女性のカラダ

夏の食べ物は体を冷やす?気を付けたい、夏の冷たい食べ物飲み物

夏の食べ物は身体を冷やす

暑い日に食べる冷たい食べ物。例えば暑い日に食べるアイスの時間は至福の時…という方もいらっしゃると思います。


しかし夏に冷たいものを食べることは要注意です!


夏の食べ物は体を冷やす

夏は気温が高いため、体に熱がこもりやすいもの。

そのため、夏の食べ物は体を冷ます特徴があります。


ゴーヤ・きゅうり・すいか・トマト…子供の頃これらを食べて暑い体がすーっと涼しくなった記憶はありませんか?


本来旬の食べ物を食べることは体にいいことです。暑いと体がだるくなり、元気がなくなります。そのため旬の食べ物をとることで暑さ対応し弱った体を元気にします。


しかし冷房で冷えた体に夏野菜を召食べるとどうなるのでしょうか?

暑い体をさますのではなく、冷えた体を更に冷やすことになります。


また、冷たい食べ物は胃腸に負担をかけます。胃腸が最も働きやすい温度は36度と言われています。冷たい食べ物で胃腸を冷やすと動きが悪くなり、消化不良や下痢を起こしてしまいます。夏に下しやすい方は夏に温かいものを食べると改善しやすいです。


夏の食べ物の食べ方

夏の食べ物の食べ方

食べ物で気を付けた方がいいのは夏が旬の食べ物と冷たい飲み物です。みずみずしい食べ物を生で食べると、とても美味しいです。夏野菜は体を冷やす性質があります。ただでさえ夏野菜は常温でも冷ます性質があります。冷蔵庫で冷やした夏野菜を食べると体を冷やす道一直線。

食べ物は火を通し、飲み物は常温だと冷やす力は弱まります。工夫をしてとりましょう。


子供の頃は夏に冷えを気にすることはなかったでしょう。子供は大人に比べて温かい気が多く、冷えのくいのです。だから汗をいっぱいかき、冷たいスイカを食べても体が必要以上に冷えることはありません。

夏は知らず知らずのうちに身体を冷やしすぎる生活習慣になりがちです。

食べ物の特性を知って冷やしすぎないよう意識をしましょう。



▼夏に注意したいことまとめ▼

汗をしっかり拭くのがポイント!夏の冷え対策
夏の水分摂りすぎポッチャリ腹を引き締めるポーズ!
真夏の冷え対策!賢い体の温め方って?
それ、もしかしたら『夏冷え』かも?! 秋バテ・冬の冷え症を悪化させる夏の冷えにご用心
血行促進!温めて夏の生理痛対策


  • そあら鍼灸院

    新宿にある不妊・不育治療の鍼灸院です。脈・おなかの状態を整え、血流を改善し、妊娠に近く体づくりを行っています。

    公式サイト:そあら鍼灸院

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ