頭痛

【女性のための漢方の話】さまざまな原因の頭痛

  • 更新日:2019/04/29

女性に多いのは、片頭痛、緊張型頭痛、生理の頭痛

頭痛に悩んでいる女性は多いです。頭痛には、女性ホルモンが影響しているものもあります。

 女性に多い頭痛には、片頭痛、緊張型頭痛、生理にともなう頭痛があります。


片頭痛は、視野のゆがみや白っぽい光が走る、まぶしいなどの前兆があり、習慣性、反復性があります。放っておくと痛みは増強します。

緊張型頭痛は、頭全体やこめかみを締めつけるような痛みがあり、首や肩のこりをともないます。

生理前のPMSの時期や生理中に起こる頭痛は、ズキンズキンと脈を打つような痛み方をすることが多いです。


 二日酔いのような一過性の頭痛ではなく、何度もくり返したり、痛みが増強したりするような頭痛は、脳神経外科、神経内科や頭痛外来を受診しましょう。


慢性の頭痛を市販の鎮痛剤で長い間しのいでいると、薬物乱用型頭痛といって、治療の難しい頭痛に変わってしまうことがあります。

検査をして、隠れた病気がないことと、どの種類の頭痛かを確認することが大切です。


漢方薬は単独でも組わせてもOK

寝る女性

片頭痛の治療には、よく効く西洋薬があります。もちろん漢方薬を組み合わせて使うこともあります。


 緊張型頭痛の場合は、鎮痛剤、末梢循環改善剤などに加えて、漢方薬を組み合わせることでよく効きます。西洋薬を使わず、漢方薬単独で効果が出ることもあります。


また、生理にともなう頭痛には、低用量ピルが効くこともあります。漢方薬で対処することもできます。過労やストレスを解消し、十分な睡眠をとることも重要です。


女性の頭痛に効果が期待できる漢方薬

漢方

手足が冷えて、肩がこり、吐き気をともなうような片頭痛には、「呉茱萸湯(ごしゅゆとう)」が効きます。


肩こり、首こりのある緊張型頭痛には、「葛根湯(かっこんとう)」。風邪のときにも使う漢方薬です。


のぼせ、肩こりのある頭痛には、「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」。冷えて血流の悪い人によく処方されます。


めまい、むくみがある人の頭痛は、「五苓散(ごれいさん)」。二日酔いやむくみでよく使われる薬ですが、頭痛にも効きます。


 西洋薬の頭痛薬を飲んで対処していた人は、一度漢方の効き目も試してみてください。頭痛が出そうなときに1包飲んで予防することもできますし、また頭痛が起こったときに1包飲めば、30分くらいで効果が出てきます。



▼著者:増田美加さん「夏のお悩み」コラム▼

デリケートゾーンケアは、どうするべき?夏に気になるかゆみ・ニオイ

寝苦しい夏こそ重視したい!睡眠の質の重要性

夏になると体調を崩していませんか?夏風邪の注意点と予防

夏に気になる乾燥対策【頭皮】~健康な頭皮が艶髪をつくります

真夏の冷え対策!賢い体の温め方って?

  • 増田 美加 (女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag