女性のカラダ

夏になると体調を崩していませんか?夏風邪の注意点と予防

夏風邪

夏風邪、予防法

「夏になると、鼻とのどが乾燥して痛くなり、すぐ夏風邪をひきます…」という悩みをよく聞きます。


冷房で乾燥して、室温も低いことが、夏風邪の原因になっていることが多いです。

夏でも、加湿器を使って湿度を上げたり、室温は28℃くらいにして、冷やしすぎないようにしましょう。鼻と喉の乾燥予防には、オフィスでマスクを使うのもいいかもしれません。

そして、のどが弱く、夏風邪をひきやすい人は、悪寒を感じたときにすぐに漢方薬を飲むことで、風邪を引く前に治せます。

西洋医学では、発熱がないと悪寒を感じた段階での治療は苦手です。しかし東洋医学では、悪寒は風邪のひき始めが治療対象。

体を温めて発汗を促す漢方薬が効きます。たとえば「葛根湯(かっこんとう)」などがその代表です。ただし、飲むタイミングが大事。ひき始めに、飲むことがポイントです。


夏風邪は長引く?

夏風邪

「夏風邪はどうして長引くの?」という質問を受けますが、「夏風邪だから長引く」ということはおそらくないと思います。

でも、夏は暑いだけでなく、冷房が効いている屋内外の温度差、冷たい飲食物の摂取で、おなかの調子を崩すことがあります。これも、風邪回復を長引かせる原因かもしれません。

また、寝苦しい夜の睡眠不足など、風邪を回復する妨げになる要因が多いからかもしれませんね。

 ということで、夏風邪対策には、寝不足に気をつけ、腸内環境を整えておくことが大事です。


発熱時は体を温めるの? 冷やすの?

夏風邪

さて、夏風邪をひいたときの対処法ですが、「体を温めるの?」それとも「涼しくするの?」どちらだと思いますか?


夏風邪で発熱が長時間続く場合は、一般の風邪と同様に、冷やしたほうがいいです。気温が高い場合は、室内を冷やすことも必要です。

ただし、夏は冷房が効いている室内と外気の温度差があります。発熱しているときも、室温の設定の目安は28℃にしましょう。


また、風邪で発熱しているときは、できるだけ温かいものを飲食しましょう。飲み物はせめて常温に。冷たい飲食物は少しだけ我慢です。

冷たい飲食物の摂取でおなかの調子を崩しやすいため、夏風邪を長引かせないためにも、冷やし“過ぎ”には気をつけましょう。

以前は、風邪をひいたら入浴は避けるようにすすめられていましたが、今は短時間の入浴はOKと言われています。湯冷めをしないように注意して入れば、大丈夫です。


普通の風邪と夏風邪はどこが違うの?

夏風邪

風邪は、さまざまなウイルスが体内に入って、せきや鼻水、のどの痛みなどを起こしている状態です。

夏風邪は、夏に流行するウイルスによる病気(手足口病、咽頭結膜熱、ヘルパンギーナなど)はあるものの、それ以外は一般的な風邪とほとんど共通しています。

治療も冬の風邪と同じで、風邪は自然に回復するので、基本的には症状を抑えて、回復を助けるための治療になります。

ただし、夏は冷房による屋内外の温度差、冷たい飲食物の摂取でおなかの調子を崩して腸内環境が低下する、寝苦しい夜の睡眠不足など、風邪の回復に妨げとなる要因が多いのです。

体を冷やしすぎない、冷たい飲食物はほどほどに、睡眠をよくとるなど(いずれも腸内環境と関係します)の生活習慣を見直すことも大事です。


予防のための工夫は?

夏風邪も腸内環境を整えるのも、気をつけることは同じですね。

夏に体調を崩しやすい人は、氷の入った冷たい飲みものを控え、できるだけ常温か温かい飲みものにしましょう。冷たい食事を少なめにして、温かい食事を増やすだけでもかなり予防になります。たとえば、冷ややっこでなく、湯豆腐にするとか、ちょっとした工夫です。

のどとおなかが弱い人は、夜寝るときの腹巻きと首巻きがおすすめです。夏のサラッとした素材のものがありますし、ガーゼタオルでも代用できます。



▼著者:増田美加の人気コラム▼

鉄不足の女性が増えています!
生理痛は、病気のサイン ~不妊の原因となる子宮内膜症の可能性も!
生理時の出血、多い?少ない?これって病気ですか?
妊娠していないのに生理が遅れる原因は?
生理痛で片づけないで!生理痛に潜む病気とは?
生理不順は、不妊症につながる?

  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ