女性のカラダ

PMSとの上手な付き合いかた〜むくんで体重が増えた!〜

PMS

朝起きて鏡を見てビックリ! 顔がパンパンに張っているなんてことありませんか?

また、夕方になると足がむくんで靴が入らない! 体重が増えた! なんてことまで。


こんなむくみは、生理前のPMS(月経前症候群)の時期に起こりやすい症状です。生理前は女性ホルモンの変動のため、むくみやすく、体重が2~3㎏増える人もいます。でも生理が始まると解消します。


むくみは、疲れて体調が低下すると、最初に起こる体のSOSサインです。ただし、夕方に足がむくむのは心配ありませんが、朝から顔がむくむ、足がパンパンに張っているなどは心臓や腎臓が悪い可能性もありますので、病院を受診してください。


細胞内に必要な水が十分あるときは、肌はツヤツヤでピンと張っています。でも、むくんでいるときは、細胞外の水が多く、必要な細胞内に水分が入っていないので、肌に脱水症状を起こして、カサカサと乾燥します。


“卵巣”を温めて代謝をアップさせる法

たんぱく質

むくんでいると、顔が大きく見えたるだけでなく、血行が悪くなるので、お肌はくすみます。そこで小顔とクリアな肌のために、卵巣を温めて、代謝をよくする食事を摂りましょう。

まず、たんぱく質とビタミンCをしっかり摂ることが大事です。


おすすめのたんぱく質はやっぱり大豆。納豆やお豆腐、味噌などで摂りましょう。食べ過ぎないようにすれば、卵や鶏肉なども良質のたんぱく源です。


ビタミンCは、アセロラジュースがたっぷり摂りやすいのでおすすめです。コップ半分で1日の必要量が摂れます。ほかにイチゴ、キウイ、柿などでも。野菜ではブロッコリー、赤ピーマン、菜の花に多く含まれています。


そして、できるだけ火の通った温かいものをたくさん食べましょう。

飲み物も冷たいものばかり飲むのはNG。「体が冷えたなあ」と感じたときは、生姜を絞って紅茶やお味噌汁に入れて飲むと、体を芯から温める即効性があります。


とくにPMSの時期は、卵巣があるおなかを冷やさないことが、代謝アップ、ホルモンアップにつながります! 

体脂肪の代謝を促す、トウガラシなどの辛み成分(カプサイチン)を摂るのもおすすめです。


チョコレートは少し我慢…

チョコレート

また、PMSでむくみやすい時期は、チョコレートなどの甘いものはできるだけ我慢しましょう。

どうしても甘いものを食べたいときは、イライラを緩和するカルシウムを含んだヨーグルトやドライフルーツ、果物にしてみてください。


また、塩分の摂りすぎにも気をつけてください。

スパイスやハーブ、お酢やレモンを上手に使って、塩分控えめの味つけで食べましょう。


利尿作用のあるお茶&アロマオイル

ローズヒップ

PMS期は、水を溜めこみやすいので、水分を体外に排出する利尿作用のあるお茶がおすすめです。


なかでもフェンネルとセージは、利尿作用に優れています。また、ローズヒップは利尿作用+ビタミン補給に最適。ウコン、ジンジャーにも利尿作用があります。


ローズマリー、ジュニパー、サイプレス、ゼラニウムなどのアロマオイル(精油)も利尿作用に優れています。脚や腕の血液を心臓に戻すように、ゆっくりマッサージしましょう。


代謝アップのリンパマッサージ

また、PMS期は、女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、代謝が悪くなりがちな時期です。体内の運搬、排泄がうまくいかなくなって、体内の老廃物や水分が滞り、ダイエットしても体重が減らない、太りやすいのも代謝が低下するからです。これは、体が冷える“冬太り”でも起こります。


代謝をアップして“冬太り”を防止するには、リンパマッサージが適しています。

体を冷やさず、リンパの流れをよくすることが大切。リンパがよく流れると、水分はもちろん、脂肪も一緒に流してデトックスしてくれます。リンパマッサージは、リンパの流れに沿って、体の先端から中心に向けて行うのがコツです。


①まず、気になる下半身は、足首からひざの裏、その後、脚の付け根(そけいぶ部)に向かって、なで上げます。素肌に直接触れながら、なでるように優しくゆっくりしたスピードで。強すぎるリンパマッサージは、NGです。


②上半身は、耳の下から首すじ、鎖骨、腋の下の順に。顔のむくみ、くすみとりにも効果的です。


③リンパマッサージは、食後2時間以内や飲酒後、体調がよくないときは控えてくださいね。



▼著者:増田美加さんの人気コラム▼

風邪・インフルエンザ対策と漢方
骨盤底筋群は緩んでいませんか?
性交痛はどう治療する?
デリケートゾーンの悩み
脚のむくみ、原因は病気!?脚をむくませる病気をチェックしよう
生理周期と女性ホルモンのこと知っていますか?

  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ