女性のカラダ

体質改善セルフケア④ エクササイズは一番、心と体に即効性あり、です

増田美加先生 体質改善セルフケア③ ハーブティ、アロマオイルを上手に使いましょう

エクササイズ=運動がいいのはわかっているけど、なかなか時間がとれなくて…、と迷っている人は多いですよね。私もそうでした。でも乳がんをきっかけに、生活を見直して、エクササイズも始めました。健康のためもありますが、「やせたい!」気持ちも大ありでした。


まず始めたのは、有酸素運動のウオーキングです。運動をあまりしていない人は、やはりウオーキングから始めるのがおすすめです。毎日30分早足で歩きます。30分まとめて時間をとるのが難しい人は、10分を3回でも効果は同じです。
できれば毎日、のほうが効果は早く実感できますが、無理なら1日おきでも。やらないよりは週に2日でもいいです。前後には、水分補給を忘れずに。
ウオーキングで汗をかくと、まず冷えと肩こりが解消します。肌にツヤ感も出てきます。なんといっても、リフレッシュ効果があって、メンタルアップにつながります。
3か月続けると、周りの人から、「やせたね?」と言われるようになりますよ。


私は3か月歩いた後、「これは走れる!」と思って、ジョギングに切り替えました。友達とおしゃべりしながら走るくらいのゆっくりしたスピードで、最初は30分。週2~3回です。今は1時間くらい走ります。
肩こり解消効果は、ジョギングが抜群。それから一番の効果は、自分に自信がもてるようになったこと。走れるってすごいですよ。気分がめいったときは、走ります。小さな悩みは吹っ飛びます。



スタイルアップをねらうなら、私が最もおすすめしたいのは、ウオーキングなどの有酸素運動だけでなく、ストレッチ系の運動と筋トレ系の運動を有酸素運動と組み合わせて行う方法です。
私は、ジョギングに加えて、ヨガとピラティスを週3~4回スタジオで行っています。腹筋と背筋を中心に鍛えると、体脂肪が減って、筋肉が増量。5年で体脂肪が10%減って、その分筋肉量が増えています。
なんといっても「すごい!」と思っているのは、全く便秘をしなくなったこと。女性は腹筋がないから便秘しやすいというのは、本当だと実感しています。
そして、食べても太りにくくなり、少し食事を工夫しただけで、ダイエットしなくてもやせやすい体質になりました。

  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ