりすることも…。さまざまです。

根本原因の改善は、体質改善を目的にするので、ある程度長期にわたって服用することが必要です。根本原因を治すには、根気よく飲み続けることが最大のポイントになります。


普段からの乾燥対策も吹き出物予防には大事

冬の感想対策は

冬の湿度は、夏の3分の2程度と言われています。冬は乾燥する季節ですね。

季節の乾燥に追い打ちをかけるのが、体の季節変化。秋や冬の発汗量や皮脂量は、夏と比べて圧倒的に少なくなります。この時期の乾燥は、体と環境の両面から進んでしまいます。

皮膚は、ウイルスや花粉といった外敵の侵入を防ぐバリア。表皮、真皮、皮下組織の3層からできていて、表皮のいちばん外側にあるのが角層です。角層の細胞内には天然保湿因子、細胞間にはセラミドが存在しています。

これらの成分が不足して肌乾燥が進むと、バリア機能の低下で外部の刺激を受けやすくなり、その結果、赤みや炎症、かゆみなどの症状が出ます。弾力性、柔軟性も失われるので、ちょっとしたことで肌が傷がつきやすくなります。


加齢、ストレス、女性ホルモンの低下も乾燥を進めます

ストレスは女性ホルモンを低下させる

肌の保湿力は年齢とともに低下します。皮脂の分泌が減るためで、女性ホルモンの分泌低下による影響もあります。ストレスによる自律神経バランスが乱れても、肌は乾燥します。

乾燥は、肌バリア機能を低下させて、吹き出物などの肌トラブルの原因になります。たかが乾燥とあなどらずに、適切なケアをしてください。


保湿は種類より塗るタイミングが大事

保湿は塗るタイミングが大切

保湿成分がしっかり含まれているローションやクリームを、すり込まないようやさしく塗ります。入浴後だけでなく、乾燥が気になったら、マメに塗るのが保湿効果を保つコツです。

保湿成分は、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などさまざまな種類があります。使い勝手のよいものを選べばいいと思います。

それから、加湿することは最も大事。加湿器で部屋の湿度を40~50%に常にしておくこと。風邪やインフルエンザの予防にもなります。

このように、スキンケアや加湿する環境に加えて、漢方薬で体の中から巡りをよくして冷えを改善して、うるおいを与えることもできます。

漢方薬と肌養生で、吹き出物対策は万全ですね。



▼著者:増田美加の人気コラム▼

あなたの【冷え】タイプは? タイプを知って適切に対処しよう
PMSを漢方の考え方で対処してみよう!
風邪・インフルエンザ対策と漢方
骨盤底筋群は緩んでいませんか?
性交痛はどう治療する?
デリケートゾーンの悩み
  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ