女性のカラダ

基礎体温でわかるダイエットと美肌リズム

増田美加先生

ダイエットにいい時期はいつ?

基礎体温は、ダイエットをするときの目安にもなります。でも無理なダイエットは禁物です。かえって燃えにくい体になり、リバウンドしやすい体をつくることになります。無理なダイエットは、体はもちろん、心にも肌にもよくありません。骨粗しょう症の原因にもなってしまいます。
女性は、体脂肪が12%を切ると、生理が来なくなるといわれています。健康的なダイエットを心がけてくださいね。


②キラピカ期 ~④キラピカ低下期

ダイエットに向く時期です。女性ホルモンのエストロゲンの分泌が増えるため、体が軽やかで、活発に動け、代謝もアップ。体は余分なものをデトックスしようとしています。メリハリボディをめざしましょう。


⑤PMS期~①生理期

生理前から生理中は、トラブルが多く、不調になりやすい時期。「高温期」なので、女性ホルモンの黄体ホルモンの分泌が増えるため、むくみやすく、体重も増加しがち。メンタルも不安定です。ダイエットがかえってストレスになって、ドカ食いしてしまったりすることも。ダイエットには向かない時期です。


肌は生理周期で変わります

①生理期:肌が敏感な時期。かゆみが出たり、カブレたりしやすい時期です。
②キラピカ期:肌も髪もツヤピカで、メークも決まる時期。肌の調子は最高です。
④キラピカ低下期:肌は比較的落ち着いています。肌体力をつけるケアがおすすめ。
⑤PMS期:皮脂分泌が過剰になり、テカリやニキビ、吹き出物が出やすい時期です。


このように、肌は、女性ホルモンに大きく影響されています。

生理後から排卵までのエストロゲンの分泌が盛んな時期は、ひと月の中で最高に肌がキレイです。
ところが排卵後、プロゲステロンの分泌が盛んになると、肌の状態もトーンダウン。肌トラブルが増える時期です。
美肌のためには、女性ホルモンによって変化する肌調子に合わせてケアしましょう。

  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ