女性のカラダ

他人は指摘してくれない…!気になる「ワキガ」を自己診断

わきが出典:weheartit.com

自分のニオイって、きついのかどうか、実はよく分からないもの。

しかしながら、体臭がきつい人が周りにいても、指摘するのはなかなか難しいですよね。

そのため、本人が気付かないままになってしまいがちのケースは多々あります…。

最近はすっかり涼しくなり、秋ムードですが、実は周りからしたらニオイは年中気になるもの…。

特に最近多い雨の日には湿気が多く、ニオイは増加しがちだし、寒くなってもあたたかい部屋で少し汗ばむこともありますよね。

夏であれば、制汗スプレーやデオドラントシートを大量に使ったり、お風呂で気をつけて洗っている方も多いかもしれません。けれど、今の季節もしっかりケアしておきたいところです。

 

 

自分の臭いが気になると、他人に近づくのが嫌になり、どこか自信も失ってしまって、本当にいいことはありません!

そこで、簡単に自己診断できる方法がありますので、ご紹介していきましょう。

 

簡単にできるワキガ体質チェック

以下の質問、あなたはいくつ当てはまりますか?

チェックリスト

1)ワキの臭いを指摘されたことがある

2)汗がベタベタする

3)汗をかいた部分が黄ばむ

4)デリケートゾーンの臭いが気になる

5)手のひらや足にすぐ汗をかいてしまう

6)足がいつも臭う

7)体毛が濃い

8)家族や親戚にワキガの人がいる

9)自分自身で脇の臭いが気になることがある

10)耳垢が湿っている

11)ストレスをためやすい

12)脂っこいものをよく食べる

 

当てはまった数が2〜5個の方は、軽度のワキガ体質。ワキを清潔に保つことを心がけましょう。

6〜9個の方は中度。生活習慣が影響していることが多いです。脂ものを控えるなど心がけましょう。

10〜12個の方は重度のワキガ体質。服をこまめに着替えたり、入浴の際にワキをよくすすぎ、ニオイの元の細菌を減らすようにしましょう。

 

そもそもワキガの原因って何?

ワキガの原因は、アポクリン腺、皮脂腺、エクリン腺の3つの汗腺から出る分泌物が、皮膚の常在菌に分解され、腐敗発酵することで発生・拡散されてしまうのです。

匂いの仕組み

特にワキ、耳の中、へそ、デリケートゾーンなどに多いアポクリン腺は、強烈な腐敗臭を放ちます。また、皮脂腺から分泌される皮脂と混ざると臭いはさらに強烈に。エクリン腺から出る水分が蒸発した際に悪臭をより広範囲に拡散。さらにワキガの原因菌が発生しやすいじめじめした環境を作ってしまいます。

 

ワキガ対策は臭いの原因菌に直接効果があるものを!

そんなワキガ対策のためには、よりワキを清潔にすることが重要ですが、ニオイ菌をおさえるためには、しっかり殺菌することが必要です。

そんな殺菌成分がしっかり配合され、効果バツグンなのが『クリアンテ』

たった10秒で効果を発揮! しっかりニオイ菌をブロックし、持続させることができる新発想のアイテムなんです。

クリアンテ

菌の繁殖を抑えるイソビルメチルフェノールと、汗を抑えて整えるパラフェノールスルホン酸亜鉛の効果により、なんと除菌率は驚異の99.9%!

そんな高い除菌率でありながら、成分は無添加設計。肌への優しさを追求し、敏感肌にも安心のスグレモノなんです。殺菌・防菌効果のある柿タンニン、保湿成分が含まれるシャクヤク、消臭・デオドラント効果のある抹茶エキスなどの天然成分がしっかり配合されています。

『クリアンテ』はワンプッシュするだけの簡単仕様。肌に吸着するため効果も長く持続します。かわいいパッケージなので、ポーチにも気にせず入れて持ち運び可能です!

 

実感率95.8%!今なら実質無料で永久返金保証つき

現在、通常1本8,700円のところ、なんと初回限定実質無料できキャンペーンを実施中なんだとか(送料630円のみ負担)。さらに、なんと“永久返金保証”つき。これなら安心して始められそうです♡先着300名様限定なので、急いでチェックしてみてくださいね。

 

≫【公式】クリアンテ 初回購入実質無料キャンペーン

(送料のみ負担)

 

■いかがでしたか?

ニオイに自信が持てないと、どこか落ち着かず人が近づく度に不安になってしまいますよね。

制汗スプレーやデオドラントシートを何度も買い足している……という方でも、除菌率99.9%の効果を誇る『クリアンテ』なら、接近戦でも自信が持てますよ♡

 

自信が持てるデオドラントケア、初めてみませんか?

 

 

■関連サイト■

美的ラボ | クリアンテ

 

 

 <AD>

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ