女性のカラダ

夏疲れマックスなあなたに実践して欲しい前屈ポーズ♡

夏疲れに効くポーズ

ビューティーヨガニストの森和世です。

朝夕の涼しさや虫の音を聞くと、秋の訪れると同時に寂しさも感じます。

みなさんの夏はいかがでしたか?猛暑や台風など今年の夏は、大荒れの天候に振り回されて体調不良を例年以上に感じた人も多いのではないでしょうか。


夏の疲れは、季節の変わり目でもある9月に最も出やすいことを皆さん経験済みかと思います。

しかしながら「毎年のことだから」もしくは、「だるい」で終わってはいませんか?

夏疲れとはいえ、それを放っておけば食欲不振、体調不良からストレスを受け、思わぬ病気へと発展することもあります。

特にオーバー30代は、年齢的にホルモン変化など「何となくだるい」時期。この時期は、とにかく疲れ過ぎないことに気を付け、セルフケアを怠らないことが大切です。


そこで今回ご紹介するのは、疲れが出やすい消化機能を高める前屈ポーズです。

前屈ポーズを苦手と思う人は、普段から体の緊張が抜けにくい人。つまり首や肩、腰がガチガチになっている人が多いようです。

ぜひ、リラックスした状態を意識的に作り出し、全身に新鮮な血液を流して、心や体に溜まった毒素を洗い流して下さい。


アルダ・バッタ・パスチモッターナーサナ(半蓮華座の前屈ポーズ)でだるい体をリフレッシュ

効果

内臓の調子を整え、働きを活発にします。特に踵で腸のあたりを押す形になるので、消化機能が活性化して、便秘に効果あり。前屈姿勢をゆったりとした呼吸とともに正しく行えば、心臓、脊髄、内臓をマッサージするコトになり、疲れが取れ心身共にリラックスします。


実践時間&期間

ヨガは基本的に食後3時間経ってから実践しましょう。


1.床に長座になり、右足を左脚付け根に乗せます。曲げた膝はなるべく正面に向けるようにし、くるぶしは太ももではなく、鼠径部(Vライン)に添えるように乗せましょう。左踵を前に押し出し、背骨をまっすぐ伸ばし、ゆっくり呼吸を繰り返しましょう。


2.(中級者)更に右手を後ろに回し右足をつかめる人は、つかみ左手は左つま先をつかみます。

(初級者)右足を乗せたまま、両手を床につけます。


3.(中級者)息を吸いながら背骨を伸ばし、上体を前に倒し前屈姿勢に。お腹を柔らかく、乗せた踵でお腹を優しく押すように深い呼吸を繰り返しましょう。反対側も同様に。


(初級者)息を吸いながら背骨を伸ばし、息を吐きながら指先をゆっくり前に歩かせ、上半身を倒します。楽に呼吸が出来る場所で、そのまま呼吸を数回続けましょう。この時、左踵は前に押し出し、つま先は天井に向け、ふくらはぎから脛まで脚全体の筋肉を活性化させましょう。反対側も同様に。


▼著者の人気コラム▼

冷えは美容の大敵!デコルテをスッキリ&小顔効果も抜群のヨガポーズ
出会いは第一印象から!スタイル美人になるストレッチ♡
気持ちいいから試してみて!朝からシャキシャキ動けるストレッチ
足のむくみを解消!ストレッチエクササイズ
バストアップエクササイズで今年は上向きに!
  • 森 和世(ビューティーヨガニスト)

    ダイエット=減量という考え方ではなく、理想のボディをデザインする「エクササイズ」いう考え方に基づき、美しく痩せるエクササイズを多数考案。現在、ヨガインストラクター・エクササイズディレクターとして活躍。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ