女性のカラダ

歯並び、噛み合わせと不調は本当に関係あるの?

笑顔

歯並び・噛み合わせと全身の不調との関係は?

肩こり・頭痛・めまい…、「それって噛み合わせが原因かも!」という情報をよく見かけますね。

なかには、歯並びや噛み合わせが悪いと、体が歪む、視力が低下する、小児喘息になるなど、さまざまな全身への悪影響の情報を出しているホームページがあります。

しかし、これらの中で歯並びや噛み合わせとの関連性がハッキリと科学的に証明されていることはひとつもありません。


同じ人間の体の中で複数の症状が発生すれば、それらになんらかの関連があっても不思議ではありませんが、それらのひとつひとつがどのようなシステムで成り立っているのか、また優劣はどうなのか、歯並び、噛み合わせの分野では正確にわかっていることはほとんどありません。


単に、矯正治療をすれば、それらの問題が解決するというほど、人間の体のシステムは単純ではないのです。噂や間違った情報に惑わされることがないよう、もしも不安なことがあったら、 矯正歯科の専門医に相談してみてください。


歯並びが悪いと、虫歯や歯周病になりやすいの?

歯並び

歯並びが悪い場合は、デコボコの部分の歯磨きが難しいため、一生懸命歯を磨いていても汚れが取りきれないことが多いですね。そのため、残った汚れの中の細菌が、虫歯や歯周病を引き起こす原因になります。


また、咬み合わせが悪い人の中で、唇を閉じることが大変で、いつも口が開いてしまい、口呼吸をしている人がいます。このような人の場合、口の中が乾燥しやすく、虫歯や歯周病の進行を防いでくれている唾液が、歯や歯ぐきに行き渡りません。そのため、虫歯や歯周病になりやすい状態にあると言えます。


歯並びを整えたり、前歯を後退させて、自然に口が閉じるように治療することは、美しくなるだけでなく、虫歯や歯周病にかかるリスクを少なくする効果はあります。


矯正治療で胃腸の負担が減る?!

矯正治療

歯並びやかみ合わせが悪いと、上下の歯のかみ合っている場所は当然少なくなります。そのため、物をかみ砕く(咀しゃく)効率が悪い状態にあります。

矯正治療によって、噛み合わせを治療することは、当然、この咀しゃく機能の向上につながります。ですから胃腸への負担を軽減するとも言われています。


発音や飲み込みとの関係は?

発音

上下の前歯が噛み合っていなかったり、噛み合わせが逆だったりすると、特定の音が発音しにくいことがあります。

また、ものを飲込むことがうまくできずに、飲み込むときに舌が上下の歯の間に出てきてしまう人の場合、噛み合わせに問題が生じることが多いと言われています。


このように、歯並びや噛み合わせの異常は、咀嚼だけでなく、発音や飲み込みといった口の機能とも大きくかかわっています。


顎関節症との関係は?

顎関節症

歯並びや噛み合わせが悪いと、顎の関節が悪くなり、口が開けにくくなることがあります。

口が開けづらくなったり、肩や首がこるなどの症状が出る病気を顎関節症と呼んでいます。顎関節症は、たくさんの原因が重なり合って生じる、多因子性疾患です。


そのおもな原因として、

1かみ合わせの異常、

2.生まれもった顎や顔の歪み・顎の関節(下顎頭)の成長不全、

3歯ぎしり・くいしばりなどの癖

4精神的なストレス


の4つがあげられています。

つまり、この4つの原因が日常生活の中で重なって生じると、顎関節症になる場合があるわけです。


ですから、噛み合わせに問題がある人でも、歯ぎしりやストレスのない生活を送っている場合は、顎関節症にならないことが多いですし、逆に、顎関節症の人の噛み合わせを矯正治療で治しても、歯ぎしりやストレスがなくならなければ、顎関節症は治らないこともあるのです。


歯並びや噛み合わせの悪い人が、顎関節症の予防のためだけに、矯正治療をする必要はありません。けれども、矯正治療で歯並びを良くすることが、結果的に顎関節症になりにくくする効果はあるのではないかと言われています。


メンタルとの関係はどこまで?

口を開けて笑う

デコボコの歯並びだったり、上と下の歯の噛み合わせが反対だったりすると、気になって口を押さえて話したり笑ったりする人がいます。

矯正治療にクリニックを訪れる人の大半は、歯並びや噛み合わせが悪いことを気にしている人です。

同じような歯並びの人で、その状態を全く気にされない人もいるため、矯正治療はひとりひとりの気持ちと深く関係している医療と言えるでしょう。


矯正治療を行なうことで、気にしていた歯並びや噛み合わせがきれいになることはもちろん、前歯が出ていたり、噛み合わせが逆だったりする場合は、矯正治療によって、口元や横顔(横から見た顔だち)も美しくなります。


矯正治療は歯並びだけを改善するだけでなく、特に前歯を動かすことで、口元の状態の見た目にも影響をもたらします。そして、心を明るくする効果もあります。

矯正歯科の専門医によると「矯正治療終了時の笑顔は喜びと自信に満ちている」と言います。

美しく明るい笑顔は、コミュニケーションをスムーズにして、社会における可能性をさらに広げることにもなることは想像できます。



▼著者:増田美加さんの人気コラム▼

・「出血が多い」「かぶれてかゆくて痛い」など生理に関するアンケートにお答えします!

・妊娠していないのに生理が遅れる原因は?

・これって閉経前のサイン?不規則な生理周期と出血量について

・お疲れ度をチェックしませんか?

・手のこわばりや関節の痛みに要注意!

  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ