女性のカラダ

春はヨガのはじめ時♡毎日やりたいヨガポーズTOP3

春

ビューティーヨガニストの森和世です。

温かい春の日差しを感じると、縮こまっていた体を伸ばしたい!動かしたい!何か新しいことにチャレンジしたい!と思う人も多いはず。そこで、マットスペースさえあれば今すぐ始められるヨガにチャレンジしてみませんか?今回は、毎日実践すれば美しさも健やかさも必ずあなたのものになる、特選3ポーズをご紹介します。


トップ3【バストラインが綺麗になって、しかもポジティブマインドを引き寄せる?!ゴームカーサナとは?】

このポーズでは、胸を開き呼吸を深めるので「悩み事や心配、不安、イライラ」と言ったネガティブな気持ちを前向きにしてくれます。

胸が閉じる=猫背姿勢は、心を硬くするだけでなく、バストラインのハリすら奪ってしまう可能性もあります。このポーズは、腕を使い強烈に胸を広げるので、その効果は絶大です。しかも、背中側に位置する痩せ脂肪である「褐色脂肪細胞」も刺激するので、ポジティブ美人にならないわけがない!のです。是非、疲れた日にトライしてみて下さい。


1.足を前に伸ばした長座の姿勢から、右足を左足の外側に置き、左膝を曲げ床につけます。膝と膝が重なる人は、足の甲を床につけ、つま先も伸ばし足首を痛めないように座りましょう。お尻や太腿、膝が痛い人は無理のない範囲で膝を曲げ、またお尻の下にブランケットなど敷いて調整してください。


2.両手を天井方向に伸ばし、体側を伸ばしたら右肘を曲げ、左手でその肘を下に押し出すようにし、肩周りを伸ばします。肘は出来れば頭の後ろに。


3.更に左手を背中側に回し、右手と左が握手出来る人は手を組みましょう。そのままゆっくりと目線を天井に引き上げ、5回ほど呼吸を繰り返しましょう。顔を正面に戻し、頭の上で合掌した手をゆっくり胸の前に戻します。足を組み換え、反対側も同様に動作しましょう。


トップ2【アルダマツィエンドラアサナで内側から綺麗になる】

このポーズは、深く体をねじることで腸から毒素や不純物を取り除き、内臓器官の活性化と消化力を高めてくれると言われています。また、血液循環もよくなるので、末端まで新鮮な血液が流れ、新陳代謝が活発になり冷えを解消、美肌へと導いてくれます。


1.両足を前に伸ばした長座の姿勢から、左脚を右脚の外側に置きます。両手で左膝を引き寄せながら背骨を伸ばし、姿勢を整えます。そのまま右腕で左膝を肘で押さえながら、(腕全体で押さえる)おへそが左側に向くようなイメージでゆっくりと吐く息とともに胴体部分をねじります。顎を軽く引き、右目で左肩の先をみながら、ゆっくりと10呼吸繰り返しましょう。反対側も同様に動作しましょう。


トップ1【マールジャーラーサナ(猫のポーズ)】

「マールジャーラ」とは「猫」と言う意味です。深い呼吸とともに猫になった気分でしなやかに動いてみましょう。とても身体がほぐれます。

効果としては、ストレスに効果大。肩コリ、背中のコリ、下半身のだるさ解消、腹部をリラックスさせ、内臓を活性化させます。


1.手首の真上に肩、膝の真上に腰がくるように両ひざを床につけます。指を広げて、手のひらで床を押します。息を吸いながら背骨をくぼませ、お腹、胸、喉を伸ばし目線は天井を見上げましょう。息を吐きながら、尾てい骨をのぞき込み、首、背中、腰を丸めるように伸ばします。そのまま15回を目安にゆっくり動作を繰り返しましょう。動作中は、呼吸に動きを合わせ、尾てい骨から動かすイメージで大げさなくらい体を大きく動かします。


実践時間は、10分もあれば十分!しかも肩こりや腰痛は改善され、痩せ効果も期待大のこちらのメニューは、毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。



▼著者:森和世さんの人気コラム▼

誰でも理想のふくらはぎになる!?ストレッチエクササイズ♡
冷えは美容の大敵!デコルテをスッキリ&小顔効果も抜群のヨガポーズ
出会いは第一印象から!スタイル美人になるストレッチ♡
気持ちいいから試してみて!朝からシャキシャキ動けるストレッチ
足のむくみを解消!ストレッチエクササイズ
バストアップエクササイズで今年は上向きに!
  • 森 和世(ビューティーヨガニスト)

    ダイエット=減量という考え方ではなく、理想のボディをデザインする「エクササイズ」いう考え方に基づき、美しく痩せるエクササイズを多数考案。現在、ヨガインストラクター・エクササイズディレクターとして活躍。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ