女性のカラダ

20代でも増えている女性の尿もれ!その対策は?

尿漏れ

若い女性にも増えています

「くしゃみやせきをしたら尿もれをした」「トイレに間に合わずにちょこっともらしてしまった」…。

尿もれ経験のある女性は、増えています。

尿もれは今や、更年期以降の女性の悩みでなく、20代の若い女性たちの間にも少なくありません。


骨盤底筋って知っていますか?

女性の尿もれの原因で、年代を問わず、最も多いのは「骨盤底筋」のゆるみです。

女性の下腹部にある内臓(膀胱・尿道・子宮・腟など)は、骨盤の中に納まっていますが、その内臓を支えているのが骨盤底筋という筋肉です。


この筋肉の支えが弱くなると、内臓が下がってきて、膀胱や尿道が圧迫されて、尿もれを起こしやすくなります。そこに、くしゃみ、せき、運動などで、おなかに強い圧力が加わると、こらえられずに尿もれが起きてしまいます。

生活スタイルが変わって、和式トイレや雑巾がけ、洗濯、炊事などの家事でも、しゃがむ姿勢をとることが少なくなりました。これによって、普段から骨盤底筋を使わなくなったことも骨盤底筋のゆるみと関係しています。


このような腹圧性の軽い尿もれは、骨盤底筋を鍛える運動をすることで、治すことができます。


腹圧性の尿もれは、出産や肥満、便秘がきっかけに

出産時に、骨盤底筋肉の収縮力が弱まって、それが原因で尿もれを起こすこともよくあります。

骨盤底筋肉が弱くなると、膀胱が下がって圧迫されるだけでなく、子宮や腟も下がることがあります。妊娠中は、半数以上の人が尿もれを経験しますが、これは一過性のものです。


出産後、しばらくしてから尿もれを起こすようになったら、骨盤底筋の問題を疑って、婦人科や女性泌尿器科で検査を受けてみましょう。

また、肥満や頑固な便秘も、膀胱や尿道を圧迫し、尿もれを起こす原因になることがあります。


切迫性の尿もれは、更年期以上が多い

トイレが間に合わないような切迫性の尿もれは、比較的、更年期以上の女性に多い尿もれです。

急にもれそうな切迫感があり尿もれしてしまう場合は、過活動膀胱(かかつどうぼうこう)の可能性があります。

膀胱が過剰に活動してしまう病気で、尿もれを起こす場合は、切迫性尿失禁と呼ばれます。おもな症状は、強い尿意切迫感です。


膀胱などに異常がない場合でも、腹圧性と同じように内臓が下がることで圧迫を受け、切迫性の症状が起こることがあります。

膀胱・尿道の筋肉や神経の働きが弱っていたり、膀胱の容量 が人より小さい場合などもあります。


切迫性の尿もれの場合は、骨盤底筋を鍛える運動とともに、膀胱や尿道の働きを正常に戻すための薬や手術による治療が必要です。


女性の尿もれは腹圧性が60~70%

尿もれは、腹圧性が50%以上、切迫性が約20%、混合型が約30%で、その他のタイプは少数です。

女性の場合には、とくに腹圧性が60~70%を占めるといわれます。


年齢別 では、20代で20%、30代で31%、40代で48%、50代で46%、60代で37%、70代以上では31%の人に尿もれが見られるというデータもあります。

やはり、尿もれは、腹圧性も切迫性も更年期世代が多い症状ということになります。


骨盤底筋が働いているかチェックしてみて

指の先を肛門と会陰部に軽く当てて、おならや尿を我慢するときのように、内側に引っ張るようなイメージで、ギュッと力を入れてみてください。

そのとき、肛門のちょっと前方に少し硬い筋肉がありますが、ここがキュッと締まって持ち上がれば、骨盤底は正しく収縮している証拠です。


また、尿を途中で止めてみて、尿が止まる、あるいは出が少なくなるようなら、骨盤底の筋肉が収縮していることがわかります。


骨盤底筋を鍛えましょう

腹圧性の尿もれは、骨盤底筋を鍛える方法でかなり解消できます。

肛門と腟をキュッと締めて鍛えます。10回で1セットとして、1日10セットを目標にします。


●あお向けで

脚を肩幅に開き、膝を立てます。体の力を抜き、肛門と腟だけをキュッと締め、そのままゆっくり5つ数えます。


●椅子に座って

床につけた脚を肩幅に開きます。背中をまっすぐ伸ばし、顔を上げ、肩の力を抜いて、おなかが動かないように気をつけながら、肛門と腟をキュッと締め、そのままゆっくり5つ数えます。


●机にもたれて

脚と腕を肩幅に開き、手は机につきます。体重を両手にかけて、背中をまっすぐ伸ばし、顔を上げ、肩とお腹の力を抜いて、肛門と腟をキュッと締め、そのままゆっくり5つ数えます。


  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ