女性のカラダ

体調が丸わかり!「基礎体温」4つのグラフ波形を知ろう 独女のひとり妊活#31

基礎体温グラフをつけてますか

ひとり妊活の実践者として、こつこつと基礎体温をつけている私。でも、周りの友達からは珍しがられるんです。「今すぐ妊娠を望まないのに、基礎体温つける意味なくない?」って。


うーん、たしかにそう言われてみればそうかも。確かに、まだ結婚してるわけじゃないのに、基礎体温って意味あるのかな。


すると、私の子宮からため息が聞こえてきました。


子宮「ハァ~っ!基礎体温の大切さが分かってないなんて!今回は、基礎体温がいかに大切なことなのか、きっちり教えてさしあげるわ。耳の穴かっぽじってよく聞きなさい」


そもそも、基礎体温って何?

子宮「基礎体温とは、朝目が覚めた後の、身体を動かす前の体温のこと。動いたりすると体温は上がるから、ま、もっともフレッシュな体温ってことね」


私「もっともフレッシュな体温!なるほど」


子宮「女性は生理の周期の中で、体温が上下するんだけど、それが健康のバロメーターになるの」


私「基礎体温で『排卵』のタイミングが分かる、というのは保健体育で習った気がする」


子宮「そう。それだけでなく、生理がくるタイミングや、妊娠力があるかどうか、重要な病気・症状が隠されているのも基礎体温でわかるのよ。だからひとり妊活実践者なら、毎日やるべき、基礎中の基礎中の基礎、くらいの常識よ!」


普通の体温計では「基礎体温」は測れない!

婦人体温計

私「基礎体温って、風邪ひいたときに測る体温計でいいの?」


子宮「ダメ!絶対ダメ~!『婦人体温計』を使うべし!」


私「わお、そんなに怒るなんて、よっぽどダメなのね。普通の体温計と何が違うの?」


子宮「婦人体温計はね、普通のものと違って、小数点2桁まで表示されるの。基礎体温の変化の幅は、わずか0.3℃から0.5℃程度だから、その微妙な違いを見極める必要があるのよ」


私「細かい!っていうか、基礎体温系ってどこに売ってるの?」


子宮「ビ●クとか、ヨ●バシとか、家電量販店にあるわよ。ヘルスケアのコーナーには、婦人体温計がずらっと並べてあって、比較がしやすいわ」


私「なるほど。要チェックね!」


ちゃんとできてる?「基礎体温の測り方」

子宮「測る時は朝。起き上がらず、そのままの状態で測ってね。脇に挟むのではなく、舌下にくわえるべし」


私「舌の下に当てるのね。なるほど」


子宮「ピピッと鳴ったら、体温のチェックを。毎日『女子カレ』に記録してね。グラフでわかりやすく見られるのよ」


私「わっかりやすぅ~い♪」


子宮「媚び媚びね(笑)。いや、ひいき目ナシにも、女子カレって体温の記録だけでなく、メモ欄があるから便利なの。たとえば、おりものが多いとか、下腹部が痛いとか、そんな体調の変化も記録していってね」


グラフから低温期と高温期を見極めよう

子宮「だいたい1か月くらい記録を続けて、グラフをチェックしてみて。自分の体の状態が分かってくるわ。


正常な場合、基礎体温は2相に分かれるの。生理が来た日から排卵が起こる日までが『低温期』といって、ちょっと体温が低い時期。排卵後から、生理の前日までが『高温期』といって、ちょっと体温が高い時期よ」


私「毎日、女子カレに基礎体温を記録すれば一目瞭然ね。何℃になったら高温期、とかあるの?」


子宮「低温期と高温期の温度差は、0.3℃以上あればいいの。だから『36.50℃以上になった人は全員高温期です』というわけじゃないのよ」


体調が丸わかり!「グラフの波形」4タイプ

子宮「基礎体温のグラフは、大きく分けて4つのタイプに分かれるわ。それによって、体調が分かるから、必ず知っておくべしよ」


・正常な形

子宮「体温が2相に分かれて、低温期と高温期の日数がだいたい2週間ずつで同じバランスだと正常。ちなみに、高温期に入る前日、体温がガクッと下に下がっている日が『排卵日』です」


私「なるほど。中学校の授業を思い出してきた」


・ずっと低温期が続く

子宮「高温期が来ずに、低温期がずっと続くのは要注意。これは、排卵していない証拠よ」


私「排卵していないって、こわい……! 妊娠もできないじゃない」


子宮「そう。ちなみに、排卵していなくても生理は来るの(無排卵月経)。だから生理が来ているからって、安心するのは早いわ。きっちり基礎体温を付けて。この連載の第4回でも伝えたように、しっかり排卵されているか確認してね。


もちろん、月経が無い人も低温期がずっと続くわ。いずれにせよ、婦人科を受診してドクターと相談するべし!」


・高温期が短い

子宮「低温期が長くて、高温期が10日未満しか続かない場合。これも要注意。『黄体機能不全』と呼ばれる症状で、不妊の原因になり得るわ」


私「つまり、どういうこと?」


子宮「女性の身体を高温期にさせる『黄体ホルモン』というのがあるのだけど、これは子宮内膜を受精卵が着床しやすい状態に整えて、妊娠をサポートするホルモン。高温期が短いってことは、それがうまく分泌されていない証拠なのよね」


私「たしかに、黄体ホルモンが少ないなら、妊娠もしづらいってことね。これも婦人科の受診だね!」


・高温期がずーっと続く

子宮「最後は、高温期がずーっと続く場合よ。これはご懐妊の可能性が高いわ!妊娠すると高温期が長く続くの。生理も来ないわ」


私「なるほど。さっき出てきた妊娠をサポートする『黄体ホルモン』がずっと分泌されていて、体温も高いままになるのね。これも、婦人科マストだわ!」

妊娠の証

ひとり妊活実践者なら、基礎体温はマスト!

私「基礎体温がひとり妊活に大切だって、改めて知ったわ」


子宮「でしょう。きちんと生理が来ている人でも、安心しないこと。生理が遅れている人も、基礎体温で原因がわかるかもしれないわ」


私「引き続き、記録続けます!」

(……なんて偉そうなこと言ってるけど、最近サボってるなんて言えない)


子宮「聞こえてるわよ(怒)」


私「うわああ、すいません!すいません!」



連載【独女のひとり妊活】バックナンバー

妊活風水! インテリアで妊娠力を高める方法 独女のひとり妊活#30

生理不順が改善した私がやった4つのこと 独女のひとり妊活#29

卵子凍結について、皆どう思ってるか聞いてみた ひとり妊活#28

卵子凍結って、実際どうなの!? 独女のひとり妊活#27

妊活で「これだけはやるべき」4つの体質改善 独女のひとり妊活#26

知っておきたい「男性不妊」の基礎知識 ひとり妊活#25

  • 東 香名子(恋愛コラムニスト)

    編集プロダクションを経て「東京独女スタイル」編集長を歴任。独身女性の視点から、恋やライフスタイルを分析したジャーナリスティックなコラムを得意とする。独身女性の生態に詳しい識者としてテレビ、ラジオ……

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ