女性のカラダ

専門家に聞く!鍼ってどんなもの?

鍼ってどんなもの?

最近では美容鍼が有名になってきました。しかしそれでも鍼(はり)はお年寄りが肩・腰・膝が痛い時にするもの、そう思っている方が多いのではないでしょうか?


何となく不調な時こそ ~未病を治す

「病院へ行く程ではないけど何だか調子が良くない」「疲れやすい、眠りが浅い、手足が冷える、食欲がわかない」誰にでも心当たりのある症状、こんな時こそ鍼がおすすめです。

東洋医学的にこれを未病治(みびょうち)と言います。未病、つまりまだ病気を発症していない状態を治すということです。


回復モードにスイッチON ~副交感神経を優位に

鍼治療を受ける女性

鍼をすると身体を回復させようとする働きが活発になります。

眠くなる、身体がポカポカする、お腹が空く、緊張がゆるむ。西洋医学的に言うと副交感神経が優位な状態です。

ストレスや乱れた生活習慣が続くと、回復モードのスイッチが入りにくい身体になってしまうのですね。


鍼って痛い?

鍼って痛い?

痛みを最小限に抑える管鍼法という手技があります。ストローのような細い管に鍼を入れて身体に刺すものです。これは刺激に敏感な日本人合わせて、日本独自に発達した技術です。

また鍼の太さは髪の毛より細いものがありますので安心して下さいね。


刺さない鍼? 電気を通す鍼?

鍼は刺すもの?

いいえ、刺さない鍼もあるのです。


・先が丸く皮膚を撫で擦るもの。(円鍼・てい鍼)

・ブラシ状のもので皮膚に刺激を与えるもの。(集毛鍼)

・ヘラ状のもので皮膚を摩擦するもの。(いちょう鍼)


他にもこんな鍼があります。


・皮膚表面にテープなどで固定するごくごく小さな鍼。(皮内鍼・円皮鍼)

・電極を取り付け通電させる鍼。(パルス鍼)


どこで鍼を受けられるの?

はり師のいる施設ならどこでも鍼治療を受けられます。


例えば、

・鍼灸院

・接骨院、整骨院

などで鍼治療を受けることができます。


街中を歩いていると意外とこのような施設が多いことに気が付きます。

それだけ需要が多いのでしょうね。


肩・腰・膝の痛みだけではなく、病気になる前の体質改善が期待できる鍼治療。

「いつもこの時期に調子が悪い」

「季節の変わり目がつらい」

「何となく調子が良くない」

このように感じたら、ぜひ試されてみてはいかがでしょうか?



▼そあら鍼灸院の人気コラム▼

月経は面倒?月経からみえる体の黄色信号

生理前後のお通じトラブル。その原因は?

妊娠中にかかると怖い病気とは…妊娠前から対策を!

必見!!足のむくみを通常の10倍流す方法

今さら聞けない!基礎体温の素朴な疑問について

  • そあら鍼灸院

    新宿にある不妊・不育治療の鍼灸院です。脈・おなかの状態を整え、血流を改善し、妊娠に近く体づくりを行っています。

    公式サイト:そあら鍼灸院

女子力アップ

編集部ピックアップ

女子カレとは?

今週のお悩みQ&A

広告掲載について

Facebook

Twitter

ページTOPへ