女性のカラダ

妊娠していないのに生理が遅れる原因は?

不調の女性

生理不順ってどこまで遅れると大変なの?

「毎月、生理周期の間隔が違って一定しない…」「次の生理が来るまでの期間が長い…」など、生理周期の悩みは、どの年齢でも多いですね。

今回は、生理不順って、どこまで遅れると大変なのか、そして、その原因について書きました。


ストレス、過度な運動、過激なダイエットでも乱れます

私たち女性の生理のリズムは、とてもデリケートです。ちょっとした疲れ、ストレスなどでも、すぐに不規則になります。

たとえば、引っ越し、転勤、異動、ハードワークなどによってストレスがかかると(自分ではストレスと認識していなくても)、生理周期が乱れたり、生理が止まったりします。

また、過度な運動や過激なダイエットでも、生理周期は乱れます。


卵巣機能が低下している可能性も

卵巣で排卵を起こし、生理の指令を出すのは、脳の視床下部、下垂体です。が、そこはホルモンの分泌を促す中枢としてだけでなく、感情や自律神経系の中枢としても働いています。

ですから、ストレスなどで脳がダメージを受けると、ホルモンの分泌にも影響が出てしまうわけですね。脳からの指令が順調にいかないために、卵巣の機能が低下して、正常に排卵が起こらないことがあります。

正常な排卵が起こらないと、生理周期も乱れます。生理不順の原因は、脳からの指令の乱れによる排卵機能の低下なのです。


どこまでが正常な生理なの?

生理の周期や期間は、人によってさまざまで、だれもが毎月、同じように一定しているとは限りません。ですから多少、生理のばらつきがあっても心配することはありません。


目安としては、生理周期は25から38日が正常範囲です。生理初日から次の生理が始まる前までの日数として数えます。

また、生理周期は、体調やちょっとしたストレスでも左右されるので、6日以内の変動は正常範囲と考えてよいでしょう。

生理で出血する期間は、3日~1週間くらいが平均です。


ストレスや疲れなどで、生理の周期が乱れても、ストレス解消したあと、体調が戻れば、生理も安定することが多いので、しばらく様子をみても大丈夫です。

たとえ、生理周期が一定していなくても、25日~60日以内くらいで、定期的に生理が来ていて、体調が悪くなければ、排卵がきちんと起こっていることがほとんどですので、特に問題はありません。


すぐに妊娠を望むなら毎月排卵するような治療を

なかには「生理が毎月来ないと心配でしかたがない…」という人もいます。でも、無用な排卵を繰り返すことは、卵巣腫瘍などの婦人科系のリスクを高めることもありますので、60日以内に定期的な排卵があれば、心配しないほうがいいでしょう。


「どうしても心配…」という人には、婦人科では、排卵誘発剤で生理を起こすか、低用量ピルでホルモンバランスを保つ治療をすることが多いです。


また、すぐに妊娠を望んでいる人は、排卵回数が少なく、妊娠のチャンスが減るわけですから、月1回排卵を起こすように、排卵誘発剤などの不妊治療をしてもいいかもしれません。


60日以上、生理の間隔があいていたら要注意!

注意したいのは、60日以上、生理の間隔があいて、排卵が起こっていない場合です。そうなると、無月経になってしまうケースが多いのです。


長期間、生理が来ないと、卵巣の機能が低下し、排卵が起こっていない証拠です。当然、脳の視床下部下垂体からの指令も乱れ、女性ホルモンの分泌も低下します。

卵巣機能が低下すると、生理不順というだけでなく、冷える、疲れる、肌が荒れる、精神的に不安定になる、などなど、体調全般が悪くなり、体のさまざまな機能に悪影響を及ぼします。


60日以上生理が来ないときは、すぐに婦人科を受診しましょう。放置する期間が長引けば長引くほど、治療にも時間がかかります。


無月経は放っておいては治りません

無月経の多くは、強いストレス、過激な運動、無理なダイエットによって起こりますが、まれに下垂体や甲状腺、卵巣などの病気の可能性もあります。


無月経は、放っておいては治りません。ホルモン分泌や卵巣機能を回復させるための治療が必要です。低用量ピルなどのお薬で治療できます。

受診するときは、最終月経はいつで、何日間続いたか、生理痛はあるか、生理の出血量は多いか少なめか、そして基礎体温表をつけていれば持参します。


また、閉経はまだまだ先なのに、30代や40代前半で、閉経してしまう早発閉経というケースもまれにあります。卵巣が老化し、卵巣機能が低下、若くても閉経と同じ状態になってしまいます。その場合は、女性ホルモンの分泌が減少してしまうので、ホルモンを補充する治療を行います。


無月経を予防するためには、無理なダイエットをしない、アスリートのような運動をし過ぎない、ストレスケアを心がける、が大切です。そして、気になったら、すぐに婦人科を受診しましょう!


  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ