女性のカラダ

簡単ヨガ!1ポーズでチャッカリ冷え性解消&お腹やせを実現!

冷え性の女性

ビューティーヨガニストの森和世です。

寒さもだいぶ厳しくなってきましたね。冬は厚着するので体型が崩れやすくなりがち。

とは言え、もう時間がないし、おまけにかなりの冷え症だから絶対に無理!という人にオススメの1つで2度美味しいヨガポーズをご紹介しましょう。


多くの人は、もしかして冷え症かも……と自覚を持っているかもしれませんが、冷え=寒がりと勘違いしている隠れ冷え症の人がいます。

例えば、疲れが抜けない、食欲不振、頭痛、コリが酷い、肌荒れ、生理痛、便秘、下痢、お腹が張る、肌荒れ、下半身がだるいといった症状に悩まされていませんか?これは、冷えによる自律神経の乱れが原因です。

ちなみにつま先が冷えていたら、冷えている可能性大です。なぜなら、手足は、体の末端にあるので血液循環が悪くなり、全身で最も冷えやすい場所です。しかも、下半身は全身の筋肉量が7割弱を占め、血液の70%が集中しています。つまり、足から冷えが始まるということを意識し、外出先でも靴下やレッグウォーマーを持参するなどの冷え対策を忘れないようにしましょう。

次に冷えを解消させるには、筋力をつけることが大切です。筋肉は熱を作りだしてくれる大事な役割があります。時間がないから運動できないという人は、階段を使う、買い物は徒歩、などなるべく下半身の筋肉を使う意識を持ちましょう。さらに、脚の筋肉はお腹の深層筋から繋がっているので、お腹まわりの運動も効果的です。


というわけで、これらを網羅したポーズにチャレンジしましょう!


ジャタラ・パリワルタナアサナ

(※ジャタラ「胃」「腹」の意味 パリワルタナは「回転させる」の意味)

このアサナは不要な脂肪を取り除くのに効果大。肝臓、膵臓、脾臓のだるさを取りのぞき、胃炎を治したり、腸を強化するのに効果があります。ただし、腰を痛めている人は、膝を曲げる、様子をみながら無理のない範囲で動作しましょう。また、食後2時間は時間を空けてください。


やり方

1.床に仰向けになり、両手を肩の高さに伸ばし、両足を天井方向に伸ばします。この時に腰が床から離れ過ぎていないか確認しましょう。

ヨガ,冷え解消

2.息を吸いながら右腕方向に両足を揃えたまま近づけます。ゆっくりと息を吸いながら両足を天井方向に戻し、反対側も同様に動作しましょう。動作中は、反動を絶対に使わないように!そのまま左右8回を目安に繰り返しましょう。

ヨガ,冷え解消

▼著者:森和世さんの人気コラム▼

誰でも理想のふくらはぎになる!?ストレッチエクササイズ♡
冷えは美容の大敵!デコルテをスッキリ&小顔効果も抜群のヨガポーズ
出会いは第一印象から!スタイル美人になるストレッチ♡
気持ちいいから試してみて!朝からシャキシャキ動けるストレッチ
足のむくみを解消!ストレッチエクササイズ
バストアップエクササイズで今年は上向きに!
  • 森 和世(ビューティーヨガニスト)

    ダイエット=減量という考え方ではなく、理想のボディをデザインする「エクササイズ」いう考え方に基づき、美しく痩せるエクササイズを多数考案。現在、ヨガインストラクター・エクササイズディレクターとして活躍。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ