女性のカラダ

妊娠したい!その瞬間から気をつけたいNG生活習慣4つ

妊娠,妊活,生活,習慣

妊娠したいと思った時、まずは排卵日を予測したり、基礎体温を測ったりと、タイミングをあわせるために色々な工夫をしますよね。

ですが、「なかなか妊娠しないなぁ……」と思う方には、是非気をつけていただきたい生活習慣があるんです。さっそくご紹介していきましょう。


食事からちゃんと栄養とれている?

“ハンバーガーにフライドポテト、ケーキ、アイスクリーム……。このようなジャンクフードでお腹を満たすことが多い場合、妊娠のために必要な栄養素がきちんと摂れていません。“

“健康な子どもは、健康な母体からできるもの。妊活しているなら、「子どもができたら……」ではなく、今から一価不飽和脂肪酸、亜鉛、鉄分、タンパク質、葉酸、ビタミン類などを含む食品を多く摂りましょう。“

参考:知らないと損する!? 「妊活中は絶対やめるべき」NG生活習慣5つ


安くて便利なので取り入れがちですが、やはり栄養不足になりがち。食生活を見なおして、しっかり体に必要な栄養素をとれるように心がけましょう。



体を冷やしてしまっていない?

“妊娠のために体を温めることが大事なのはご存知ですよね。冷えは“気・血”の巡りを悪くしてしまい、万病のもとです。夏でも冷房のきいた部屋に長時間いると体は冷えます。“

参考:独身でも妊活が大事!? いつか産みたいあなたがしてはいけないこと3つ



冷房やシャワーは、思ったより体を冷やしてしまいます。また、常に氷の入った冷たい飲み物ばかり飲んでいると、お腹が冷えてしまうので、なるべく常温か温かい飲み物を飲むようにしたいですね。


ストレスを溜めてしまっていない?

“ストレスはストレスホルモンの生成を促し、血液を悪くするといわれています。これが過剰になると体に悪影響を及ぼし妊活にはよくありません。“

参考:子どもがほしいなら実践すべき妊活の基本4つ


ストレスが溜まると妊娠しづらくなるというのはよく聞く話ですよね。ストレスが溜まってるなと感じる方は、なるべくリラックスできる時間を1日のうちにどこかでとれるように工夫したいですね。お風呂につかったり、アロマを取り入れるなどがオススメです。



無理なダイエットをしていない?

アラサー以上の年齢になってくると、なかなか痩せにくく、ちょっとしたことで効果がでないものですよね。でも、だからといって食事を抜いてしまったり、ハードすぎる運動を取り入れてしまうとよくありません。

“パワー不足なうえに食事制限をする、体が冷えているのに、冷やす食材ばかりとっていると不調が生じる可能性があります。元気な体づくりのためにも無理なダイエットはやめてその時の自分に合った方法を見つけましょう。“

参考:独身でも妊活が大事!? いつか産みたいあなたがしてはいけないこと3つ


いかがでしたか?

ちょっとした生活習慣の改善で、ぐっと健康に近づきます。また、妊娠してからの生活や、その後の子どもを育てる際にも役立つことは間違いありません。

ちょっと無理しているな……という時はこれらのことを気にして生活してみてはいかがでしょうか?



■■関連記事■■

妊活疲れが妊娠を遠のける!? 不妊治療中の方におすすめのストレス発散法

≪妊活コラム≫ ホルモン整え食

妊活前にも知っておきたい不妊検査!治療も兼ねる「卵管造影検査」

≪妊活コラム≫「生理不順と漢方」

統計から見る「必要ないと思っていた妊活、母になる前に準備しておくべきこと」

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ