女性のカラダ

人に聞けない…経血の量“多い・少ない”の目安は?

考える女性

生理時の出血の量が気になる!

自分の経血量(生理時の出血量)が多いか、少ないかは、気になるところですね。自分が正常なのか、それとも多すぎるのか、少なすぎるのか、人と比べようがないので、わかりにくいと思います。


経血量は、とても個人差があります。また、同じ人でも、ホルモンの状態によって、経血量が変化することもあります。

いつもとあまり変化がなければ、あまり気にすることはないと思います。ただ、経血量が異常に多くなったり、極端に少なくなった場合は、何かのサインかもしれません。


成人女性では、目安として120~140mlくらいが平均的な月経血量と言われています。量が多い生理開始1日目~3日目で、昼間2時間おきにナプキンを替える程度であれば大丈夫。平均的と考えれてよいでしょう。生理時全体として使用するナプキンは約20~25枚くらいでしょう。

ただし、これはあくまで目安です。子宮は、人によって大きさが違うので、量も違って当然です。経血量の異常は、生理周期や期間の異常ほど、はっきりとした定義がありません。


生理期間が長いか、短いかも関係します

生理の出血量を見極めるときの目安として、気をつけるのはまず生理の期間です。期間が長ければ、おのずと経血量も増えるわけです。

8日以上、生理が続く月経期間異常や、大きめのナプキンを使っても1時間ももたない出血量がある状態は、「過多月経」と言い、なんらかの病気が原因の場合があります(気をつける病気については、次回紹介します)。


経血量が急に変化した場合は、異常に気がつきやすいのですが、数年にわたって徐々にゆっくりと増加している場合は、自覚症状がないまま過ごしてしまうことがありますから注意が必要です。

生活リズムも食事も、気をつかっているのに、フラフラしたり、立ちくらみがひどい…。そのため、病院に行ったら、実は子宮筋腫が原因の過多月経で、貧血を起こしていた、という人もいます。


逆に2日以内で月経が終わってしまったり、ナプキンを使わなくてもすむほど少ない量は、「過少月経」が考えられます。

ホルモンの分泌異常や無排卵、子宮の発育不全などが考えられます。


どちらの場合も、放っておくと不妊につながります。

まずは、普段から自分の生理の状態に注意してみて、ここ1~2年を振り返って、量が変化したなと感じたら、一度、婦人科を受診してみてください。


レバー状の固まりにも注意が必要です

生理の出血の中に、血の固まりが混じっていることがあるという人もいるのではないでしょうか?

生理は、受精卵を受け止めるために、厚くフワフワになった子宮内膜がはがれ落ちて、さまざまな分泌物や血液が混ざって排出されます。

このとき、はがれ落ちた内膜が、ドロッとした固まりとなって出ることはよくあることです。

不安になる人も多いようですが、通常の生理期間中に1~2回固まりが出たからといっても慌てる必要はありません。

ただし、レバーのような大きな血の固まりが頻繁に出る場合や、いつもと違う状態が2か月以上続いている場合は、やはり念のため婦人科で診察を受けることをおすすめします。


  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ