女性のカラダ

産後ダイエットは何をすればいい?注意点もご紹介

産後ダイエットに励む女性

妊娠中は、どうしても体重が増加してしまうもの。「出産すればもとに戻る」と思ってはいませんか? 

出産時に増加した体重は、なかなかもとには戻らないもの。意外とお腹が戻っていないことにショックを受けたママさんも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの産後ダイエットを、注意点をあわせてご紹介します。


赤ちゃんを産んでもお腹は元には戻らない

子どもが大きくなるに連れて、お腹も大きくなりますが、出産すれば増えた分はなくなると思いがちですが、それは大きな間違い!


伸び切ったお腹の皮膚をそのままにしておいても、もとには戻りません。

ひどい場合は、皮膚の中に脂肪がたまり、妊娠中と変わらない体型になってしまうことも。

これがいわゆる産後太りの原因の一つと言われています。


産後ダイエットは何をすればいい?

産後太り

産後ダイエットにおすすめなのは、以下のポイントを押さえた運動です。


・自宅で気軽に取り入れられるもの

産後まもない子どもを連れて外出するのは、なかなか大変!

一般的に、子どもと外出しても良いと言われるのは、産後1ヶ月以降と言われます。しかし、たとえそれ以降であっても、乳飲み子を連れて出かけるのは、気を使うことも多く、また荷物も大きくなってしまうので、できれば避けたいところ。

その点、自宅で気軽に取り入れられるものなら、今日からでも始められますよね。これから運動を取り入れるなら、自宅で簡単にできるものを選んでみましょう。


・骨盤の歪みを矯正できるもの

出産で骨盤が歪んでいるため、そのままにしておくと、骨盤が歪んだまま肉がついてしまい、太る原因になってしまいます。

できれば骨盤を正しい位置に矯正できるような動きを取り入れた運動を行うのがおすすめです。


この点を踏まえた上で、おすすめしたい産後ダイエットをご紹介します。


最初にやるべきはコレ!【骨盤矯正】

骨盤矯正

骨盤を元に戻す骨盤矯正は、産後ダイエットの中でも重要なものの一つ。どんなダイエットをする場合でも、まず最初に骨盤矯正を行っておいたほうが、効果が見えやすくなります。

出産時、ママたちの骨盤は子どもを出産するために大きく開きます。開ききった骨盤は、産後徐々に縮んでいきますが、普段の姿勢が悪かったり、足を組むなど体が歪んでしまう行動を行ったりしていると、骨盤は歪んだまま縮んでしまいます。結果、骨盤が歪んでしまい、歪みが生じた部分に贅肉がついてしまうというわけです。


とはいえ、骨盤は何ヶ月もかけて縮んでいくため、毎日体が歪まない生活を送るのは大変なもの。だからこそ、何度も骨盤矯正に行って、歪みを直してもらうことが大切です。


できれば週に1度程度の頻度で足を運ぶのがおすすめですが、難しい場合は行けるタイミングで、できるだけ骨盤矯正に通うことをおすすめします。


まずは無理なく続けられる【ヨガ】

ヨガ

無理なく体を動かす方法の一つに、ヨガが挙げられます。ヨガは激しい運動をせずに、体の歪みを整え、心と体をリラックスさせる方法の一つ。産後太りを防ぎたい人はもちろんのこと、産後うつなどに悩まされている人にもおすすめの運動法です。


ヨガ教室に通うのも一つの方法ですが、子どもがいるとなかなか外には出れないもの。それなら家でセルフヨガを取り入れてみてはいかがでしょうか。


「目指せ美腹!!ヨガでお腹周りのケアを始めよう」などでもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


実は全身運動が出来る【ラジオ体操】

ラジオ体操

自宅で無理なく続けられる産後ダイエット法として、おすすめなのがラジオ体操です。

ラジオ体操というと、子どもの頃体育の時間や夏休みに行った記憶しかないという人もいるかもしれません。ただの準備体操と思っている人もいるかもしれませんが、それは大きな間違い。ラジオ体操はあらゆる動きを取り入れて作られた全身運動で、第一と第二を続けて行うことで、早足でウォーキングを行った程度のカロリーが消費できることがわかっています。

ラジオ体操を覚えていないという人は、NHKが配信しているネットラジオ「らじる★らじる」を利用してみては。毎朝6:30頃からラジオ体操が配信されているので、生活リズムを取り戻しながら、産後ダイエットにもなって一石二鳥!

実際に、指南されたとおりに体を動かすと、意外と汗が吹き出して、体がつらいと感じる人も多いはず。産後ですから、飛び跳ねるなどの激しい動きは避けつつ、日常生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。


産後ダイエットをする際の注意点

様々な産後ダイエットがありますが、実施する際には注意しなければならないこともあります。ここでは、ぜひ押さえておいてほしいポイントを2つご紹介します。


1.産後すぐに始めない

いくら早く痩せたいといっても、出産後すぐに産後ダイエットを取り入れるのは避けたほうがよいでしょう。

出産直後の体は、大事故に遭ったのと同じくらいの傷を負っていると言われます。本人に自覚がなくても、子宮内や産道は、子どもが通ったことで傷ついていますし、体力も消耗しています。出産直後はまず、体力を回復することを優先し、ダイエットはできるだけ避けるようにしましょう。


2.激しい運動はしばらく避ける

産後に激しい運動を取り入れてしまうと、ホルモンバランスが乱れ、将来的にひどい更年期障害に見舞われる可能性があるそうです。産後ダイエットを本当の意味で成功させるためには、激しい運動を取り入れずに、骨盤を元の形に戻していくことが大切です。


いかがでしたか?

産後ダイエットは出産後の生活が大切だと言われます。激しい運動を取り入れるのではなく、コンディションを見つつ、取り入れられることを少しずつ行っていくほうが、無理なく続けられます。今回ご紹介した運動も、良かったら試してみてくださいね。



▼著者:森和世さんの人気コラム▼

誰でも理想のふくらはぎになる!?ストレッチエクササイズ♡
冷えは美容の大敵!デコルテをスッキリ&小顔効果も抜群のヨガポーズ
出会いは第一印象から!スタイル美人になるストレッチ♡
気持ちいいから試してみて!朝からシャキシャキ動けるストレッチ
足のむくみを解消!ストレッチエクササイズ
バストアップエクササイズで今年は上向きに!
  • 森 和世(ビューティーヨガニスト)

    ダイエット=減量という考え方ではなく、理想のボディをデザインする「エクササイズ」いう考え方に基づき、美しく痩せるエクササイズを多数考案。現在、ヨガインストラクター・エクササイズディレクターとして活躍。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ