女性のカラダ

女性のための漢方の話 だるい、疲れる

隠れた病気がないか要注意です

 1日中だるい、すぐに疲れる、なんとなく調子が悪いなどは、不調というより、怠けグセと考えてしまい、自分を責めたり、無理をしてしまいがちです。

でも、だるい、疲れるなどの症状は、体と心の健康の注意信号です。

なかには、貧血や胃腸機能の低下、甲状腺の病気、肝機能の低下など、病気のサインの場合もあります。放っておかず、早めに対処して改善しましょう。


 長い間続く場合は、病気の可能性もありますので、内科を受診して検査します。もしも病気が発見されたら、病気に応じた治療を優先します。


気虚の状態かもしれません

 原因となる病気がとくに見当たらない場合は、漢方薬の出番です。漢方では、疲労は“生命エネルギーの流れに障害が現れ始めた”と考えます。


疲労が強い場合は、“気(元気や気持ちの気)”が足りない“気虚(ききょ)”の状態です。これが進むと、“血”が足りない“血虚(けっきょ)”の状態に変わっていきます。

まず漢方薬では、“気”の巡りをよくして、体のエネルギーをアップするものを服用します。


 また、漢方薬だけでなく毎日の生活の中で、10分でもいいので、ストレス解消やリラックスできる時間をつくることも重要です。


だるい、疲れるに効く漢方薬は…

精神的なストレスや不眠がある場合は、「加味逍遙散(かみしょうようさん)」が効きます。この薬は、女性ホルモンの乱れによる生理不順、PMS、更年期障害にもよく処方される薬です。イライラ、落ち込み、ほてり、冷えなどにも効果があります。


心身が疲れて血色が悪くて、不眠や不安がある場合には、「加味帰脾湯(かみきひとう)」が効果的です。


元気がなく、胃腸の働きが衰えている人には、「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」がよく効きます。病後の体力の低下のときにもよく処方されます。私は、更年期の対策にこの薬を飲んでいます。疲れにくくなったし、元気が出ます!


疲れて、貧血気味で食欲がない人には、「十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)」がよく効きます。胃腸の調子も整えてくれます。便秘や下痢にも効きます。


 暑い季節のだるい、疲れるは、夏バテのこともありますね。できるだけ冷たいものを控えて、温かくて栄養のあるもの(タンパク質、ビタミン、ミネラル豊富な)を食べるようにしましょう。胃腸の調子が落ちると、だるくて疲れて、気持ちも落ち込んでしまいます。  

生活習慣だけで乗り越えられないときは、漢方薬を上手に使ってケアしましょう。

  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ