夏の冷え対策

汗をしっかり拭くのがポイント!【夏の冷え対策】

  • 更新日:2020/06/29

毎日続く暑い日々。ただでさえだらけ気味な季節ではありますが、何も対策しないでいると体はますますだらけて疲れ切ってしまいます。

夏に心掛けたいことをお話します。


夏は冷えやすい

夏の冷え対策

夏は冷えと無縁だと思いますか?実はその逆。冷え性の人が気をつけないといけない季節は夏です。その一番の原因が冷房。


冬はたくさん重ね着できますが、夏はあまり重ね着ができません。しかも強い冷房で体はしっかり冷えてしまうのです。お腹や足首などを触ってみてください。夏で気温が高いにも関わらず触るとひんやりしている方が多いです。


夏に冷える原因 ~汗と冷房~

夏の冷え対策

夏は気温が高いために歩いている内に汗をかきます。汗をかくことで熱を発散し、体内に熱がこもらないようにします。

では汗をかき、体を冷ましているところに冷房がきいたところに入ると体はどうなるでしょうか?熱を発散している状態で冷たい空気を浴びると一気に冷えます。そうすると体は必要以上に冷えてしまいます。


人間の身体は季節に対応している

人間の体は季節に対応できるよう自然と調節をしています。夏は汗をしっかりかいて発散させる季節です。汗をかいて身体に夏がこもらないように調節をしているのが夏の身体です。

冷房の中にいることが多いと、汗をかく機会も減ります。


例えば冷房をつけながら寝て、朝起きると身体がだるいという経験はありませんか?夏は汗をかくことで、発散をして冷ましています。そこで冷房をかけているため汗が出ないと、発散することができずにこもってしまい、かえってだるさが出たりします。


現代は快適に過ごせる環境が整っています。しかし人によっては冷房のかけ過ぎは、快適どころか害になります。オフィスでは、なかなか自分の快適な温度で働けないことも多く、夏なのに寒い思いをしている人も多いと思います。

このように季節に合わない生活が続いてしまったために自律神経が乱れてしまうことはよくあることです。


夏は汗をしっかりかき、汗をかいたらしっかり拭く。

そして冷房に注意。これがポイントです。


▼夏に注意したいことまとめ▼

夏の水分摂りすぎポッチャリ腹を引き締めるポーズ!
真夏の冷え対策!賢い体の温め方って?
それ、もしかしたら『夏冷え』かも?! 秋バテ・冬の冷え症を悪化させる夏の冷えにご用心
血行促進!温めて夏の生理痛対策
  • そあら鍼灸院

    新宿にある不妊・不育治療の鍼灸院です。脈・おなかの状態を整え、血流を改善し、妊娠に近く体づくりを行っています。

    公式サイト:そあら鍼灸院

この記事がいいと思ったら
いいね!しよう

Related関連記事

Pick Up編集部ピックアップ

Rankingランキング

#tag