女性のカラダ

風邪・インフルエンザ対策と漢方

風邪と漢方

風邪には葛根湯だけではありません

寒い日が続くようになって、風邪が流行っています。インフルエンザも流行の兆しが…。風邪やインフルエンザが増える前に、風邪とインフルエンザの対策に役立つ漢方的養生法をご紹介します。


漢方の考え方では、「風邪にかかったらまず、体を温めることで治癒を早める」ことで治療を進めていきます。

そこが「症状をとって治療をしていく」という西洋医学と違うところ。


そのために使う漢方薬は、ひとりひとりの体力や体質、抵抗力の程度(虚証・実証)や、ひき始めか、治りかけかなど、風邪の時期によっても変わります。

「風邪には葛根湯(カッコントウ)!」というイメージがあると思いますが、必ずしも葛根湯だけではなく、その人の体力や症状、証(体質、タイプ)などによって、ほかの漢方薬が処方されることも少なくありません。


体力がある人と虚弱な人とでは、お薬が異なります

たとえば、比較的体力のある(実証)若い人が風邪を引くと、熱がグンと上がって、寒気がして、体の節々が痛くなります。これは、体温を上昇させてウイルスの増殖を防ごうとする防衛反応です。


また逆に、体力がなく虚弱なタイプ(虚証)の人や年配の方が風邪を引くと、微熱が続いて疲労感や胃腸障害などが現れ、なかなか治らず、風邪をこじらすこともあります。


このように、体質やタイプ、年齢によって風邪の症状の現れ方はさまざまなのです。 漢方医療では、診察で、脈、舌、お腹などを診て、体の状態を診断。体を温めて正常に引き戻すための漢方薬を選んで、症状を取り除いていきます。


葛根湯だけじゃない風邪の漢方薬

比較的体力のある“実証”の人の風邪のひき始めなら、体を温めて、発汗を促す「葛根湯(かっこんとう)」が用いられます。葛根湯は、体を温める代表的な漢方薬です。悪寒、発熱、 頭痛、首の後ろや背中がこって痛い、汗があまり出ない、といったタイプには、効果があります。


また、「麻黄湯(マオウトウ)」という漢方薬も風邪に使われます。麻黄湯は、葛根湯よりもさらに強力に発汗を促す漢方薬です。体力があり、高熱(38.5℃以上)、強い筋肉痛や激しい悪寒など、比較的重い風邪症状のときに使われます。


ほかに、「桂枝湯(ケイシトウ)」は、汗がじんわりと出るような軽症の風邪に使います。


比較的体力がない女性や年配の人で、寒気が強い、顔色が青白い、咳、喉の痛みがあるなどがある風邪には、「麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)」を使います。


このほか、咳がひどい場合は、喉を潤して咳を止める「麦門冬湯(バクモンドウトウ)」。

痰の多い咳で、不眠が続く人には「竹茹温胆湯(チクジョウンタントウ)」などがよく使われます。


また、吐き気、胃のつかえ、胃痛などが起こりやすい場合は、「柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)」を使います。


このように、風邪とひと言でいっても、その人の体質や体力、風邪の具合によって、オーダーメイドのように一人ひとりに合った薬を処方するのが漢方薬の特長です。


風邪の引き始め→本格的になってからの漢方薬

風邪は、時間の経過によって症状がどんどん変わっていきます。

たとえば、最初は、喉が痛い、寒気がする、微熱っぽいなど。そのうち、熱が出て、頭痛、悪寒、筋肉痛などが起こります。熱が下がってくると、今度は咳、鼻水、痰がからむなどに変わってきたりします。


そのため、お薬は、風邪を引いている間ずっと使い続けるというより、症状に応じて次々と変えていくという方法がとられます。

ここに、風邪で使われることの多い漢方薬をまとめました。


●引き始め(急性期)

「麻黄湯(マオウトウ)」 比較的体力があって、寒気、発熱、頭痛、咳がある人の風邪や、鼻風邪などに


「葛根湯(かっこんとう)」 体力は中等度以上にある人の風邪の初期(無汗)、鼻風邪などに


「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」 体力が中等度か、またはやや虚弱で、薄い水様の痰をともなう咳や鼻水が出る人の風邪、鼻炎などに


「桂枝湯(けいしとう)」 体力が虚弱で、汗が出る風邪の初期に


「麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)」 体力が虚弱で、手足に冷えがあり、ときに悪寒がある人に


「真武湯(しんぶとう)」 体力が虚弱で、冷えがあって、疲労感や倦怠感がある人の風邪に


「香蘇散(こうそさん)」 体力が虚弱で、神経過敏で気分がすぐれない人の風邪の初期に


●風邪の中期から後期(慢性期)

「麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)」 体力が中等度以上で、咳が出て、ときに喉が渇く人の風邪に


「柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)」 体力が中等度、または虚弱で、ときに微熱・吐き気がある人の風邪の中期から後期の症状に


「竹茹温胆湯(ちくじょうんたんとう)」 体力が中等度の人の風邪で、回復期に熱が長引いたり、咳や痰が多いときに


「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」 体力が虚弱で、元気がなく、胃腸の働きが衰えて、疲れやすい人の風邪などに


漢方薬は、長く飲み続ける薬というイメージがありますが、風邪のときのように、そのときだけ飲む漢方薬もたくさんあります。

特に漢方薬は、症状が軽いうちがよく効きます。風邪もこじらせてからより、「なんだか風邪っぽい」くらいのときに飲めば、1包飲みだけで効くことも少なくありません。


だから、漢方薬は未病の薬とも言われるのです。もちろん、長く続く慢性の病気には、長く飲み続けることで効いてきたり、体質そのものを変えて慢性の病気を改善したりする力もあります。

漢方薬の特徴を知って、不調のうちに上手に使う知識をもつと、病気知らずの体をめざせます!


▼著者:増田美加の人気コラム▼

骨盤底筋群は緩んでいませんか?
性交痛はどう治療する?
デリケートゾーンの悩み
脚のむくみ、原因は病気!?脚をむくませる病気をチェックしよう
私たちの力になってくれる婦人科医の選び方
生理周期と女性ホルモンのこと知っていますか?
  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ