女性のカラダ

大人のニキビ・荒れ肌にも!夏を乗り切るための漢方講座

大人のニキビ

体質を改善して治してくれます

夏は汗と皮脂で、肌が荒れやすく、大人のニキビもできやすい季節ですね。

市販の塗り薬や皮膚科でもらう薬で治すのもいいですが、漢方薬も大人のニキビや荒れ肌は得意分野です。

漢方薬で、ニキビや荒れ肌を治すときには、“体質を改善して治す”と考えます。


 一方、西洋医学では、ニキビ治療薬や抗菌薬のクリームや内服薬などが処方されます。ケミカルピーリングなどの方法を行う皮膚科もあります。

お薬だけでなく、生活のサイクルを整えたり、食生活の改善をしたりして、体の状態を改善することも大切です。

この体の状態の改善を漢方薬は、かなり後押しして、ニキビのできにくい体質に変えてくれます。漢方薬は、効くまでに時間がかかるという印象がありますが、そうでもありません。1週間も服用すると、飲む前との違いがわかります。1か月服用するとかなり効果が実感できます。


大人のニキビは女性ホルモンや生活の乱れ、ストレスから

大人のニキビ

 ニキビには種類があります。

 毛穴が詰まる白ニキビ、酸化して黒ずむ黒ニキビ、炎症を起こす赤ニキビなどです。ニキビができやすい人は、便秘や冷え症を同時に抱えている人も少なくありません。


思春期のニキビは、肌の脂っぽさが原因なのに対して、20代以降にできる大人のニキビは、女性ホルモンや生活の乱れ、ストレスなどが原因で複雑に絡み合っています。

ホルモンバランスの乱れでも、男性ホルモンの過剰分泌か、排卵機能の低下による女性ホルモンの不足か、によって治療方法は異なります。


大人のニキビと荒れ肌に効く漢方薬は…

大人のニキビ

漢方薬の治療は、炎症を抑え、原因になる体質を改善することで、ニキビのできにくい体にすることを目的とします。

“気(気持ち、元気の気)、血(血行、血流の血)、水(水分、リンパ液などの水)”のバランスを整える処方をします。西洋薬と組み合わせることもOKです。


同じストレスによるニキビでも、血の巡りが悪く冷えている“瘀血(おけつ)”の人には、「桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)」か、「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」などがよく処方されます。生理前と生理時のニキビや、手足の荒れにもよく聞きます。


顔面の熱を発散できず、赤っぽいニキビの人には、「清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)」などが処方されます。赤みや炎症が強く脂性肌のニキビは、このタイプです。また、顔面の湿疹にも効きます。


発赤や、ときに化膿する急性で初期のニキビや湿疹には、「十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)」。私の友人の女性医師は、勤務医時代のストレスによるニキビをこの薬で治しました。


肌が浅黒い人で、炎症反応が慢性化し、化膿するようなニキビの人には、「荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)」が効きます。この薬は、副鼻腔炎の人にも処方されます。


このように、漢方薬はひとりひとりのニキビの状態や体質を見ながら、処方されます。医師の処方なら健康保険が使えますので安価です。



▼著者:増田美加の人気コラム▼

風邪・インフルエンザ対策と漢方
骨盤底筋群は緩んでいませんか?
性交痛はどう治療する?
デリケートゾーンの悩み
脚のむくみ、原因は病気!?脚をむくませる病気をチェックしよう
生理周期と女性ホルモンのこと知っていますか?

  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ