女性のカラダ

【梅雨時の不調①】だるい、眠い

梅雨時の不調

梅雨時期の不調は、「脾」が消耗するから

今年も体調不調に悩む季節がやってきました。

女性の体は気候(気温だけでなく湿度や気圧も)の変化に敏感で、体は重だるく、気分もダウン気味になります。今月は梅雨のだるさ、眠さを解消する方法をお教えします。


 湿気と暑さは、体にとって過酷な状況。なぜ梅雨時がだるく使えれやすいかというと、湿気が水を含んで体を冷やすため、体が重だるく、疲れやすく、眠く、むくみも出やすく、おなかの調子も悪くなりやすいのです。

 でもいいところもあります。最も美しい肌をもつのは秋田県の女性、という調査結果があるように、日照時間が短く、湿度が高い地域に住む女性の肌は、美しいのです。


 ただ、湿気は漢方的に言えば、五臓(肝、心、脾、肺、腎)の中で消化や代謝にかかわる「脾(ひ)」を消耗させます。じめじめによって胃腸が消耗すると、体は気づかないうちに冷え、水分代謝がとどこおります。ですから、だるくて眠いのですね。梅雨時にむくみやすいのもそのためです。

 ですから、湿気の多い梅雨時は、胃腸を酷使しないように気をつけて生活することが大事な不調対策。天気予報を見て、湿度が高い日は、より一層、胃腸をいたわる食事をするようにします。


湿気を取り除く食材

焼きとうもろこし

 ということで、その対策を――。水分代謝を促す食材で湿気対策をしましょう。

 除湿作用、利尿作用のある食材を上手にとり入れてください。薬膳の考え方でいうとおすすめは、ハトムギ、小豆、大豆、そら豆、冬瓜、とうもろこしなどです。


 ハトムギは、お米と一緒に炊いてもいいし、ハトムギ茶もいいですね。小豆は、ことこと炊いてお砂糖(できれば精製していないもの)を少なめにしておやつに。冬瓜を煮たものに小豆入りの餡をかけて食べても美味しいです。

 大豆は、煮てもいいですし、納豆、豆腐、豆乳でも摂れますね。そら豆、とうもろこしを入れた炊き込みご飯もこの季節ならでは。もちろんそのまま食べても美味しい食材です。


熱をさまして潤す食材

すいか

 もうひとつ、暑くて湿気が多い日には、熱をさまし、体を潤わせる食材も取り入れましょう。

 薬膳的には、熱をさまして潤わせる食材として、トマト、きゅうり、すいか、メロン、りんご、キウイ、豚肉などがあります。


 気をつけたいのは、冷たいものの摂り過ぎ。水分を摂ることは大事ですが、氷の入った飲み物はできるだけ控えましょう。そうでなくても、「脾」の胃腸が弱って、体が冷えやすい季節。飲み物、食べ物で体を冷やしすぎないようにして。

冷えたそうめん、冷ややっこなど、冷たい食事だけにならないようにも気をつけましょう。冷やし過ぎを防ぐために、しょうが、とうがらし、ねぎなどの温め食材を一緒に摂るといいですよ。


舌のコケを鏡で見て!

舌を出す女性

 最後に、「脾」が弱っているかどうかを見る簡単な方法をお伝えします。

朝起きたときに鏡で舌を見てみてください。舌に白いコケがべったりと生えているのが確認される場合は要注意。「脾」が弱って湿気の魔の手が伸びてきている証拠です。


 解決するためには、先ほどあげたような食材の工夫で、湿気を嫌う「脾」(消化器系、水分代謝の働き)の湿気を取り除いてあげることで、“重だる”な体がすっきり! に変身できるのもポイントです。

 食べものだけでなく、1枚羽織って外からの冷え対策も心がけてくださいね。


気の流れを良くして、自律神経のバランスを整えてくれる「肝(かん)」の働きを整えることも重要。ストレス対策も大切ですし、舌にコケがある日は、いつも以上に睡眠を十分とるように心がけると、体調もよくなります。

みんなで梅雨時の不調を乗り切りましょう。



▼著者:増田美加の人気コラム▼

女性ホルモンの波に合わせた荒れ肌ケア♡
女性ホルモンリズムを知って心のエネルギー切れを解消!
【妊活】がんになっても子供は産みたい!『卵巣凍結』という方法知ってる?
性交痛はどう治療する?
美容にいい○○のウソとホント【その1】 生理前に豆乳がいいってホント?
私たちの力になってくれる婦人科医の選び方

  • 増田 美加(女性医療ジャーナリスト)

    女性誌や女性専門サイトで、女性の医療&健康・美容現場を取材&執筆。2006年に乳がんを経験。検診の啓発、更年期への対策、予防医学の視点より、健康で美しくイキイキと生きるためのエイジングケア講演を行う。

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ