女性のカラダ

ムリな対策にさよなら!今すぐできるPMSとの付き合い方

解放的な女性

こんにちは、トイアンナです。あなたの生理はどこから?私の生理は気分から。


ある日突然暗くなる視界。「どうせ能力もないくせに」と根拠のない自己分析。鏡に映る自分がデブに見える。もちろん仕事でトラブってもいないし、体重は据え置き。ということは……生理様のおな~り~!!(涙)


と、ド派手に落ち込む生理前ですが、私のように症状が重い人はPMS(生理前症候群)として立派な医療の対象です。いきなり結論ですが、PMSに悩んだらサクっと病院へ行ってください。ハーブや漢方から強烈な鎮痛剤まで、症状を緩和する薬の研究が今も行われています。


この記事では「処方をもらう」という奥義を使う前の段階からPMSをうまく付き合う方法をお伝えします。


■自分の症状を書き出す

「生理前になるとイライラする」「何をしても眠い」といった自分でもそれとなく分かっているPMSの症状ですが、具体的にいつ・何が起きているかまでは把握できていないかと思います。いつ・どんな症状が出るか分かっているだけでも、すぐに生理前と気づいて余裕を持てるようになります。まずは症状をリストアップしてみましょう。


まず、次の生理スタート日をざっくり把握して「次は○日からだから、PMSはたぶんこの日あたりに始まるはず」とスケジュール帳へ目星をつけておきます。


そしてPMSが始まったら、そのときの症状をメモしていきます。


ここでは実際に私が前回に味わった症状を書いてみました。


2017年1月1日(生理3日前)

・イライラしてパソコンがフリーズすると画面に向かって怒る

・理由もないのに線路へ飛び込みたくなる

・仕事の速度が1/2まで落ちる

・ドカ食いしたくなったがプロテインバーで堪える


2017年1月2日(生理2日前)

・一緒にいる友達に嫌われてるんじゃないかとネガティブな妄想

・揚げ物をむしょうに食べてしまう


2017年1月3日(生理1日前)

・21時間爆睡

・仕事は停滞したが寝たおかげで体調はやや改善


と、こんな風に詳細をメモすると来月同じ症状が起きても「これはPMSだ!」と気づきやすくなります。自分が悪いんじゃないかと責めたり誰かへ怒ってしまったりする前に、単なる体の不調だと気づければ自制しやすくなるのがメリットです。


■あらかじめPMSでダメな日を見越して仕事する

PMSの期間は思うように仕事や家事がうまくいかないと落ち込みやすいものです。でも、もし次のPMSがいつ来るか大体わかっていたら、あらかじめ仕事や家事をPMS前に片づけておくこともできるはず。ここでは大まかに仕事とプライベートの予定でできることをお伝えします。


仕事でできる対策

ムリしてPMS当日に低空飛行で仕事するより、前々日から残業して終わらせておく。接待の日程とPMSの時期をずらす。本当にしんどい方は「最近体調が悪くて……」と後で帰りやすくなる伏線を上司へ伝えておき、いざとなったら帰る。


プライベートでできる対策

飲み会やデートの日程をPMSの時期とずらす。鎮痛剤を持ち歩く。ホッカイロなど、体を温めるグッズをポーチへ追加。落ち込んでも「大丈夫、生理前なだけだから」と言い聞かせる。


ここまでの対策はすべて「PMSがいつかスケジュールで分かるようにする」ことから始まります。毎日計算するのが面倒な方は生理日計算アプリなどを活用し、生理日と一緒に「次のPMS」を計算しておきましょう。

少しでもPMSで受ける影響が少なくなるよう、一緒に乗り越えていきましょう!


著者・トイアンナさんの人気コラム

人を傷つける性格、自己愛性パーソナリティ障害から立ち直るまで
外反母趾でも諦めたくない!経験者が教えるハイヒールの楽しみ方
10年ピルを飲んで手に入れた「妊娠する権利」
出血しても不安にならないで!1カ月目のピル講座
  • トイアンナ

    外資系企業で消費者インタビューを経験後ライターとして独立。500人超のヒアリングから女子の楽しさも悲しさもぎゅっと詰め込んで文章にしています。現在はアラサーの恋愛とキャリアを中心に多くの媒体で連載中。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ