女性のカラダ

【妊活】日本初!将来の妊娠・出産のためのケアセンターが出来ました!!


将来の妊娠・出産のためのケアセンターができました!

コンセプション(Conception)とは受胎のこと。おなかに新しい命を授かることの意味です。

そして、プレコンセプションケア(Preconception care)とは、「将来の妊娠を見据えて、女性やパートナーが自分たちの生活や健康について向き合い、考えること」のためのケアです。

まさに、将来のために今できる妊活ですね。


このプレコンセレプションケアを行う施設が日本で初めて開設されました。国立成育医療センター(東京都世田谷区)で行われています。

日本初の、これから妊娠・出産を考える女性ためのケアセンターです。妊娠可能なすべての女性に、必要なプレコンセプションケアの相談、検診、最新情報を発信します。


妊活を考えている女性の今、現在の健康状態のチェックはもちろん、子どものころからの持病や、現在なんらかの病気治療中の人の相談、妊活中で思うような結果が得られないカップルのための相談にも力を入れています。



目的は女性とパートナーがより健康に、元気な赤ちゃんを授かるチャンスを増やすこと

プレコンセプションケアは、今、妊娠を計画している女性だけではなく、いつかは妊娠したいと考えている全ての妊娠可能な年代の女性にとって大切なケアです。


そのために、このセンターでは、「いつか妊娠を」と考えている全ての女性とパートナーが、現在の健康状態のチェックを受け、日々の生活や健康について各分野のスペシャリストたちに相談できることを目指しています。


特に、現在病気をもっている方や、子どものころから病気を持った方からの将来の妊娠・出産についての相談、なかなか妊娠しないカップル、妊娠してもこれまでに思うような結果が得られなかったカップルの相談に力を入れています。

また、これまでに妊娠に関する情報が十分になかった病気でも、妊娠・出産するために必要な情報を集め、妊娠前に知っておいてほしい最新の情報を発信していく予定だそう。


女性やパートナーがより健康になって、元気な赤ちゃんを授かるチャンスを増やし、さらにに女性や将来の家族が健康な生活を送ることをめざした、相談窓口や必要な検診やカウンセリングを行っています。


自分で自分をコントロールしつつ、健康な生活習慣を身につけることは、妊娠や出産のためだけではなく、より自分らしく人生を送ることにつながりますね。


すでに海外では、米国疾病管理予防センター(CDC) や世界保健機関( WHO) などが、このプレコンセレプションケアを提唱しています。


妊娠前に知っておきたい情報キーワード

以下は、女性とパートナーに、妊娠前にぜひ知っておいてほしいキーワードです。それぞれが妊娠・出産や生まれてくる赤ちゃんにどのような影響を与えるのか、国立成育医療センター(東京都世田谷区)プレコンセプションケアのホームページにその情報が配信されています。


食事・栄養 、たばこ、アルコール、やせ、 肥満、 基礎体温、 こころ、ライフスタイル 、血圧、血糖、 甲状腺 、腎臓、貧血、 骨、呼吸器 、膠原病・抗リン脂質抗体症候群 、 ウイルス感染症 、薬、 婦人科・子宮頸がん、 乳房チェック、 パートナー



将来の妊娠、出産のための妊活チェック

将来の妊娠、出産を叶えるために今から心がけたいプレコンセレプションケアです。チェックしてみてください。


女性用 プレコンセプションケア・チェックシート

☐ 適正体重をキープする。

☐ 禁煙する。受動喫煙を避ける。

☐ アルコールを控える。

☐ バランスの良い食事を心がける。

☐ 葉酸を積極的に摂取しよう。

☐ 週に150分は運動しよう。心も体も活発に!

☐ ストレスをためない。

☐ 感染症から自分を守る(風疹・B型/C型肝炎・性感染症など)。

☐ ワクチン接種をしよう(風疹・インフルエンザなど)。

☐ 危険ドラッグを使用しない。

☐ 有害な薬品を避ける。

☐ 生活習慣病をチェックしよう!(血圧・糖尿病・検尿など)

☐ がんのチェックをしよう!(乳がん・子宮頸がんなど)

☐ 持病と妊娠について知ろう。(薬の内服についてなど)

☐ 家族の病気を知っておこう。

☐ 計画:将来の妊娠・出産をライフプランとして考えよう。



男性にもプレコンセプションケアが必要です!

妊活は、女性だけの問題ではありません。男性も健康の大切さを理解して、日々ケアしつつ、赤ちゃんのできやすい体質になることが大事。下記をチェックしてプレコンセレプションにとって、大切なポイントを知ってください。


男性用 プレコンセプションケア・チェックシート

☐ 適正体重をキープする。

(肥満は、生活習慣病や心血管病の原因に。また、肥満は男性不妊と関連することがあります。急なダイエットではなく、バランスのよい食事と適度な運動を日常生活に取り入れて、健康的なダイエットを心がけて)

☐ たばこや危険ドラッグ、過度の飲酒はやめる。

(受動喫煙は低出生体重児の原因になることがあります。また、たばこや危険ドラッグ、過度の飲酒は、男性不妊の原因になるため注意が必要)

☐ ストレスをためこまない。

☐ 感染症から自分とパートナーを守る(風疹・B型/C型肝炎・性感染症など)。

☐ ワクチン接種をしよう(風疹・おたふくかぜ・インフルエンザなど)。

☐ 自分と家族の病気を知っておこう。

(生活習慣病や遺伝性疾患などは、生まれてくる赤ちゃんにも影響を与える場合があります。自分と家族の病気を知っておく)

☐ パートナーと一緒に健康管理を!

(パートナーが将来の健康や妊娠のために食事管理をしていたら、一緒にバランスのよい食事を摂って健康になりましょう。もし、パートナーに持病があれば定期的な通院をサポートしましょう)


「プレコンセプション・チェックプラン(検診とカウンセリング)」

現在の健康状態をチェックしたい方の検診とカウンセリングを行っています。


「プレコンセプション相談外来」

将来の妊娠·出産についての相談外来を設けています。


 たとえば質問は、

Q生理の間隔がバラバラですが、どうしたら?

Q 将来、子どもが欲しいけど、タイミングがわかりません。

Q なかなか妊娠しないのですが、どのような検査が必要?

Q 流産を繰り返していますが、検査することはありますか?

Q 持病がありますが、妊娠・出産のリスクはありますか?

Q 子どものころに病気の治療をしました。将来の妊娠について、専門家の意見が聞きたい。

Q 持病で薬を飲んでいますが、妊娠したら薬はどうすればいいですか?

Q 以前の妊娠で「妊娠高血圧症候群」「妊娠糖尿病」と言われました。次の妊娠は大丈夫? 何か対策は? 今後の生活で気をつけることは?

Q 卵巣予備能(卵巣にある卵子の量)を簡単にチェックできますか?

などのほか、将来の妊娠、出産にからんだ不安や疑問に答えます。


「小児・周産期・母性医療研究センター 国立成育医療研究センター プレコンセプションケアセンター」

https://www.ncchd.go.jp/hospital/about/section/preconception/

東京都世田谷区大倉2-10-1 診察 月~金曜8:30~16:30(検診とカウンセリング)、月・木曜14:00~15:30(相談外来) 休土・日曜、祝日(検診とカウンセリング)、火水・金~日曜、祝日(相談外来) 完全予約制


▼著者の人気コラム▼

若年性乳がん、かかってしまったときの治療法は?
『乳がんにかかりやすい人』がいるって知ってた?20代・30代の乳がん講座
プレ更年期チェック!こんな症状は更年期の始まり
男性にもトライしてほしい妊活とは?
人に聞けない…経血の量“多い・少ない”の目安は?
バリバリ働く多忙な女子が将来子供を持つために気をつけたいこと
ちゃんと理解して選択しよう!子宮頸がんワクチンについて
高齢妊活の諦めどきって?
  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ